ピクシブ百科事典

村松さくら

むらまつさくら

ゲーム『アイドルマスターシンデレラガールズ』のニューウェーブアイドル。
目次[非表示]

プロフィール


「わたしの特技は、えーと…えへ、えっへへー♪え、笑顔いっぱい、三人でアイドル頑張りまぁす♪」

タイプキュート
年齢15歳
学年中学3年生
身長145cm
体重38kg
BMI18.07
B-W-H75-55-77
誕生日3月27日
星座牡羊座
血液型O型
利き手
出身地静岡県
趣味ピンクの物集め
初登場2012/08/14(イベント「新人アイドルプロデュース」)
「アイドルトーク」対象大石泉土屋亜子

カード一覧

枚数:9種17枚

レアリティカード名コストMMMAPMMMDP特技効果
R/R+ニューウェーブ115250/79503518/5327ピンキッシュライトCuPaの攻 小アップ
R/R+アメリカンスタイル103308/50094673/7077ピンキッシュライブ全タイプの守 小アップ/中アップ
R/R+ジューンブライド134935/74748295/12562花嫁スマイルCuPaの守 ランダムで中~大アップ/大~特大アップ
SR/SR+ピーチウェーブ1710553/1598110343/15663ウェーブスマイルCuPaの攻 ランダムで大~特大アップ/特大~極大アップ
R/R+ピーチブライト147088/128806930/9303イチバンスマイルCuPaのフロント+バクメン上位1人の攻守 大アップ
SR/SR+ももいろはぁと2012915/1955812758/19319あいじょー注入Cuの攻守 極大アップ/絶大アップ
R/R+振袖まつり137245/109725303/8031さくら色の新春CuCoの攻 中アップ/フロント+バクメン上位1人の攻 中アップ
SR/SR+ピンキーサマーガール1811025/1669611340/17172桃色ほっぺCuPaの攻守 ランダムで大~特大アップ/特大~極大アップ
R+ラブリーヒーロー14120759085きゅるるんビーム全タイプのフロント+バクメン上位1人の攻 ランダムで大~特大アップ
SR/SR+ピーチ・ロワイヤル1911498/1741111760/17808お姉ちゃんモードCuCoのフロント+バクメン上位2人の攻守 ランダムで大~特大アップ/特大~極大アップ
SR/SR+ピンキーチアー20/-/-プリティーチャットCuCoのフロント+バクメン上位2人の攻 ランダムで大~特大アップ/-


概要

さくら誕
村松さくら


2012年8月14日、『アイドルマスターシンデレラガールズ』のゲーム内イベント「新人アイドルプロデュース」で初登場を果たす。
同時に登場した大石泉土屋亜子とは親友。城ヶ崎姉妹を除いた他のキャラクターと違って初登場時から3人の繋がりが強調されており、イベントの際はユニット「ニューウェーブ」を組んでトリオで同時に登場することがほとんど。
一方で運営から人柱扱いされている節があり、初開催のイベントに出演させられてはゲームバランスの調整に振り回されるという損な役割を度々担わされている。

趣味に挙げるだけあってピンク好きで、私服や持ち物、衣装に至るまで多く所持している。
また、誕生日の3月27日は「日本さくらの会」によって『さくらの日』と制定されている。

ニューウェーブ

先述の2012年8月、初開催のイベント「新人アイドルプロデュース」で初登場。最初から[ニューウェーブ]の二つ名がついているのが特徴(初登場のキャラクターは名前のみの場合が多い)。また、特訓前に特技なし→特訓後に習得するパターンも珍しく、色々と特別扱いされていた。
攻略リストが泉→亜子→さくらの順に並んでいたため、ほとんどのプレイヤーが彼女を最後にプロデュースすることになり、その間に「さくらはかわいい」「さくらはいい子」という2人の評価を聞くことで期待を煽られていた。
ゲーム内で更新されている漫画『シンデレラガールズ劇場』第26話に登場した際も、不安なところを先輩の三村かな子にナデナデしてもらったり、泉の特訓プランに怯えるという微笑ましいものであった。

時間ないんじゃないんですかぁ?
泉ちゃんとアコちんの推しっぷりから会うのワクワクしてたら


……しかしこのイベントは初回ということでゲームバランスが十全ではなく、コミュニケーションの成功率が低かった上、失敗したときの台詞にプロデューサーを直接責める辛辣なものが多く、特徴的なふくれっ面と併せて衝撃を受ける者が続出。
良くも悪くも強烈なインパクトを与える波乱のデビューとなった。なお第2回以降の「アイプロ」ではアイドルの台詞や表情・成功率がマイルドに調整されることとなった。最初からそうしてやれよ。

アメリカンスタイル

USAで待ちぼうけ
祝!アメリカ進出さくらちゃん!


