2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「地球の破壊のために窮屈な思いをして縮んでいたんだが……ボクの本当の姿をお見せしよう‼」

データ

変身怪獣 アルゴン


登場作品『ウルトラマン80
第25話「美しきチャレンジャー」
人間態:平野克己

別名身長体重出身地
変身怪獣2~55m9kg~3万t宇宙

概要

変身怪獣 アルゴン (等身大)


人間態

謎の宇宙人が地球侵略のために送り込んだ、高い知性を誇る宇宙怪獣。
2機の円盤で地球に飛来しUGMを襲撃するが、その内の1機が「フォーメーション・ヤマト」により撃墜されてしまう。しかしこれは撃墜を装った罠であり、搭乗していたアルゴンはリュウという名の地球人男性に擬態し、手柄を立てたい気持ちではやるUGMの女子訓練生ジュン(演:斉藤浩子)の気持ちを巧みに利用して、まんまと基地内部に潜入することに成功する。
そして偽の情報を流してUGMの戦力を分散させた後、本来の姿へと戻り、侵略の妨げとなるUGMの戦力が希薄になった隙を突いて一気に叩き潰そうと目論む。
なお、正体が発覚しない様に事前に綿密な調査をして、エイリアン反応が検出しない様に肉体の組織に改造を施してあるため、正体が知られる事はなかった。
主な戦力は口から発射される破壊光線「エノルメメンテバーナー」。
作戦は順調に進んでいたが、80=矢的猛が基地に留まっていた不運により彼と交戦するはめとなり、仲間の円盤は80のイエローZレイで撃墜され、自身は80のハンドアップ光線を受け絶命した。

かなり入念に計画された作戦で攻めてきたが、一番の脅威である80を出払わせることを考えていなかったことは決定的なミスだったといえよう。なお80はさほど苦戦せずカラータイマーも青のまま倒しており、UGMの主力部隊が残っていれば彼らだけで倒せたかもしれない。見た目は凶暴な雰囲気だが、彼はパワー派ではなく知性派の怪獣だったのかもしれない。と言うより、彼はそもそも怪獣ではなく、改造手術などによって怪獣の姿に変身できる能力を身に付けた宇宙人だったのかもしれない。

なお、普段はガッツ溢れる動きで怪獣に苦戦することも多い80の戦い方は、今回に限ってやけに要領良くアルゴンにダメージを与えている描写が目立ち、明確に80を怒らせる凶悪な振る舞いを見せつけたギマイラやガモス、ザキラ以上に容赦のない攻撃を加えている。中でも背負い投げでダウンした腹に大ジャンプからのストンピングを喰らわせるシーンは踏みつけた瞬間に爆破音と火花が飛び散る演出もあってメチャクチャ痛そうである。
ここまで80の攻撃が苛烈な理由として、ウルトラ怪獣大百科でアルゴンの身体が「硬い鉱物質のようなもので覆われている」と説明されている他、子供向けの怪獣本でも鎧や金属を纏った怪獣としてカテゴライズされることから、並みの打撃では有効打とならないと考察する声もあるが、実際は80のパンチやキックで普通にダメージを受けており、防御力は他の怪獣とそう変わらないものと思われる。
ファンの多くからは、「UGM基地の間近に迫られているので、被害を最小限に留めるために速攻戦を決めるしかなかった」という説が有力視されている。(その割に背負い投げやジャイアントスイングで施設や乗り物を壊しているが...)

出身星は明らかにされていない。
名前が似ているが、2話後に登場するアルゴ星人とは関係ない。
因みに、同じ円谷プロ系列の作品であるファイヤーマンにはアルゴン星人が登場しており、こちらも人間態から怪獣に変身する宇宙人であることからもしかしたら同族なのかもしれない…。

余談

人間態時のスーツは『緊急指令10-4・10-10』の電波特捜隊の隊員服の流用。
着ぐるみはラブラスの改造。

関連項目

ウルトラマン80 ウルトラ怪獣

関連記事

親記事

80怪獣 えいてぃかいじゅう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「変身怪獣アルゴン」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「変身怪獣アルゴン」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1051

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました