ピクシブ百科事典

松原穂乃花

まつばらほのか

松原穂乃花(まつばらほのか)とは、偉大なる原悠衣先生による『きんいろモザイク』のスーパーキュートなヒロインである。
目次[非表示]

神に感謝だね!




カレンちゃん
ああカレンちゃん
カレンちゃん穂乃花

_____________________



Q、『花金』ってなんの略?
金髪同盟の答え: 「花のように美しい金髪少女






松原穂乃花とは、『きんいろモザイク』の金髪少女に魅了されたヒロインの一人である。アニメでの声優は諏訪彩花
また『きんいろモザイク』こそ松原穂乃花の成長譚でもある。

人物紹介


1月13日生まれ。山羊座。
名字の由来は京都府京都市松原通からとされる。
身長は159.○cm 159cmのより少しだけ身長が高い。(参照:『ハロー!!大解剖2』p.02身長対比表)
プロポーションが良い方で、綾が胸部を見て恐縮する場面がたびたびある。単行本第9巻の扉絵ではグラビアアイドル顔負けの姿を・・・やっぱりこの話題はやめてマシュマロの話しよう!?
やさしいたれ目で茶色の瞳をしている。
髪色は栗色ロングヘアの右側を編み込みにしている。当初は色素が薄く牛乳成分多めのカフェオレのようであったがだんだんと濃いカラメル色に変わっていった。(参考:『ひみつのきんいろモザイク』p.084、『原悠衣画集Parade』p.026、『まんがタイムきららMAX』2017年7月号表紙)
なお、アニメーションではどちらかというとあずき色の髪色をしている。
右側頭部の編み込みにリボンをつけている。その色は当初黒であったが、アニメでは黄色のリボンがトレードマークとなっていて、後に原作でも黄色いリボンを身に着けるようになった。単行本5巻に収録されているカレンメールアドレスを手に入れる回までは黒いリボンをしていたがそれ以降黄色リボンに変わった。この変化は新しく教室外でのカレンとの繋がりができたから、などリボンの色一つにも想像の余地が広がってる。中学生の頃はピンクのリボンをしていたことが劇場版の中でみられる。なお単行本第7巻65頁の穂乃花のお部屋にいるシーンでは以前のような黒いリボンを身につけている。その日の気分や想いによってリボンを付け変えている可能性がある。
ちなみに中学校の制服は紺色基調のセーラー服でベルトが印象的。胸元には赤いスカーフ
ヘアスタイルだけでなく私服からもおしゃれさんなのがうかがえる。カレンの家でのパーティーに招かれた際はドレスを新調していた。またカレンと服を買いに行った時に細長いリボンとやわらかなフリルのついたワンピースが目に留まった。単行本第9巻にある一挿話では忍とともに民族衣装に関する話題で盛り上がっていて、「せかいの民族衣装」というタイトルの本を抱えてた。なおここでは原悠衣先生の描く色とりどりの民族衣装が目白押しであり必見。穂乃花はディアンドルを着用しています。
紫色のスマートフォンを使用。
テニス部所属。使用するラケットの色はピンク。
玉乗りを特技とし、"玉ネタ"は作中で散見される。いわゆる(?)玉キャラ。しかし乗らないと感覚が鈍るとのこと。なおテニスは「タマ」を使った競技の中ではあまり得意でないご様子。
また曲芸である玉乗りから派生したイメージか、文化祭ではテニス部の出し物として玉乗りに加えてジャグリングを披露すると言っており、劇場版の劇中劇「君の髪はGOLD」にてジャグリングを披露しているカットが見られる。
クラスは1年A組。2年A組。3年B組。香奈とならんで3年間カレンと同じクラスである。1年生ではカレンの隣の席。2年生ではA組に所属し席はと綾の席のすぐ近く。ただしアニメでは廊下側最前(オセロの角席)に位置している。後ろに香奈がいる。(参照:『ハロー!!大解剖1』p.04)
各キャラクターのことを"名前"+ちゃんで呼ぶ。陽子や綾に「しの」と呼ばれている忍のことも、忍ちゃんと呼んでいる。
修学旅行ではカレンと香奈と一緒の班。リュックサックを背負って行動していた。
実家がレストラン(Restaurant Matsubara)を経営している。そこで出されるハンバーグが穂乃花の好物のようだ。それから超無謀パフェなるメニューも存在する。価格は8000円(30分以内に食べたら無料)。高え。
高いところが苦手。
英語が得意科目。学力は普段は秀才のアリスや綾、香奈に次ぐレベル。定期考査の結果で本気を出したカレンにも追い抜かれたが、穂乃花としては本望であり、いずれにしても日頃から勉強していて平均を上回る学力を保持している。
気軽に行えばうまくいくであろう場面で考えすぎてしまう性格で、決定力がないところがまた魅力。
やわらかくフランクな口調。綾とはまた違った女の子らしさのある喋り方。
ちなみに穂乃花の母は左の目元に泣きぼくろがある。
折々で神様に祈ることが多く、それは大抵カレンに関するお願いごとであり、カレンとのハッピーな出来事を感謝するときにも手を合わせて祈る。ありがたき幸せ・・・



ヒロインたちとの関係性


※まだ松原穂乃花について全く知らない人はきんいろモザイク単行本を本屋さんへ買いに走ろう!

カレンにあこがれる乙女としての印象が強いと同時に、香奈の大親友という一面も重要な関係であり、3年生に進級してふたたびこのカレン・穂乃花・香奈が忍たちと別れて同じクラスに集いこの三人組を中心にした活動がクローズアップされつつある。部活を引退した3年生の夏休みは七人で遊びに行くということもしており、物語に一層欠かせない存在となって、それぞれのキャラクターとの交友を深めている。

カレンへの愛情

九条カレンは穂乃花と高校生活3年間のクラスメイトであり、言うまでもなく穂乃花の愛する金髪少女である。
アニメ1期で描かれているカレンが穂乃花の方を振り向くも逃げ出してしまったというシーンから、シャイだったり人見知りといった雰囲気だったが、原作で3年生に進級した際にカレンは彼女の印象が大きく変わったとコメントしてる。
クリスマスプレゼントにカレンにサイン入りブロマイドを求めるなど名実ともに「カレンちゃんフェチ」である。一方でカレン自身が進んで穂乃花にカレンの目をプリントしたアイマスクフィギュア型のチョコレートなどのカレングッズを与えているふしがあり、あこがれを抱かれることは満更でもなさそうである。
物語のなかで二人の関係性を示す構図はいくつかの種類に分かれており、やはり最も顕著なものとして穂乃花のカレンに対する強い憧憬が目につく。これは穂乃花自身の金髪少女へのあこがれに加え、お金持ちの子であるカレンに備わる高貴さ、そして穂乃花自身がレストランの娘でウェイトレスとしてお店の手伝いをしてきたことに由来するある種の奉仕願望のようなものに昇華されるケースが非常に多く「身分ちがいの関係」「女主人とメイド」と言った空想にしばしば思いを馳せている。
一方でカレンは穂乃花のことをベストフレンズのひとりであると明確に表しており、対等な関係を望んでいるシーンがいくつか見られる。カレンの服を穂乃花が選ぶことになった際(6巻103頁から)、穂乃花が着たいと思う(彼女にとって等身大の)衣服をカレンも気に入っておそろいで買ったエピソードは、穂乃花の抱くカレンに対するお姫さま幻想のずれが取り払われ、本来あるべきふたりの仲良しとしての穂乃花とカレンが新たに映ってくる。
しかし作品を通して見受けられるあこがれのカレンに近づくことに苦労をするけなげな穂乃花も魅力的であり、メールアドレスを聞くにも、修学旅行で写真を撮るにも、カレンと一緒に遊びに出かけるにもなかなか切り出すことができずに遠回りをしてしまう。これは「幸せすぎて死にそう」とでも形容すべきで、自分自身のカレンへの願いが成就されることはとてつもない幸せであるあまり心が衝撃に耐えられなかったりなかなか気持ちの準備ができないというような要因もあるようだ。
それとは反対にカレンのためならば異常な能力を発揮する一面もあり、資料室に閉じ込められていたカレンの声を聴きつけて救出したり、七夕もろともカレンを担いだり、輝くカレンをカメラに収めるために超スピードで砂浜を走る姿など、ほんとうに「カレンちゃんの為なら世界も救ってみせる」勢いである。



香奈との関係

クラスメイトかつテニス部仲間である日暮香奈とも親交が深い。同じ中学校の出身で、その頃からふたりで行動しているあたり、特に親しい友人であるのが窺える。
おっとりしている穂乃花に対してしっかり者の香奈というようなバランスのいいコンビであり、香奈がツッコミ役に回るのがふつうだが、時にフォローしきれなくなり香奈が他人のふりをするというシーンもある。
しかしながらカレンに向かっていく穂乃花を時にからかいながらもサポートする姿や、反対に香奈のオタク趣味に穂乃花が付き合うなど、絆の深さはピカイチである。それゆえに穂乃花による香奈へのオタクいじりは比較的容赦なく行われる。
高校卒業後の進路は現時点で穂乃花も香奈も同じ地元の大学と明かしており、高校を出てからも一緒のスクールライフを過ごす予定である。
穂乃花にとってカレンがハレとまでは言わなくとも人生を彩るスペシャルな存在であるとすれば香奈はもっとも肩ひじ張らない日常を寄り添う友人なのだ。

