ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要


『ぷちこれ』『けものフレンズぷち』で有名な幽霊導師氏が2021年に新たに連載を始めた二次創作マンガ。
フルでの名前は『プリンセスコネクトぷち!』である。

ただし夕 くれま氏のプチコネ!とはまったく設定も内容も大幅に違うので注意しよう。


内容


世界観

ぷちます!」風にデフォルメされたプリコネキャラと本家プリコネキャラによるアストルムを舞台にしたほのぼのギャグ漫画。


ぷちキャラ(括弧内のは元になったキャラ)


最初に登場したぷちキャラ。
オリジナルとほぼ変わらない天真爛漫な子だが拒否されかけると泣きそうになる。
キャルの事が大好き。
名前が決まるまでキャルとコッコロからチビリーヌと呼ばれていたがペコリーヌ本人から可愛くないと言う事で上記の名前になった。
食欲もオリジナルとほぼ大差ないのでニャルちゃんに抱き着いた時は涎を垂らしていた。


  • ココちゃん(コッコロ):ころっ、ころろ~
起きたコッコロのベッドに何時の間にかいたぷちキャラ。
オリジナルのコッコロと同じ様に主命の様でお仕え出来る事に喜んでいる。
ただ、身長が低いので持ち上げて貰わないと調理が出来ない。
妖精さんの力を借りて戦うのが主流で技も回復ではなく攻撃技であった。


ココちゃん登場から(原作の時間で)2日後にキャルのベッドにいたぷちキャラ。
他の2人と違って動物の鳴き声になっている。
オリジナルのキャルが付けようとした『キャルザベス』に対して『ニャー嫌ーバースト(猫パンチ)』と言う正月バージョンの技名に近いのを炸裂させた。
さらに通常の必殺技が『ニャビスバースト』と言うまさかの某妖怪時計猫妖怪必殺技であった。


  • かりりん(カリン):普通に喋れる
カリンのぷちで、他のぷちと違って普通に喋れる。
少し腹黒い事がある。


何時の間にかアメスの横にいたぷちキャラ。
登場する度になぜか光ったり、分身したりなどをしてユウキを驚かせている。


  • よりちー(ヨリ):ヨッ
拾われていたヨリのぷち。
ヨリと同じ様に恥ずかしがり屋で恥ずかしさが極限まで高まると必殺技を放ってしまう。


  • あかりんちゃん(アカリ):あかっ、あか~
よりちーと共に拾われていたアカリのぷち。
アカリと同じ様に明るい感じでセクシーポーズもするがぷちます体系なので……


よりちーとあかりんちゃんと共に拾われていたシノブのぷち。
物静かで可愛いと執拗に言ったらお仕置きする。


  • ぷりんちゃん※1(ミヤコ):プリン、ぷぁ~、ぷりり~
何時の間にかいたミヤコのぷち。
ほぼミヤコと同じで鳴き声がプリンユニオンバーストでまさかの本ポケを召喚してしまう


シオリのぷち。
時たまニャットちゃんの上に跨っている。

  • マヒマヒ(マヒル):マヒ~、マッヒ~
マヒルのぷち。
元気溌剌で牛さんと仲良し
初登場時はユウキを吹っ飛ばした。
起きた時にいたらしく、マヒルと同じ様に芸人を目指している。
イリヤのツッコミに彼女を相方にしようと狙っている。


リンたん(リン):すや~
リンのぷち。
オリジナルと同じ様にマイペースでいつも寝ている。
あんパンに目がない様であんパンがあるとすぐさま目覚めて食べる程。


ネネ(ネネカ):ネ、ネネッ
ネネカのぷち。
オリジナルと違って甘えん坊で登場時はネネカに化けてユウキに抱き着く。
ネネカが手を焼く程の自由で彼女と同じ様に分身を出せる。


