ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「…私はバーン様の真の、お姿を覆い尽くす黒い霧(ミスト)…!!」
「即ちミストバーンだ!!!」

概要

大魔王バーンが戯れに結成した魔王軍六団長の1人・魔影参謀ミストバーンの正体。
魔界で飽くことなく繰り返されて来た中で留まった“死してもなお戦おうとする壮絶な思念”から誕生した暗黒闘気の集合体が命を持ち誕生したモンスターで、本人曰はくゴーストとガス生命体の中間的存在。また、あやしいかげシャドーといったDQモンスター達の王ともいえる存在でもある。
実体を失っても戦い続けようとする習性から、いつしか他者に憑依する術を覚えたという。

自身の分身としてシャドーを生み出す事ができるほか(これが後のミストバーンの正体の伏線となっている)、暗黒闘気の塊である精神エネルギー生命体である為に実体がない為に本能的に別の生物に憑依して傀儡に仕立て上げて操る力を持つ。憑依した者の魂を一時的に消して意識を奪うことが可能だが、魂自体を潰してしまうこともできる。

また、その特性ゆえに光の闘気の攻撃以外は受け付けず(ただし憑依する相手が自身の力を十二分に発揮できる場合は、それすらも撥ね返す程の暗黒闘気を発生させることが可能)、迂闊に近付こうものならたちまちその肉体を奪われてしまう危険性がある。憑依した状態でも光の闘気なら倒せるが、その場合は憑依者の死も意味する。

恐るべき特性の持ち主だが、強者の肉体を奪うだけで強くなれるがゆえに、他者を利用することでしか強くなれない自分に対して強い嫌悪感とコンプレックスを抱いている。ゆえに、自己鍛錬を重ねるほどに強くなれる生身の肉体を持った真の戦士たちに対して憧れと羨望、そして強い敬意の念を持ち、苦労せずに卑怯な手段で成り上がろうとする者へは嫌悪の感情を隠さない。
これは自分の肉体で正々堂々戦うことが出来ない(そもそも実体らしい実体も持っていないので体の鍛錬、なんてことはできない)というもどかしさが起因となっているようで、実際、憑依能力で他人の肉体を乗っ取って戦うということは敵にしてみれば「身内の体を乗っ取り盾にして戦っている」という卑怯極まりない戦法であり、ミストは自分が最も嫌いな戦い方しか出来ないのである。

ミストバーン誕生の経緯

「この忌まわしい身体のおかげでバーン様に出会えた!」
「バーン様は言われた!『おまえは、余に仕える天命をもって、生まれてきた』と!!」

そんな忌々しい己の特性を評価し、全盛期の肉体を守護するという自分にしかできない任務と生きる理由を与えてくれたバーンに対しては絶対の忠誠を誓っている。肉体を管理し始めたばかりの頃は「ミスト」と本名をそのまま名乗っていたが、冥竜王ヴェルザーによってキルバーンがバーンの元へ来て以降「ミストバーン」と名乗るようになる。バーンにとっては非常に長い付き合いであり、側近としては最古参であった。バーンによる魔王軍結成後はバーンの為に尽くそうとアバンの使徒と戦いを繰り広げることとなる。

「バーン様には、私の能力が!」
「私には、バーン様のような偉大な主が必要だったのだ!」
「私は、まだまだバーン様のために働かねばならん………!!」

魔影参謀、最後の戦い

バーンの肉体に入り込み素顔を晒した途端、ヒムラーハルトでも歯が立たないほどの力を発揮。だがビーストくんに「凍れる時間の秘法(アストロンの状態で襲い掛かってきているような状態)」であることを見抜かれ、一対一の戦いとなる。身体能力的には及ばなかったもののビーストくんの息切れにより捕らえることに成功。人質にして、メドローアを放とうとしていたポップをけん制する。しかしポップはメドローアを放つと共にルーラを用いてビーストくんを救出する。体勢を崩したミストバーンに抗する術はないと思われたが、フェニックスウィングを用いてメドローアを跳ね返しポップとビーストくんを消滅させた(と思われたが、実はアバンによって助けられていた)。

ポップを失ったことで戦意喪失したアバンの使徒たちにトドメを刺そうとするが、フェニックスウィングを披露したミストバーンこそがバーン本体ではないかとヒュンケルから指摘される。ヒュンケルの言葉に耳を貸さずに今度こそトドメをさそうとしたその時キルバーン(に化けたアバン)が現れ、彼からもミストバーンの正体について問われる。だが「ミストバーン」と呼ばれたことで偽物と気づきアバンの化けの皮を剥がす。そしてアバンとヒュンケルによってすべての謎を解かれ、直後にダイに追い詰められていたバーンから肉体の返却を要求され、ミストはそれに従い己の不利よりも命令を忠実に守り肉体を返却。全盛期の肉体を取り戻したバーンは真・大魔王バーンとして降臨。そして憑代を失ったミストもまたアバンたちの前に正体を現す。

