2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

フジクルとは、モナ・リザの戯言に登場するクルミフジNLカップリングタグである。

初期の頃にカップル・夫婦役で組むことが多かったが、フジはカスミと、クルミはヤナギとそれぞれのカップリングがメインになってからは主に上司部下役や親子役に限られるなどカップリングの数は激減。21年6月2日にクルミがカスミとフジの娘として出演したのを最後に長らくカップリングを組んでいなかったが、21年12月4日で上司部下として久々のカップリングを組むことになり、この回では雑貨屋の店長のクルミが産休に入りエンジが店長代理になってからは地獄のような日々を送り、困り果てたソラはクルミに相談したことで雑貨屋の親会社で管理部に所属しているフジが視察に入り店の経営実態を知り、同時に店で万引きを繰り返していたテツも補導され、フジの手でエンジはクビになり雑貨屋に平和が戻った。さらに、22年1月25日の回では、21年6月2日以来久々の親子役を務めた。しかし、同年1月1日の動画でヤナギとカスミがそれぞれのカップリングがメインになって初の夫婦役を演じたことで初期のメインカップリングの中で現在それぞれのカップリングがメインになって以降に夫婦役を経験していない唯一のカップリングとなったほか、片割れのフジがソラと2回目の夫婦役以来3年ぶりにカップル・夫婦役を組むことになったことも。
また、クルミがヤナギとDQN討伐に特化した組み合わせで組む以前にもDQNを討伐しており、この時の動画ではこちらの組み合わせがDQN討伐に特化した組み合わせだった。非メインになってからは2回もDQNを討伐しており、ある回ではフジがワサビと初の夫婦役の回であり、クルミはワサビの浮気相手であるテツの妻として登場。運動会以前にテツの浮気に気づいており、2人が花畑になっていたことろを見計らい証拠を集め、それをフジに提供し、2人で復讐することを決意する。その結果、両夫婦とも離婚が成立(中でもクルミはテツを殺害に近い形での制裁を下している。)。最後のオチで久々の夫婦になることをほのめかすシーンで締めくくられた。別の回では、ソラを含めた善人弁護士トリオが親子役として登場。フジの取材を強行するエンジとテツに悩まされ、挙げ句の果てにフジの姉のソラの学校風景を無断で使用する始末だったが、そのことに悩んだ母クルミの堪忍袋が切れたことでフジは猛犬や3頭身の老人に協力して2人の強硬取材を阻止、2人の悪事を暴露するため敢えて生放送に出演し2人の悪事を暴露。さらなる制裁として、母クルミがその生放送をSNSに投稿し、フジのフォロワーたちを味方につけ、2人の身元が特定され、円状の火消しを行った後に解雇され、フジは安心してモナチューブの活動を再開することができた。さらに、フジ自身は未登場だったものの、単発キャラとして登場したキキョウが再登場した回でクルミは彼女の祖母として登場。彼女が描いた漫画の登場人物の中に若き日のクルミをモデルにした人物がフジらしき人物に恋をするシーンが描かれていた。

カップリングの顔ぶれ

モナリザの戯言のクルミさん極道ver
フジ×限りなく灰色描いてみた



余談

  • クルミとフジはの名前の他にポケットモンスターに登場する一般人2名(ラジオDJ慰霊碑を管理する老人)と同名でもあり、クルミの新たなメインのカップリングであるヤナギとフジの新たなメインのカップリング相手であるカスミはポケモンに登場するジムリーダーと同名であり、新たなカップリングは偶然にもポケモンに登場する同名のキャラの初出がそれぞれ同時期であった。
  • どちらもフジソラ同様モナ・リザ善人弁護士トリオを構成するカップリングとして弁護士役が多く、常識人や善人時のDQN担当の浮気や恐喝等の被害にあった登場人物を手助けすることも多々ある(ちなみに、クルミと現在のメインカップリングとして組んでいるヤナギも3回弁護士役を経験している。)。 フジはコナンネタを経験したことがあるが、クルミは未経験である。さらに、両者ともデスノートネタを経験したことがある。
  • 両者ともソラと親子役で組むことが多い。この動画では投稿当時はこのカップルが主流だったためか両親として登場していた。また子供側になるときはフジは現在も息子役が多くクルミも20年ではソラの娘役が多く男女問わず初めてソラの子供として登場していた21年には二回しか娘役になっておらず21年以降は娘役になることが激減している。
    • ソラの祖父母役でも登場することもあるがフジは現時点で三回(1,2,3)クルミは一度だけ故人設定になっていた。


関連タグ

モナ・リザの戯言
クルミ(モナ・リザの戯言) フジ(モナ・リザの戯言)
NL カップリング 紫と茶色 弁護士
ヤナスミ:初期のメインカップリングの1つで、フジスミ・ヤナクル双方がメインになって以降も親子役(主に父子のパターンが多い)でカップリングを組むことが多く、2022年では非メインとして2度も夫婦役を経験している。
フジソラ22年にソラの弁護士役が増え始めたことで当カップリングと同じく弁護士役が多い組み合わせになった。ただ、夫婦役がフジクルと比べて少なく、主に親子役(母子役のケースが多い)での成立が多いことから、フジクル以上に成立数が多い。しかし、フジクルと比べると以前はカップル役はなかったが、22年10月で初のカップル役が成立している。
モナ・リザ女弁護士コンビ:カップリングの片割れであるクルミがメンバーである女性コンビで、文字通り女性弁護士役が多い組み合わせ。さらに、フジが加わると「モナ・リザ善人弁護士トリオ」に変わる。
ヤナソラ:ヤナクルとフジソラのもう1つの組み合わせで、弁護士役が多いフジクルとは異なり、コナンネタを経験したカップリング。
ワサビ:余談の通り伝説の92ネタで弁護士役になった際に彼女を諭したシーンがある。

メインカップリング(クルミ)
フジクルヤナクル

メインカップリング(フジ)
フジクルフジスミ

カップリングタグ一覧

クルミ

→相手コウジフジヤナギ
カップリングタグコウクルフジクルヤナクル
→相手ゲンエンジテツ
カップリングタグゲンクルエンクルテツクル

フジ
→相手ソラクルミカスミカラシ
カップリングタグフジソラフジクルフジスミフジカラ
→相手クロハヒサメワサビ
カップリングタグフジクロフジヒサフジワサ

関連記事

親記事

モナ・リザの戯言のグループ・カップリングタグ一覧 もなりざのたわごとのぐるーぷかっぷりんぐたぐいちらん

兄弟記事

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました