ピクシブ百科事典

ワニ怪人

わにかいじん

小説『仮面ライダーEVE』に登場するショッカーの残党怪人の1人。ゴルゴム怪人ではないぞ。
目次[非表示]

「ヘッヘッ、人間は美味いぜ」

概要

小説仮面ライダーEVE』に登場する13体のショッカー残党怪人の1人であるワニ改造人間
とあるに潜伏し、傍を通る人間を無差別に襲い、文字どおり喰らっていた。

鋭いを使った攻撃を得意としているほか、強靭な筋力から繰り出される尾っぽ攻撃が主な戦力。
また、硬い皮膚に覆われたそのは、並大抵の攻撃を防いでしまう事ができる強固さを誇っている。

なお、と同じく人間を生きたまま丸呑みにしてしまう習性を持っているため、捕食された人間はしばらくの間は生きており、この事を利用して人質にすることも可能(ただしよっぽどが良くなければ、胃酸消化されてしまうため、たとえ救出できても絶望的だと思われる)。

目覚めた当初、洗脳が解けたのか、30年ぶりに愛する家族の元へと帰郷し、家族と再会するものの、容姿が30年前と全く変わらずにいた為、怪物と呼ばれて拒絶されてしまい、その時のショックや怒りと悲しみから家族全員を捕食し、完全に人としてのを捨て去った哀しい過去を持っている(ちなみに、その時に人間の味を覚えた模様)。

かつての幼馴染の秋元佳代の一人娘である遥を探しに来た門脇純ことガイボーグと遭遇し、自身の考えの違いと遥救出の為に激しい戦闘を繰り広げ、最後はガイボーグに~胴体までを真っ二つに引き裂かれて絶命した。

余談

元ネタはおそらくTVシリーズ『初代仮面ライダー』に登場する予定だった「人食いワニ男」が原型だと思われる。

で、ゴルゴムではどうなのかというと

「○○怪人」で名前が統一されているのは、一般的なライダーファンからしてみればゴルゴムの印象が強いだろう。
特撮番組『仮面ライダーBLACK』にはワニ怪人は登場しないが、石ノ森章太郎先生が週刊少年サンデーに連載していた仮面ライダー版デビルマンこと「仮面ライダーBlack」には、ワニに酷似した改造人間が登場する。
冒頭、記憶を失い放浪していた南光太郎アメリカ地下水道で襲撃し、殺害しようとするも、基地爆発に巻き込まれて自分だけ死んでしまうという何とも言えない死に様であった。
なお、モデルとなったのは都市伝説の「白いワニ」。


関連項目

ショッカー怪人 哀しき悪役 仮面ライダーEVE ワニ

ワニ仲間

ワニ獣人 奇械人ワニーダ ジョーズワニ クロコダイルオルフェノク
アリゲーターイマジン 仮面ライダーガオウ

コメント