「…………そう…これが……私の本当の姿だっ!」

手始めに不用意に近づいたマァムの身体を乗っ取り、アバン・ヒム・ラーハルトを一蹴。マァムの身体能力を120%発揮させ、同士討ちを誘うために暴れ回る。クロコダインには「そんな人質作戦はお前に似つかわしくない」と窘められたが一笑に付した。アバンによって虚空閃が放たれる寸前にマァムから抜け出し、スキを突きヒュンケルに憑依した。その際に発された暗黒闘気は、「ミストバーン」に匹敵するほどであった。
そしてミストはヒュンケルの意識の中へと入り込み、彼の心の声と対話しながらその魂を打ち砕き、完全なる同化を果たそうとする。

ミスト「あの日…アバンの下を離れた、おまえを拾いあげた時、私は思った…」
ミスト「一からすべてを育てあげ最強の暗黒力をふるえる身体を作り出す事が、できたらこれ以上のスペアはない!! 万一、バーン様に肉体を返す時が来ても、私にとってはこの上ない〝武器〟となるはず…!!」
ヒュンケル「武器…! …おまえにとって…オレは…武器…か……」
ミスト「そうだ!! おまえは私の武器だ! 道具だ!! 始末しようと思った事も何度かあったが…生かしておいて良かった! 最後の最後で役に立ったぞっ!! フハハハハハっ!!!」
ミスト「光栄に思うのだな! バーン様の身体の後釜になれる自分をっ……!!!」

しかしミストがヒュンケルの魂に触れた瞬間、凄まじい光の闘気が発される。

ミスト「ヒュ、ヒュンケル…!! おまえ…光の闘気を魂の中に集中させていたのかっ…!!!」
ヒュンケル「もとより…………全身が、ロクに動かぬオレにはこれしか、できる事がなかった……」
ミスト「し…しかし! これだけのパワー…一瞬で蓄えられようわけがない…! 最初から…私がおまえに乗りうつる事を知ってでもいない限りはっ…!!! なぜっ…なぜ、それに気付いたっ…!!?」
ヒュンケル「……なぜか…そんな気がした…………おまえは必ず、オレを選ぶ…と…!」
ミスト「オオオォオッ!!! ヒュンケル~~~~~~ッ!!!!」

こうして影(ミスト)は光の奔流に飲み込まれ完全に消え去った。

確かにミストはヒュンケルに暗黒闘気を教えたことで、自分のスペアにする計画は一見成したように見えた。しかし、ヒュンケルがアバンにも師事していたことの価値を軽んじた結果、対になる光の闘気の脅威と、ヒュンケルがアバンの使徒であることの決意を甘く見ることへ繋がり、「自分自身を殺すための武器」にもなっていたことに不覚にも気づかなかったのである。

加えてミストバーンはヒュンケルに自身の暗黒闘気を取り込ませたことがあり、それを光の闘気で打ち破られている。これはヒュンケルを我が物にするための策だったのだろうが、この行為がヒュンケルに「憑依されることを見越して光の闘気で対抗する」という手段を思いつかせてしまった可能性は想像に難くない。

クロコダイン「…終わったのか……闇の師弟の長き宿命の日々が……」
ヒム「本望だろうよ。長年かかって鍛えあげた理想の身体の中で死ねりゃあな…」

なお、バーンからはミストの死に対して何も労いの言葉はなかったが、ヒムの言う通り、自身が鍛え上げた身体で死ねるのは本望なのかもしれない。

名言


「……侮辱は許さんぞ…! 私は…その手の侮辱が一番嫌いだ…‼」
ヒムから寄生虫呼ばわりされた時に出た言葉。

「……そうだ 他人の身体を奪えば簡単に強くなれる私にはできない事…」
「自らを鍛え強くなる事…!」
「それができる者は皆尊敬に値した‼」
「……うらやましかった……」
クロコダインに強い心身を持つ者に敬意を表してきた理由を悟られた際の言葉。

「フム…なかなか良い体だ」
マァムに取り憑いた時に放った言葉。マァム自身が鍛え上げた身体能力を最大限に活用していた。

「この忌しい身体のおかげでバーン様に出会えた! 」
「バーン様は言われた!『おまえは余に仕える天命をもって生まれてきた』と‼」
「バーン様には私の能力が!私にはバーン様のような偉大な主が必要だったのだ! 」
「私はまだまだバーン様のために働かねばならん……‼」
己の特性を哀れみ同情のまなざしを向けたクロコダインに放った言葉。

関連タグ

ミストバーン ミストマァム シャドー(DQ) キルバーン 大魔王バーン ヒュンケル 凍れる時間の秘法 ダイの大冒険

フェイト(クロノクロス)クロノクロスの悪役。「人への羨望から主人公の肉体を奪う」「最後は主人公によって引導を渡される」などミストと似た部分がある。

関連記事

親記事

ミストバーン みすとばーん

兄弟記事

コメント