ピクシブ百科事典

I:Pマスカレーナ

あいぴーますかれーな

「遊戯王OCG」に登場するモンスターの1体。2019年7月13日に発売されたパック「CHAOS IMPACT(カオス・インパクト)」に収録された。
目次[非表示]

カードテキスト

リンク効果モンスター
リンク2/闇属性/サイバース族/攻 800
【リンクマーカー:左下/右下】
リンクモンスター以外のモンスター2体
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手メインフェイズに発動できる。
このカードを含む自分フィールドのモンスターをリンク素材としてリンク召喚する。
(2):このカードをリンク素材としたリンクモンスターは相手の効果では破壊されない。

概要

遊戯王OCG」のモンスターの1体で、「CHAOS IMPACT」にスーパーレアで収録された。
リンク素材はリンクモンスター以外という縛り程度であり非常にゆるく、トークンなどを使えば素材は簡単に揃う。リンクマーカーも斜め下方向2箇所なので小回りが利きやすい。

(1)の効果はフォーミュラ・シンクロン等のリンク召喚バージョンであり、自分のモンスターが相手のカードの巻き添えを食らうのを防いだり、リンク召喚に成功した際に発動される効果を相手ターンに使用したりする等活用法が考えられる。
(2)の効果は自身を素材としたリンクモンスターに効果で破壊されない耐性をもたらす効果で、戦闘に強いモンスターや相手の動きを封じやすいモンスターをリンク召喚すれば更に恩恵を受けやすい。ただし、この手の効果の宿命として除外やバウンスには弱いことに注意。

その他

名前は「IPマスカレード」という、一つのIPアドレスをLAN(ローカルエリアネットワーク)の中の複数の機器で共有システムから由来していると思われる。他にも、舌を出していることから英語圏の顔文字の「:P(横から見ると分かりやすい)」からも来ていると思われる。

汎用的な効果に加えて巨乳へそ出しなイラストも人気があり、スーパーレアにしては中古価格が比較的高騰している。
また、上記の「相手ターンのメインフェイズにリンク召喚を行う」効果から、シンクロチューナーの「アクセルシンクロ」に倣って「アクセルリンク」なる通称が設けられているが、リンクモンスター2体以上を素材とするリンクモンスターはダブルバイト・ドラゴン(リンクモンスター×2体)が、このカードが登場する前に存在している。

また、公式イベント「決闘者の王国 -ディスティニー・ドローチャレンジ!!-」の告知でカード名やステータスを先駆けてイラストが公開されたが、そのイラストが使われた公式スリーブは後半のイベントのくじ(3000個限定、かつ前半のイベントで条件を満たすことが必須)で手に入るため、そちらに至っては希少価値は更に高いと思われる。

ちなみにローラーブレードを履いていることから、カード名が発表される前に一部のデュエリストからはU.A.の新メンバーかと思われたが無関係。
(一応、ローラーブレードを用いる全体競技はローラーホッケーが存在している)

関連イラスト

《I:Pマスカレーナ》
センシティブな作品



関連タグ

遊戯王OCG サイバース族
フォーミュラ・シンクロン アクセルシンクロ

仮面舞踏会 マスカレード
No.104仮面魔踏士シャイニング CNo.104仮面魔踏士アンブラル

関連記事

親記事

サイバース族 さいばーすぞく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「I:Pマスカレーナ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 76571

コメント