ピクシブ百科事典

ちゃんみおは不憫

というむかしばなし

ちゃんみおは不憫とは本田未央の1年にもわたる下積み期間であり過去のお話である。左の画像は在りし日の姿。
目次[非表示]

概要

アイドルマスターシンデレラガールズのキャラクター、本田未央不憫であった歴史。
このゲームの配信が始まってからCD化が発表され3人目のニュージェネレーションに上り詰めるまでの1年と3日の経緯である。

1年間の軌跡

1年放置され続けたニュージェネレーション

2コス同盟……特にニュージェネレーションの戦友である島村卯月やパッションの2コスト出身の高森藍子など他のアイドルの強化版が出る中、いつまでも未央がパッション系最弱キャラにとどまっていた最初の一年間を指す。

真っ先に渋谷凛がオリジナルキャラ初のSR昇格[ニュージェネレーション]になった事がまず挙げられる。
その上で凛のCD化が決まった中で2コス同盟においては島村卯月が不憫扱いされることが多かったのだが(→しまむらさんは不憫)、
サービス開始から半年が過ぎようとしてた頃にとうとう卯月のCDデビューが決まり、さらには彼女も凛に続く[ニュージェネレーション]を冠したガチャSRにもなってしまった。

それでもしまむさらんのガチャSRも渋谷凛と同じ[ニュージェネレーション]だったから、きっと彼女の分もあるに違いないという事は挙がっていた。
たとえ(当時の)公式サイトのトップページでハブられていたとしても。=公式が病気

ちなみに1年間、イベントR・イベントSRも未央は全く登場しておらず、未央のカードは2コストのコモンNしか存在していなかった。このため趣味編制でリーダーにするか、「道場」用に使うなどネタカードとして使うしかなかった。

追加カードがなかった時期のキャラの薄さ

追加カードがなかった初期の1年間は以下の理由で本来のキャラを出せなかった。

  1. +Nの頃の「元気」という属性は、キュートの出世株である島村卯月がニュージェネレーションSレア化した際に獲得した。
  2. パッションの中でも明るい常識人というポジションは、同期の高森藍子が地道に重ねていた。
  3. パッションというと諸星きらり上田鈴帆のようなネタキャラの印象が強い。
という点でパッションの代表格でありながら、その代表格として迷走してる感もぬぐえなかった。

しかし、これらは再登場がなかった事による掘り下げ不足も関わっていたことであり、N時代からプロデューサーにデートを誘う積極的な姿を見せていた。
こういった性格は後のボイス化によって各モバマスPによって振り返られる事となる。

第1回シンデレラガールズ総選挙

第一回総選挙において他の2コスアイドルが渋谷凛19位、高森藍子20位、島村卯月29位と健闘する中、無念の30位以内圏外。
速報順位では広報でサンプルに挙げられていたキャラ中で前川みくと並んでランク外に沈み、
最終的に前川みくも30位以内圏内に入ったことで本田未央以外は全員ランクインすることとなった。
特に同じ2コスパッションの高森藍子に大きく水をあけられたのが痛恨。
他にもパッションアイドルは全体的に健闘しており。十時愛梨1位、城ヶ崎莉嘉3位、市原仁奈4位、日野茜5位、城ヶ崎美嘉11位、諸星きらり12位、及川雫19位、向井拓海20位、大槻唯23位、姫川友紀25位、相葉夕美30位と三属性の中で30位圏内に入ったキャラが多い中、彼女の存在はない。

この総選挙は上位入賞者に「さらなる活躍の機会」を与えるということを呼称しており、ファンの間では半ば公然の約束されたタイトル、「ニュージェネレーション」を失うのではないかと噂されていた。
ちなみにこの時の総選挙で未央に票を入れると「最後の機会」であることを自覚している節があるのがまた哀愁を誘っていた。

ニューウェーブの台頭

その後、新人アイドルプロデュースのイベントで「ニューウェーブ」が登場。
パッション枠の土屋亜子は守銭奴キャラで個性も立っており、また大石泉村松さくらを交えたチームの度合いが強いことから、「ニュージェネレーション」でも置いてけぼり感が強い未央の存在を脅かした。
また2コストの黒川千秋が同時期に強レアとして再登場しており、戦力的な未央の疎外感が強まってしまった。

