ピクシブ百科事典

グリモワールマイナソー

ぐりもわーるまいなそー

『騎士竜戦隊リュウソウジャ―』に登場する、ドルイドン族が生み出したマイナソーの一体。
目次[非表示]

ワイズルー「アッハッハッハ! こいつがあれば私は無敵! チューしてあげよう」
クレオン「近っ…あっ、あざ〜っす…」


データ

属性/物質型モンスター
分類/スケッチブック目グリモワール科
身長/33cm~8.1m
体重/700g~1.7t
分布/至高のアトリエ
経験値/209

概要

クレオンが絵描きの青年・生太郎から生み出した、幻獣「グリモワール」の伝説を司り、その風貌を得たマイナソー

その見た目はただのスケッチブックで自力で動く事は一切無いが、そのキャンバスへ誰かから描いて貰った絵を実体化させると言うシンプルかつ応用性が高い能力を有する。
例えば、檻の絵を描けば閉じ込めたい相手の上に檻を落として閉じ込め、縮小させた状態で別の場所へ転送する事が出来る。
更に巨大化後、拡大したキャンバスへ人物を描けばそのモデルと同等の人格を持った巨大分身を生み出す芸当も披露した。
なおキャンバスに描かれた物は何でも忠実に再現され、それが描き足された物であっても有効である。

思念の元である生太郎は、「もっと絵が描きたい」という願望を思い詰めたマイナス感情を抱えており、そこをクレオンに利用された。
しかし能力が書き手に絵のセンスが無ければ使い物にならない代物な上に自力に動くこともないので、クレオンから失敗作扱いされるも、逆に絵に自信のあるワイズルーは能力を大いに気に入り絵筆とパレットを身に付けつつこのマイナソーを連れて行動、能力を有効に使いこなした。

活躍

冒頭で生太郎に接触したクレオンが生み出すも、あまりに想定外の外見だったので取り敢えずクレオンに連れられてアジトへ帰還。ワイズルーの前に連れて来られるも彼はその能力を見抜いて気に入り、自らの小脇へ抱えてリュウソウジャーを倒す策略の道具とした。

その後、宿主の弟である恭平の頼みで生太郎を探し回っていたトワバンバが潜伏場所を突き止めて現れるが、対するワイズルーはドルン兵を嗾けて2人を分断した上で不意を突いてグリモワールマイナソーの力で作った檻で相手を捕縛しようとする。スピード自慢のトワには逃れられたものの、バンバと囮としていた生太郎を捕縛。
その後も続けてコウメルトアスナを捕縛し、グリーンと合流したカナロも捕縛しトワを孤立させる。

それからしばらくして、監禁されて絵の描けない状況に苦しんだ生太郎からマイナス感情が絞り出され巨大化。その上でワイズルーは大きくなったキャンバスへ自身を描き込み、巨大化したもう一人の自分を生み出し2人で地球を制圧しようとする。
単身乗り込んできたトワに傷つけられるものの、巨大ワイズルーが体格差で軽くあしらい、降参したトワをついに捕縛。

しかしトワは、撹乱時に巨大ワイズルーが抱えていたグリモワールマイナソーへ取り付いた際、そのキャンバスへ『檻のカギ』を描き込んでいたため、カギが転送先で実体化しリュウソウジャーたちの檻からの脱出を許してしまう。
その後、キシリュウオーファイブナイツキシリュウネプチューンと戦う巨大ワイズルーだったがキシリュウオーファイブナイツの攻撃によりグリモワールマイナソーは真っ二つになり消滅した(残った巨大ワイズルーもキシリュウオーファイブナイツの『ファイブナイツドロップストライク』で撃破された)。

余談

経験値の由来は恐らくスケッチブックの「ブック」からだと思われる(ブ(2)ッ(0)ク(9))。

ゴーストシップマイナソーに続き幻獣では無いモチーフを採用した、と言うより正真正銘の物質がモチーフのマイナソー。怪人というよりはアイテムに近い存在がHPに掲載されるのは非常に珍しい(但し、ゲームによってはアイテムにも耐久値や、破損率等でHPに近い表現をしているので、特段に変と言う訳ではない)。
最も、人間の創造から生み出した幻獣の姿を描き出した書物が時を経て魔導書(グリモワール)等の文献になった歴史と事実を考えると、スケッチブックの姿を取って現れたのは意味深長でもある。

歴代の特撮怪人の中で、最も安上がりに仕上がったと思われる。

関連タグ

騎士竜戦隊リュウソウジャー ドルイドン族 マイナソー
魂の活動屋グロカン タイプシャドー:想像力を現実にする能力を持つ怪人(こちらは文字)。

機動戦士ガンダムUC:人間が幻獣を創造する行為が、作中での重要なキーワードとなっている。

関連記事

親記事

マイナソー まいなそー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「グリモワールマイナソー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 181

コメント