忍と金髪同盟

きんいろモザイク金髪好きと言えば大宮忍だが、穂乃花もまた彼女に劣らぬ金髪への愛着を抱いている。そんな波長の合う二人で"金 髪 同 盟"を創設した。(※決めポーズ有り) しかしその金髪愛の強さを競ったりして一時は同盟崩壊の危機が訪れた。(結果事無きを得た。)
忍と穂乃花は金髪という共通の嗜好をも一方でスタイルが違う。忍は金髪愛を体現したいという願望からか、自分が金髪のウィッグを被ったり、忍にとって金髪映えのする衣服を製作するが、穂乃花は自分自身が金髪を纏うという願望は希薄であり、尊いものとして崇める。また金髪に関連して英語運用能力もお互い差がある。穂乃花が忍の家に英語を教えに行くという一幕があるが、かつての綾と比べると穂乃花はやや常人離れした教育方法を実践しているようだ。
カレンと仲良くするためのアドバイスをしてくれたのは忍。同志として救いの手を差し伸べ合う金髪同盟は連合国にも負けない。
山吹色のお菓子を渡す仲だったりする。


綾との関係性

2年生で同じクラスになった小路綾だが、本格的にかかわりを持つようになるのは夏休み以降である。綾と穂乃花は乙女道において通ずるものがあるようで、綾の演技を評価したり(5巻62頁)、ポエムを読んで感涙している(8巻37頁)。一方綾は何かにつけて穂乃花を恋する少女に見立て、恋のおまじないを教えたり(7巻24頁)勝手に人生設計を妄想する(6巻88頁)などしている。扉絵でもこのふたりが一緒に描かれているケースが増えているため、注目せざるを得ない二人組だ。
穂乃花は綾と陽子の関係性を把握したうえで行動しているシーンがいくつかあり、たとえば3年生に進級する前にふたたび陽子と一緒のクラスになれるかが懸かるクラス替えのことを忘れている綾に配慮してなにも言わないなど気遣う箇所がある。

アリスとの関係性

上記のとおりの金髪好きからアリス・カータレットにもあこがれを寄せる。「二人は王室の方か何か…?」などカレンへのと同等のまなざしを向けることもあるが、基本的にマイルドな関係性を保っている。
同じクラスについぞなることはなかったが、3年生に進級する際にはアリスとクラス替えの不安を分かち合ったり、みんなと一緒にアリスの誕生日をお祝いしている。


陽子とのつながり

アリスと同じく3年間別々のクラスである上に、ある意味穂乃花とは対極の存在である猪熊陽子だが、決して関係性は薄くはない。陽子のツッコミは穂乃花も射程圏内であり幾度となく打ち込まれている。また綾の代わりに彼女に勉強を教える役目を果たす場面もある(6巻46頁)。
この二人のかかわりが他のキャラクターと比較してクローズアップされて描かれていないのは事実であるが、これは穂乃花が陽子にいつも付き従う綾に対して配慮しているという可能性もままあり得る。

アニメ『きんいろモザイク』における穂乃花

松原穂乃花というキャラクターが脚光を浴びたのはアニメによる功績も大きい。テレビアニメ1期は原作の展開上限定的ではあったが印象的な活躍を残していたためここに記しておく。

※ネタバレにご注意



第3話「どんなトモダチできるかな」
転校してきたカレンがクラスに溶け込むのに悩むという回。隣の席の穂乃花と目が合うも逃げられてしまったことを契機にカレンが「仲良くなりたい」と気持ちを露呈させる。みんなに相談した後ホームルームの壇上でクラスメイトになかよくしたいと大演説を打つ。そこで最初に拍手をしたのがほかでもなく穂乃花であり、そのあとのシーンでお別れの挨拶をする。単行本1巻87頁からのお話がベース。そこにおいて穂乃花は出てこないが、非常に重要な役割を演じることとなった。