2012年11月14日、初開催のイベント「アイドルLIVEツアーinUSA」にて2度目の登場。「英会話の本で予習はばっちりでぇす♪」と豪語し、実際にホットドッグの購入に成功して「案外、アメリカもたいしたことないですねえ!」と調子に乗っている。
その会話内容は「ぢ…ぢすわん、ぷりーず!あ、わんじゃない、つー!つー!2個!」、泉から「結局日本語じゃない…」とつっこまれている。初登場時に比べると常に笑顔(表情の差分がないためだが)で台詞も丸くなり、やはりこちらの方が印象が良いというユーザーが多かった。
『シンデレラガールズ劇場』第50話では泉・亜子と、イベントで共演した水木聖來楊菲菲と共に登場。菲菲のドレスを着たいと発言し泉に突っ込まれ、あのふくれっ面を見せている。

ジューンブライド

『モゲます』 口は災いの元


2013年5月31日、「ジューンブライドガチャ」にレアとして登場。同じくレア枠は泉・亜子と橘ありす。Sレアの方は日野茜北条加蓮櫻井桃華
特訓前はピンクのドレスに満面の笑顔を見せている。特訓後はウェディング衣装、へそ出しである。お料理も家計も苦手だが、せんぎょー主婦が希望らしい。

ピーチウェーブ

村松さくら


2013年9月26日、初開催のイベント「アイドルLIVEロワイヤル」の前半であるブルーメダルチャンスの最上位Sレアとして登場。
特訓前はスーパーかデパートの果物売り場で桃を選んでいるところ。亜子には「余計なものは買っちゃダメ」と言われていたらしい(その後どうなったかは亜子のSレアで分かる)。
シンデレラガールズ劇場』158話は同イベントで登場した水本ゆかりなどと登場したのだが…。
特訓後は泉と同じようにステージの上でのライブ場面。左後ろには泉、右後ろには亜子の姿がある。
また、ライバルユニット「ニューウェーブス」のリーダー時にはこちら側が何を歌うか聞き、それと同じ歌を歌うという台詞が出る。敗北時には「この歌覚えなきゃぁ」という台詞からして「自分達の持ち歌にしてしまう」「獲って食う」的な競演意識を感じさせる。
(さくらのことなので、そこまで意識してないだろう、とはいえ)共演、協調性重視やストイックに己を磨く。あくまでもマイペースというアイドルが多いモバマスの中では、珍しく「ライバル達を食う」形を取るシビアなアイドルである。

ピーチブライト

【誕生日】村松さくら
ピーチブライト


2014年2月20日、「セクシーパンサードリームチャンスガチャ」のR枠で登場。これまでは期間限定カードばかりだったで、これが初の恒常Rとなる。また、今回は泉・亜子と一緒ではなく、ソロ活動に挑戦することになった。
プロデューサーを信頼しひよこみたいについて行く姿に、何度も喧嘩になっていたデビュー前を知るPは涙したとかしなかったとか。ぴよぴよっ♪
『劇場』249話ではいつものニューウェーブで登場し、キャラを立てるための個性付けについて試行錯誤している。

ももいろはぁと

さくらですぅ


2014年8月25日、「ももいろはぁと2STEPチャンスガチャ」でSRが登場。R枠は松永涼
特訓前・『劇場』366話では、クッキーを焼こうとしてダークマターを生成してしまった。作りながら自主レッスンをしていたらこうなってしまったらしい。食べられそうなものもあるから「がんばって食べましょー♪」とてへぺろ(・ω<)している。あざとい
特訓後は手でハートを作りながらLIVEに臨んでいる。どや顔ならぬ「どうや顔」。衣装はエプロンドレス。ステージはケーキをモチーフとしており、とても甘い。客に向けて「さくらを、あなたの妹か、お孫さんにしてくださぁい♪」というあまり聞かないラブコールを贈る。甘え上手か。

振袖まつり

2014年12月31日、「新春振袖まつりガチャ」でRが登場。同じR枠は泉・亜子と早坂美玲。SRの方は輿水幸子高垣楓市原仁奈だった。
特訓前は羽根突きで負け、頬に墨を入れられている。いつものような膨れ面だけにぐるぐるほっぺも書きやすそうだ。同時登場のRを見れば書いたのは泉だとわかる。『劇場』442話では美玲の眼帯にインスパイアされて墨の眼帯を描かれている。
特訓後は振袖に着替え、縁起のいいものということで桃色のだるまを抱えている。