みそぎん(ミソギ):みゃ、にしし
ミソギのぷち。
オリジナルと同じ様に悪戯好き
どことなく鳴き声が猫っぽい
落とし穴を瞬時に作る爆弾を出す事が出来る。


ミミリン(ミミ):ミミっ
ミミのぷち。
オリジナルと同じ様に元気溌剌で優しい子。
ウサギさんを出したり、ニンジンを出したりすることが出来る。


キョウちゃん(キョウカ):きょ
キョウカのぷち。
少し恥ずかしがり屋な一面がある。
水を少し出せる。


くるみん(クルミ):くぁ~
クルミのぷち。
人見知りだがおままごとが大好き


アヤちゃん(アヤネ):あややっ♪、あ~や~
アヤネのぷち。
力持ちでぷうきちを簡単に振り回せる。

サーちゃん(サレン):サー
サレンのぷち。
サレンと同じ様にお母さんでクルミ達からちびママ・サレンと呼ばれている。

チュンちゃん(スズメ):チュン
アヤネのぷち。
なぜか鳴き方が鳥の方のスズメの鳴き声。
ドジっ子ぷりも同じで料理をすると爆発を起こしてしまう。

エリちゃん(エリコ):エリ―、クスクス
エリコのぷち。
錬金術をしていたら誕生すると言うどこぞの艦娘がやった様な感じで誕生した。
オリジナルと同じ様にユウキにゾッコンで色んな所に現れる。

シズちゃん(シズル):シズッ
シズルのぷち。
ユウキの姉になろうとしてシズルと度々ぶつかっているがリノの制裁の際は一緒にやる。

リノっち(リノ):リノ~
リノのぷち。
リノと同じ様に甘えん坊で隙あらば甘えようとする。
エリちゃん印の惚れ薬弁当からユウキを護る為に食べた結果、エリちゃんに惚れてしまう。

ラビラビ(ラビリスタ):ラビラビ
ラビリスタのぷち。
元気溌剌で止まってられない子で軽々と縁から飛び出してしまう


※1:劇中ではなく40話のキャプションで明かされる。


登場人物


  • ペコリーヌ
ご存知プリコネRの代名詞であるお姫様。
最初にぷりキャラを見つけて来る。


  • キャル
美食殿のツッコミ役で苦労人。
勢いに押されると弱い子
自分のぷちが来た事を一番喜んでいる。(どこかの2人より早くて良かったね
ただ、名前のセンスは下手な模様。


  • コッコロ
主様のお世話役。
自分のぷちがベッドから出て来た時はミッフィー顔で驚いたがその後は2倍お世話できると言う事で喜んでいる。


  • ユウキ
原作の主人公。
この作品では子供状態。

  • カリン
ギルド管理協会の一員の女性。
せっせと仕事をしている。
が、黒い所があって厄介な依頼を回したりする


  • アメス
夢の中でユウキ達を見守る女神。
本人にもぷちの事が分からず、何時の間にか自分の隣に自分のぷちがいた事に驚いている。
色々と自分でも知らない事が起きた際は驚くのがオチになっている。

苦労してる悪魔偽王国軍のギルドマスター
何時の間にかいたぷちに驚いている。
そして戻れると思った薬を飲んだらぷち化してしまった。
その後はユウキに連れられて戻るまで美食殿に世話になる。
立ち位置がぷちこれのてーとくちゃんと同じになりそうである。

  • ヨリ
悪魔偽王国軍(ディアボロス)の一員。
自分のぷちを可愛がっている。


  • アカリ
悪魔偽王国軍(ディアボロス)の一員。
ヨリと同じ様に自分のぷちを可愛がっている。


  • シノブ
悪魔偽王国軍(ディアボロス)の一員。
自分のぷちを可愛がっている。


  • ミヤコ
悪魔偽王国軍(ディアボロス)の一員。
何時の間にかいた自分のぷちに驚いた後に小さいが同じ姿なのが気に入らないで喧嘩したり、プリン争奪戦を繰り広げた。


  • シオリ
エリザベスパーク】の一員。
見回りをしていた所でユウキとイリヤを助ける。


  • マヒル
エリザベスパークのリーダー。
良くボケるタイミングを見逃す。


リン
エリザベスパークのサボり魔。
リンたんが来た事で協力ゲームが出来ると満足気

リマ
エリザベスパークのリーダー。
イリヤと同じ様にぷち化してしまう。
顔つきなどが人になった際のに近くなっている。
ちなみに力持ちは健在

ネネカ
『七冠(セブンクラウンズ)』の1人。
自分のぷちに手を焼いており、言う事を聞かない事が悩み。
リマのモフモフを堪能したりとご満悦。
ぷちに化けた際は頭の重さで倒れかけた所をユウキに助けられ、ぷち化は危険と判断して封印することにした。


関連タグ



ぷちこれ:同作者が描いてる艦これ漫画

ぷちふれ:同作者がこの作品の前に描いたけものフレンズ漫画

プチコネ!夕 くれま氏の方のプリコネRの漫画

関連記事

親記事

ぷちこれ ぷちこれ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ぷちこね」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5974058

コメント