ピクシブ百科事典

鷲羽(列車)

わしう

鷲羽とは国鉄が運行していた準急、急行列車のことである。
目次[非表示]

概要

1958年大阪駅から宇野駅を結ぶ準急列車が設定された。これが後の鷲羽である。翌1959年に当列車は「わしう」と命名された。さらに翌年1960年に名称が「鷲羽」となり、同時に宇野線の電化が完了したため153系による運行となり、運転区間も京都駅まで延長された。

1966年には種別が準急から急行へと格上げされた。1972年には山陽新幹線岡山駅まで開業し、それに伴い「鷲羽」は京都駅~岡山駅間が新幹線とダブるため夜行1往復と臨時列車を残し、昼行は定期、臨時列車共に廃止された。また、新大阪駅始発に短縮された。そして1980年10月には夜行も廃止され21年の歴史にピリオドを打った。

エピソード

1972年に昼行廃止の際、余剰となった153系は当時113系により運行されていた新快速へ転用された。当時新快速に使用されていた113系は非冷房車が多くを占め、ライバルである阪急電鉄2800系京阪電気鉄道3000系阪神電気鉄道3011形といった優等車両は冷房化率が高く、サービス強化の一環として冷房付の153系が転用された。また、新生新快速アピールのため従来の湘南色から灰色水色阪和線色へと変更された。

サントリーカーブ



なお、この塗色変更は昼行「鷲羽」末期から行われ、短期間だが阪和線色の鷲羽を見ることができた。末期は夜行1本のみが残存したが、肝心のダイヤはというと、1974年時点では

新大阪駅23:22発
大阪駅 ↓5:30着
 ↓ ↑
宇野駅2:53着1:40発

と下りは5時台に始発が出る宇高連絡船まで2時間以上も宇野駅ホームで待ちぼうけを強いられたという。

関連項目

国鉄 日本国有鉄道 急行 列車愛称

pixivに投稿された作品 pixivで「鷲羽(列車)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13

コメント