ピンキーサマーガール

2015年6月30日「夏祭りDEドリームLIVEフェスティバル」メダルSRとして登場。
共演者は橘ありす杉坂海榊原里美綾瀬穂乃香
特訓前は夏祭りを楽しみなながらPから買ってもらったピンクの綿飴を食べてる描写が窺える。
Pから買ってもらった綿飴の恩返しに、何が食べたいですかと聞いてくるが結局さくらが食べたいとのこと。
特訓後は浴衣姿で「お祭り娘、さくらでーっす!」とLiveをエンジョイしながら
『朝まで踊れちゃうから一緒に楽しみませんか』と楽しんでいるようだ
誰でもいいからリゲインをさくらに渡してあげなさい!
本人も大石泉土屋亜子に頼らないと言ってることから成長している様子も窺える模様。
劇場第536話『夏の夜空に咲かせましょう』にも登場し、ドリームLIVEフェスティバルで共演したメンバーと共に花火の掛け声対決を行う。
さくらは「さくらチャンかっわい~!」と叫んだ姿を見て海も「ウミさん色っぽ~い!!」と上げてたようだが、ありすが戸惑っている姿に「『ありすちゃんかわいい!』って叫ぼぉ!」と呼びかけながら楽しんでた描写がある。

ラブリーヒーロー+

2016年1月9日「LIVEツアーカーニバル 鋼鉄公演 きらりんロボ 襲来!コスメティア帝国」のR+枠に登場。
共演者は諸星きらり井村雪菜藤居朋メアリー・コクラン篠原礼の5人。
劇場第640話『技の名前はかっこよく?』で共演者達と登場し、監督から「主役だから必殺技の名前を自分で考える」事と言う課題を与えられ、さくら本人は「そういうのイズミンなら得意なんだけどぉ」と朋と語ってる一面を窺える。

ピーチ・ロワイヤル

2016年9月21日「アイドルLIVEロワイヤル お月見SP」のメダルSR枠に登場。共演者は小松伊吹篠原礼。またカードとしては登場しないがさくらの特訓前と劇場に古賀小春も登場する。
劇場第775話ではその上記4人で登場。伊吹がすすきを持ってくる時に服へ引っ付けてきた引っ付き虫(いわゆるオナモミ)を投げ合って遊んでいる。

ピンキーチアー

第12回トークバトルショーのメダルSR。
特訓前はお菓子の差し入れをしようとしてケーブルに蹴躓いて破損させる。割れちゃったお菓子は責任を持って全部食べるというが……おい狙ってやったんじゃあるまいな。
サインはこのお菓子を隠すように書かれている。

参加ユニット

【さくらと桃華のさくらまつり】村松さくら / 櫻井桃華
「花見DEドリームLIVEフェスティバル」で登場。イベントのテーマにちなんで名前に「さくら」がつくもの同士。ついでにもう一つ木の名前が入っていたりもする。キュート同士ということもあってかとても仲が良い様子を見せる。
【さくらのぷに☆シェフ】橘ありす / 村松さくら
「第8回ドリームLIVEフェスティバル」で登場。ありすは[ストロベリーチャレンジ]、さくらは[ももいろはぁと]のカードで、2人ともシェフの格好をしている。「ぷに」はほっぺたの「ぷに」。マイペースなさくらにありすはずっと翻弄されている。
ニューウェーブ】村松さくら / 大石泉 / 土屋亜子
初登場以来、この3人でライバルユニットとして何度も登場している。言うまでもないが仲はいい。泉にしろ亜子にしろ思案をめぐらせるタイプなのに対し、さくらは天真爛漫なムードメーカーのポジションにいる。ユニット名の表記ゆれに【ニューウェーブス】も。「西部公演 ガンスリンガージャーニー」では【旅一座】、「怪盗公演 美しき追跡者」では【見学に来た近隣の令嬢】という名で役柄を演じていた。
【スケルツォ・プリマヴェーラ】村松さくら / 大原みちる / 今井加奈
Scherzo Primavera。並行ユニットにファタ・モルガーナとブエナ・スエルテ。
【ラブリーコックとパン職人】村松さくら / 大原みちる
「美食公演 女神に捧ぐ御馳走」で登場した役柄ユニット。コックの衣装を活かして料理の王国・マイーウの料理市民を演じる。この世界の料理市民は料理対決で勝利するとランクが上がるらしく、彼女たちはまだCランク料理市民らしい。
ワンダー・フル】村松さくら / 北川真尋 / 上田鈴帆
「アイドルLIVEロワイヤル お月見SP」以降で登場する衣装ユニット。詳細は当該項目参照。


アニメ

ぼた誕


2015年放送のテレビアニメにはモブとして登場。第2話、346プロのトレーニングルームで泉・亜子とともにトレーニングを受けている。デビュー前かデビュー済みかは不明。台詞はなし。

関連タグ

出典THEiDOLM@STER / アイドルマスターシンデレラガールズ
名前村松 / さくら
集合ニューウェーブ / デレマス15歳組 / デレマス静岡組 / 普通の系譜 / ワンダー・フル
その他ピンク


外部リンク

村松さくらとは (ムラマツサクラとは) - ニコニコ大百科

pixivに投稿された作品 pixivで「村松さくら」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1150515

コメント