デレラジ

そしてトドメと言わんばかりに、公式ラジオの配信が決定。
そのメインパーソナリティは、大橋彩香(島村卯月)、福原綾香(渋谷凛)、そして佳村はるか(城ヶ崎美嘉) の3名。時期的にまだ声優が決まっていなかったので仕方が無いとはいえ、美嘉はパッション枠である事から実質のニュージェネレーション枠を奪われたのではないかと目されていた。

真の不遇



ただし後に未央の声優となった原紗友里はデレラジにおいて「飯屋」という愛称をつけられ、準レギュラーとして出演者・ゲスト・リスナーから親しまれる事となる。

シャイニーフェスタ

PSPゲーム「シャイニーフェスタ」シリーズのSTAR OF FESTAモードではシンデレラガールズのキャラもライバルとして登場するのだが、なぜか彼女だけはシャイニーフェスタに未登場。

更にシャイニーフェスタ×ローソンとのコラボのマグネットシートではなんとかギリギリで載っていたが、登場アイドルの紹介ページでは一番右下。まるでお情けで入れてもらったような扱いである。しかも卯月や凛が特訓後(ステージ衣装でニュージェネレーション]と同じ)なのに未央だけ特訓前の制服verであるのがアイドルとして輝けない彼女の姿を暗喩してるのかもしれないと噂されていた……。

幻のSR?興味深い考察

彼女もコンプガチャ廃止の犠牲者の可能性が微レ存か?

モバマス実録まんがで・6 ID編②
モバマス実録まんがで・5 ID編①



何度もSR化するのは人気の証

そして未央がSR化を果たせないまま迎えた再SR化ブーム

方向性模索中

単純接触理論
みおちゃんさん



未央の再評価

このように置いてけぼりにされる感覚の強かった未央だが、シンデレラガールズのコンテンツが大きく進展していく中で彼女の存在自体は決して空気化しなかった。

  • 秋葉原JRの広告ジャックの際には、他のCD化キャラ、人気キャラに交じって彼女の姿もあった。
  • ナンジャタウンのイベントで手に入るBIGぷっちょの中に入っている包みの絵柄のひとつに出ていた。

公式コミカライズ「ニュージェネレーションズ」

そしてガンガンJOKERにて2012年10月号より連載開始された公式コミカライズの一作
アイドルマスターシンデレラガールズニュージェネレーションズ』においてはニュージェネレーションとして卯月・凛と共に主人公の一人として活躍している。
本作では2巻と短期で終了した漫画だが、アイドル漫画としての出来も非常に良いため未央の方向性に良いものを与えていたと思われる。

劇場での追加エリア紹介役

また、これまで長い間シンデレラガールズ劇場にて出番がなかったのだが、第34話の福岡エリア追加回にてようやく初登場。
しかし不憫キャラからの脱却はかなわずとうとう公式で不憫認定され、さらに同時期に追加されたパッションの星輝子に話題を奪われ、挙句の果てには出場した劇場が翌日速攻で更新される始末。

だが第47話の名古屋エリア追加回でも再び登場。クールロリの橘ありすや合法ロリ(28歳)の片桐早苗に話題を奪われるのは前回と同じだが、今後は追加エリアでの新アイドル紹介話での登場がメインになっていくのかもしれない。卯月と凜も一緒だけどな!しかも前回同様翌日に速攻劇場更新となかなか報われない有様。
ちなみにこの際、「みんな可愛いね!」と大切な事なので2回言い、「プロデューサーは渡さないよ☆」とさりげなくN+の頃に見せたPへの積極性をアピールしている。

アメリカで「ニュージェネレーション」再結成

2012年11月に開催された新イベント「アイドルLiveツアーinUSA」では、ライバルユニットの一つに「ニュージェネレーションユニット」というものが登場し、すでにSR化した島村卯月渋谷凛とともに本田未央も登場することになった(キャラ絵は全てN+のもの)。これがSR化の確固たる期待にはならないものの、ニュージェネレーションパッション枠の座を他の誰かに奪われるということはひとまずなくなったと目された。

開業1周年での「輝きの向こう側」

シンデレラガールズ配信開始1周年記念として、2012年11月27日に島村卯月渋谷凛に声を装備する工事が施工された。そして彼女も声が装備され声付きアイドルになることが発表。だが4人目の追加SR声付きアイドルは前川みくだった。

だがこの時に声優が原紗友里である事が決まった上、CD第3弾のメンバーにも昇格した。
シンデレラガールズ1周年に相応しい発表であったと言える。

中の人ネタ

闇りずむちゃん



そして遂にSR化

2012年11月30日23:00 1周年クリスマスパーティガチャにて[ニュージェネレーション]として遂にSR化を果たした。
特訓後の衣装は標準の衣装の露出度を上げた衣装。
強スキル「天性の魅力」と特訓後の露出度を高めて遂に帰ってきた!
奇しくもその1時間後の12月1日は本田未央の誕生日である。このSR化は運営からの1時間早い誕生日プレゼントなのかもしれない...

不憫ネタの残響

直後にニュージェネレーション2人の新SRが続々と登場。「やっぱりちゃんみおは不憫なのか!?」とのうわさが立ち始める。

だがちょっと待ってほしい。それぞれの「[ニュージェネレーション]」SRで、他の2人はここまでの性能を持っていたか!? 答えは否である。[ニュージェネレーション]本田未央 はプラチナガチャ終了後4ヶ月が過ぎようというのにいまだにスタドリ数百本(現金換算で数万円)単位で取引され、PaPの財布を容赦なくむしり続けている。
これは復刻によって幾分安くはなった(復刻前約700本→復刻ガチャ開始約400本→現在約250本)が、この復刻というのが、『[新緑の淑女]高垣楓』プラチナガチャで、出現率が表題の真SR楓と同じ、という前代未聞の事態だったのである。
Co、CuのPはNG2人の新SRで持っていかれたが、未央は新SRを待つまでもなく持っていく……まるで先発の「踊り子」を「のぞみ」があっさり抜いていくがごとき勢いである……

第2回シンデレラガールズ選抜総選挙

CDデビューやSR昇格で長きにわたる灰かぶり生活が過去の物となった中で迎えた第二回総選挙。
しかし50位まで公表されるようになったにも関わらず、速報・最終結果共に50位圏内に未央の名前はなかった。
新アイドルが増えたとはいえ、以前より待遇が改善されていたことを考えると二連続圏外は厳しいと言わざるを得ない結果である。

公式側が用意した出世街道とプレイヤー側の人気は別物なのだろうか。

その後の未央

第3回シンデレラガールズ選抜総選挙

第1回、第2回と連続の圏外に涙を呑んだ選抜総選挙であったが、第3回選抜総選挙では
総合5位、属性別順位ではなんとPaの1位にランクイン。

名実ともにPaの看板アイドルとして大躍進を果たし、彼女の不憫ネタは完全に過去の事物となった。
シンデレラガールズのライブ時の速報を聞いたP諸君の中には未央が「輝きの向こう側」へ行ったことに感動した者も居たという。

しかし、ここで終わったわけではない。また未央は新たなスタート地点に立ったのだ。これからやってくる大きな壁も未央の持っている良さで乗り越えてほしい。

補足とニコニコ動画での現在


しぶりんは淫乱しまむらさんは畜生ちゃんみおは不憫
おいこの構図どっかで見た覚えないか?

そしてアニメ放映後、二次創作では卯月をはじめとする、な(暴走する)アイドルたちが台頭し振り回されるため、どこぞの同様、ツッコミ担当にまわされ、場合によっては被害者になる。

本田随想録・序


むしろボケれてツッコミもできるので二次創作では、万能(唯一の良心)キャラクターとして扱われる。


関連タグ

偉大なる不憫の先輩たち

亜美は不憫 真美は不憫

DSの愉快な仲間たち

涼は不憫 絵理はドS 愛ちゃんはかわいい

かつての不憫仲間

しまむらさんは不憫

pixivに投稿された作品 pixivで「ちゃんみおは不憫」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2983676

コメント