ピクシブ百科事典

紫=メリー説

ゆかりいこーるめりーせつ

『東方Project』のキャラクター八雲紫とマエリベリー・ハーンの関係についてのタグ。
目次[非表示]

紫=メリー説とは、『東方Project』のキャラクター八雲紫マエリベリー・ハーンが、同一人物として示されているイラストにつけられるタグ。

八雲紫とマエリベリー・ハーンの共通点

  • 外見が類似している。
  • 類似する固有能力(八雲紫は「境界を操る程度の能力」。メリーは「境界を見る程度の能力」)
  • 「八雲」と「ハーン」という名前(ラフカディオ・ハーンに由来。後述)
  • 「マエリベリー」という名前(マルベリー=桑の実。成熟すると紫色になる)


現時点では両者の共通点の多さから立てられたファンの仮説に過ぎないが、
幻想郷外の世界を結ぶ稀少なポイントでもある。ゆかメリとも。

八雲とハーンの共通点

ラフカディオ・ハーン(=小泉八雲)は日本文化に強い興味があったとされ(「惚れ込んだ」と言われるほどに。ちなみに日本人女性の小泉セツを娶る)、特に古い風俗や民話などの論説やそれらに基づいた怪談、怪奇小説などを多く残している。有名なものでは『耳なし芳一』、『雪女』がある。
こういった点も「紫=メリー説」を膨らませる部分である。

(ただし紫とメリーにとって「八雲」と「ハーン」は苗字であるが、ラフカディオ・ハーン(=小泉八雲)にとっては「八雲」は名前で「ハーン」は苗字である。)

パトリック・ラフカディオ・ハーン(Patrick Lafcadio Hearn)

ギリシャ生まれ、アイルランド育ちの作家・日本研究家。1850年誕生~1904年死去。
大英帝国の最盛期であるヴィクトリア朝時代、および大日本帝国の始まりである明治時代の人物。
母親は、貴族の末裔であるギリシャの名家(祖先にアラブ人の血統が混じっているといわれる家系)の娘ローザ。父親はアイルランド人(祖先にケルト人ジプシーの血統が混じっているといわれる家系)で、イギリス軍所属の軍医
ハーンはアイルランドやフランス学校で学び中退、ロンドンを放浪しアメリカに渡り、新聞記者となる。
カリブ海メキシコ湾近辺の西インド諸島へ赴き、風俗民話ブードゥー教ゾンビ等の怪談を取材し研究した。
来日後は英語教師研究者大学教授として日本に定住。後に帰化し「小泉八雲」となる。
死後、東京の雑司ヶ谷霊園にを建てられた。戒名は正覚院殿浄華八雲居士。

これらの情報から、「八雲」と「ハーン」の間に共通点が見出される。

  • 日本の大学に所属する白人
    • 大学生マエリベリー・ハーンと、大学教授ラフカディオ・ハーン


  • 知識人・知性派
    • 妖怪の賢者」である八雲紫と、妖怪研究者である小泉八雲


なお『東方香霖堂』の「八雲立つ夜」によれば、「八雲紫」とは「様を閉じこめる堅固な囲い」、つまり「幻想郷」のことだという。幻想郷(=八雲紫)とラフカディオ・ハーン(=小泉八雲)にも、共通点があると言える。
  • 明治時代・ヴィクトリア朝時代
    • 幻想郷が博麗大結界で閉ざされた時代と、ハーンの活動した時代





関連タグ

東方 『東方Project
妖々夢』 『東方妖々夢
 八雲
八雲紫
紫様 ゆかりん
妖怪の賢者 神隠しの主犯
秘封倶楽部
マエリベリー ハーン
マエリベリー・ハーン
ゆかメリ

pixivに投稿された作品 pixivで「紫=メリー説」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 351301

コメント