第4話「あめときどきあや」
冒頭カレンが「オハヨウゴジャイマス」をはやらせようとしており穂乃花と香奈(当時は香奈だと判明していない)が「おはようごじゃいます」と声をかける。
Bパートでカレンが「教科書見せて下サイ」と穂乃花に頼んで机をくっつける。ここは原作通りのシーンで、2巻54頁の穂乃花が初登場のシーン

第7話「はらぺこカレン」
Aパートで居眠りしていたカレンが起き上がり先生の質問に挙手をして穂乃花が驚く。
Bパートでテスト中カレンが鉛筆を転がして解答するのに「この音は・・・!」と動揺する。(原作第2巻90頁)
次回予告にカレンと共に出演。お菓子をあげる。

第8話「きょうはなんの日」
文化祭準備の資材を抱え香奈と廊下を歩く穂乃花が映る。
文化祭当日カレンと合流し、劇で白雪姫役として悪霊に囚われる姿が見られる。

第12話「きんいろのとき」
まずこの話が収録されているBlu-ray、DVDの盤面のパッケージにカレンと穂乃花が描かれている。
みんなが進級して忍たちが教室で話をしている。そこで始まった忍の創作劇のなかで穂乃花は指名手配中のカレン船長率いる海賊の一団として活躍サーベルを持って世界中を旅し、金銀財宝を手にしたり(王冠を冠するカットがある)、鹿におびえたりする。王子陽子の戦艦と砲撃戦を繰り広げやんちゃの限りを尽くす。おしまいにそんな物語を忍が語るのを教室の入り口から眺め「わぁ~・・・!」と感嘆する。

アニメ『ハロー!!きんいろモザイク』における穂乃花

TVアニメの2期「ハロー!!きんいろモザイク」が、2015年4月から6月まで放映された。公式HP
ここで彼女が活躍を期待されていることを証明するかのように2015年4月にはカレンとともにキャラクターソングCDが発売された。「こはくいろパンプキン」はとってもキュートに仕上がったポップチューン。→こちらで試聴できます。

また、川田瑠夏氏によるTVアニメーション「ハロー!!きんいろモザイク」 サウンドブック 「また、会えたね。」のなかには「穂乃花」というタイトルの劇半も収録されている。→こちらで試聴できます。

各話毎の出番・行動


※注意※ネタバレ





1話:新学期早々、さっそくカレンにいつも通り餌…もといお菓子をあげる。

2話:屋外で日暮香奈と話している所を久世橋先生に睨みつけられた(ように見えた)ため、反射的に謝罪。なおこの時「ちゃんと、パンパンしないとだめだよ」と話していた。一体何の会話をしていたのだろうか…。他にはカレンからクッキーのおすそ分けを貰っていた。

3話:何かが違う姉妹ごっこをしているカレンと忍を見て「いいなあ…金髪の妹…」と羨ましそうに見ていた(香奈には「そっちなの?」と突っ込まれた)。

4話:花壇に元気パワーを注入するカレンを見て「ここ、ロンドン魔法学校かな?」と発言。それを聞いた香奈は「はいっ!?」と突っ込むしかなかった。このへんからだんだん天然ボケとも言える発言が目立つようになる。

5話:カレンと学校の中庭で一休み中にわらしべっていたアリスと初めて直接言葉を交わす(この時春にも関わらずおしるこを飲んでいた)。そしてアリスとカレンが話す姿を見て「二人は王室の方か何か?」と発言したりカレンがアリスとの物々交換に出す品物に「じゃ、金髪はっ!?」と提案したりまたしても天然ボケをかましていた。
ちなみにこのシーン、原作では穂乃花は出ておらず、アリスとの初対面は夏休みのテニス部でだった。

6話:前半Aパートにて初のメインを担当。実家のレストランの手伝いをしている際、客として入ってきた忍たちに偶然鉢合わせ。陽子とも対面することになりこれでメインキャラ全員との対面を果たした。そして何よりもかわいいウェイトレス姿を披露してくれた。この時点で、カレンの写真を撮った綾が後でメールで送るというのを聞いて、自分もカレンのメールアドレスを教えてほしいと思う。
後半Bパートでは、カレンのメアドを入手するために綾や忍のアドバイスを聞いて奮闘する姿が見られたが、カレンへお菓子を渡す際にあからさまな挙動不審で警戒モードに入られたり、そのお菓子にメッセージを入れ忘れたり、走り出したら数秒で転倒するなどの見事なドジっ子ぶりも見られた。最終的にメアドはゲットできたものの、その夜にカレンがなかなかメールとやめてくれなかったので翌日には寝不足になっていた。
この回のエピソードはどちらも、原作では2学期に入ってからのもの(しかもAパートとBパートの時系列を原作と逆にして、メアドを教えてほしくなる動機を作っている)。この時点でメールアドレスを交換しているのが、11話の展開へ繋がっている。

