2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

本名:平田弘(1937年2月9日~2021年12月11日)
日本の漫画家
半世紀以上の長きにわたり時代劇を中心に、骨太な劇画を書き続けてきた。
アシスタントで漫画家のとみ新蔵は実弟である。

1937年、板橋区東京都)で誕生。両親は天理教徒。
1945年、東京への空襲が激しくなってきたため、家族は天理市奈良県)に戻る。
1952年、父を亡くし、大阪の設備会社へ就職して家族を養う。
1958年、宮地正弘の勧めで大阪の日の丸文庫原稿を持ち込む。短編漫画誌「魔像」(日の丸文庫)掲載の「愛憎必殺剣」で貸本デビュー。
1965年、佐藤まさあきを頼って上京。「月刊漫画ガロ」(青林堂)掲載の「」で一般誌進出(ペンネーム:加治一生)。
1966年、結婚し国分寺市(東京都)へ転居。以後、「コミックmagagine」(芳文社)や「少年キング」(少年画報社)などで活躍。
1969年、杉並区(東京都)で一軒家を購入。
1982年、「薩摩義士伝」が未完のまま連載終了。電気工事の仕事をする。
1983年、天理教団の新聞「天理時報」に「教祖絵伝」を連載するが、教祖中山みきについて調べるにつけ現在の天理教の教理との乖離を感じるようになり、翌年、連載を中止し教団からも離脱。
1986年、シンセサイザーを購入し、作曲に熱中(しかし一曲も完成していない)。
1987年、伊東市静岡県)に家を新築し移住。
1990年、「週刊ヤングマガジン」(講談社)で自らの日常生活を綴った「お父さん物語」を連載。
1995年、作画にコンピューターを導入する。
1998年、貸本期の作品をデジタルアーカイブすべく「平田弘史貸本期作品復刻委員会」が設立される。これを機に再評価された。
2001年、ホームページを開設。
2013年、第42回日本漫画家協会賞文部科学大臣賞を受賞。

晩年はパーキンソン病を患って手足が不自由になったため、漫画家を引退していた。
2021年12月11日、心不全により死去。

余談


関連タグ

漫画家 劇画 書道

関連記事

親記事

漫画家 まんがか

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 47923

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました