ピクシブ百科事典

ダンソニ

だんでとそにあ

『ポケットモンスター ソード・シールド』に登場する、ガラル地方のポケモンリーグチャンピオン・ダンデと、研究者・ソニアのカップリングタグである。
目次[非表示]

いつかの主人公

田舎町・ハロンタウンの牧場の息子に生まれたダンデ。片や、隣町のブラッシータウンに暮らすソニアは、ガラル地方のポケモンリーグの一要素となったダイマックスの研究を手がけているマグノリア博士の孫娘。
二人がどのようにして知り合ったのかは定かではないが、やがてポケモントレーナーとして良きライバルとなり、ダンデが10歳の年に一緒にジムチャレンジに参加したことが断片的に語られている(アラベスクスタジアムではその一片を窺い知ることができる)。方向音痴をソニアや彼女のワンパチに助けられながらも、ダンデはそのままチャンピオンの座へ上り詰め、「無敵」と謳われるガラルの英雄として大成。一方のソニアは地元へ戻り、祖母の元で研究者となる道を選ぶ。
それから月日は流れ、ダンデの弟・ホップと彼のライバルが、ハロンタウンからジムチャレンジへ旅立とうとしていた。

作中でのかかわり

ホップ(と主人公)にポケモンを贈るべく、久々の里帰りを果たしたダンデ。それぞれの相棒を得てトレーナーとして歩み始めた二人に、ダンデはポケモンへの知識を深めるよう促す。
特にポケモン図鑑を持っていない主人公は、ブラッシータウンのポケモン研究所へ向かうよう言われ、付き添ったダンデからアドバイス役としてソニアを紹介されることになる。
ソニアの第一声である「 ダンデくん 今日は なに 」という呼びかけに凝縮された二人の距離感も然ることながら、

「 彼女の つくる 料理は
   てばやく 食べられて いいんだよ 」

というダンデクオリティ全開の幼馴染み評を皮切りに、気の置けないやり取りをすぐ横でぶつけられたプレイヤーが「ダンデ × ソニア」という概念を獲得するのはごく自然なことであり、その後も二人の関係性は『ソード・シールド』全編にわたって、主人公とホップのライバル関係と重なり続けていく。
ソニアからの呼びかけは「ダンデくん」「あなた」、ダンデからは「ソニア」(ソニアに対する二人称は不明だが、ホップを「オマエ」、主人公を「キミ」と呼んでいる)。

二次創作の傾向

背景にちりばめられた無数の手がかりから、あるいは田舎町の少年とお嬢様育ちの女の子の巡り合いに思いを馳せたり、ライバルとして対等だったジムチャレンジ時代を想像したりするのはもちろん、本編開始直後からリーグチャンピオンと自称助手というある種の「身分差」を突きつけられたり、現在の関係性に至るまでの諸々の補完を試みたり、劇中でのそれぞれの立場の変化とそれに付随する心持ちの推移を追いかけたり、本編以降の関係性を妄想したり……。
弟との約束を果たした先でガラルの人々の期待と憧憬を背負い込んでしまったダンデの価値観や精神のあり様、絶大なカリスマ性を誇る幼馴染みに対して祖母の助手を自称している自分自身にモヤモヤしている様子のソニア等々、双方ともどこか“ 拗らせている ”感が強く、一筋縄ではいきそうにない人間模様がチャレンジャーたちの妄想を日々逞しくさせている。

ワイルドエリアよりも広大無辺な余白の中に放り出されている属性過積載幼馴染みであるがゆえに、二人の人物像は元より、家族・友人・関係者、隣町という近くも遠くもなかった生活圏、互いの人格形成に影響し合った言動や共通の経験、果てはポケモンリーグという興行文化が内包する種々の評価軸やガラルの社会構造等々に至るまで無数の解釈・切り口が存在する。
取り返しのつかないほろ苦い破局や、ひりつくような痛々しいすれ違いが描かれ得る一方で、色気のないスラップスティックも、一緒に懐かしむ思い出も、陽だまりのようなロマンスも、ゲロ甘な睦み合いまでも網羅可能な、とても味わい深いカップリングである。

関連タグ

ポケモン剣盾 ダンデ ソニア ポプラ
ポケモンカップリングタグの一覧 PKMNノマカプ
NL 幼馴染 ライバル

関連記事

親記事

PKMNノマカプ ぽけもんのまかぷ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ダンソニ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13262975

コメント