7話:序盤にて先に下校するカレンに一声かけたのみで以降は出番なし。

8話:清掃中にカレンの金髪が床に付いているのを見て手に取って愛でている所を綾に目撃されてしまった。

9話:序盤にアリスとカレンのテニス試合を見ている。後半では部活中にアリスとカレンに気を取られてボールを頭に被弾、この時に原作と同様に自己紹介をするため、それが走馬灯めいて不安になった視聴者もいるかもしれない。部活の後、二人に誘われて忍の家に遊びに行くことに(原作とは違いアリスとも初対面ではないため、アリスとカレンに見とれるシーンは5話に移されている)。また運動神経がいい陽子を部活に入らないかと薦めていた(綾の反応を見て無理には薦めなかったが)。玉乗りが得意ということも判明したが、アリスには「すごいけどテニス関係ないよっ!?」とツッコまれた。忍の家に行った時はうさ耳メイド服という(違う漫画に出てきそうな)これまた素晴らしいコスプレを披露してくれた。

10話:残念ながら、忍たちが海に行ってる間はテニスの試合が入っていたので出番は無し。登場しなかったのはこの回のみ。

11話:前半にてカレンからお土産を貰うために学校で待機していたが、カレンがメリーさんの如く勿体ぶっていたので、「焦らしプレイ?」とどこでそんな言葉覚えたとツッコみたくなるようなボケをかます。部活中に「きん!ぱつ!」と掛け声をすると調子が良くなるらしい。なお公園で遊んだときは、本編で初めて玉乗りを披露していた。カレンがイギリスに帰省すると聞いたときは落ち込んでいたものの、お土産の代わりに毎日メールを送ることを約束した。

12話:忍の英語の答案を拾って点数を見て動揺するも、「モザイクかかってて見えなかったから!」と慌てて飛び出していった。EDでは香奈と共に例の掛け声を発しながら部活に励んでいた。

きんいろモザイクPretty Daysにおける穂乃花

劇場版であるPretty Daysでも穂乃花は活躍。印象的なシーンをピックアップ。

序盤文化祭の準備でにぎわう廊下を歩いていき、忍たちのいる2-Aに戻るとみんなの輪に加わり、楽しそうにしている。
中学校時代の回想で入試当日香奈と共に昇降口で「この中にいつかお友だちになったりする子がいるのかなぁ」と談笑をする。
入試結果を見に来て無事合格したことを香奈と喜び合う。
文化祭に戻って「君の髪はGOLD」上演中に舞台袖に控え忍のサポートなどを執り行う。その後カレンがとんでもないハプニングを起こすも、穂乃花は舞台上で玉乗りをしながらジャグリングを見事に行う。



きららファンタジアでの活躍


芳文社のまんがタイムきららのドキドキヴィジュアルコミックスに登場するヒロインが大集合のアプリゲームきららファンタジアに五人組に加え初期メンバーとして穂乃花も参戦しているぞ!そうりょになってカレンちゃんたちの傷を癒したりせんしとしてカレンちゃんと一緒に敵を討伐!今後の展開にご注目!


原作来歴


単行本第2巻54頁 初登場

第4巻 裏表紙4コマ登場
   71頁 扉絵・氏名判明

第5巻 扉絵カラーイラスト カレンと共に

第7巻 カバー裏イラスト
   17頁 扉絵単独登場

きららMAX2017年7月号 表紙を飾る

第9巻 扉絵カラーイラスト 香奈と共に



目覚めたんだね
穂乃花の魅力に…

関連イラスト


毎日きらら ~64日目~
松原穂乃花


リクエストほのかちゃん
カレほの


隣子ちゃん
ほのぼのほのかれん


ほのかちゃん
穂乃花ちゃん


カレン大好きほのかちゃん。



関連タグ

きんいろモザイク 原悠衣
九条カレン 日暮香奈 大宮忍 小路綾 アリス・カータレット 猪熊陽子 ほのカレン カレほの ホノカナ
テニス 玉乗り

外部リンク

原悠衣先生ブログ
芳文社きんいろモザイク作品紹介ページ
アニメ公式
アニメ公式ツイッター
Rhodanthe*ラジオサポーターズクラブ
Fosse Farmhouse

pixivに投稿された作品 pixivで「松原穂乃花」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 301792

コメント