ピクシブ百科事典

のび太さんのエッチ!

のびたさんのえっち

のび太さんのエッチ!とは、アニメ『ドラえもん』でのび太がしずかちゃんの裸やパンチラを見てしまった際に、高頻度でしずかちゃんが発するセリフである。
目次[非表示]

概要

のび太が「どこでもドア」で入浴中しずかちゃん家の風呂場に着いてしまった時などに、このセリフを聞くことがあるが、なぜか逆にのび太の方がを見られてしまった時でも同様である。
ちなみに、原作ではこんなセリフは一度も出てこない。「キャー! のび太さんキラーイ!」(36巻『「そんざいかん」がのぞいてる』)とかはあるが。

なお、最近はアグネス云々でほとんど見ることは出来ない。アグネスェ…。

ドラえもんを女の子にしてみた☆どこでもドア☆



その他

パンツ!


「なぜか劇がメチャクチャに」 てんコミ28巻収録。

町内会でお芝居をする為に出してもらった道具セット。
リアルなホログラムでセットを作り出し、その劇場空間で役者は台本通りに勝手にセリフを喋り体が動くという便利な代物だ
だが、のび太・ジャイアン・スネ夫・しずかちゃんの好みはバラバラで、肝心の台本を決めることができなかった。
かろうじてしずかちゃんを主役にすることが決まったくらいだ。

仕方ないので台本の選択も道具任せにすることに。
小さな子供でもわかるようにということで、「のび太が見ても理解ができて楽しめるもの」という条件でのび太の好みをコンピュータに読み取らせる。
そして練習をすることになる。

コンピュータがはじき出した台本は「ちびくろサンボ」「人魚姫」「裸の王様」といった子供でもわかりやすいおとぎ話であったが、なぜかしずかちゃんが何処かで裸になってしまうシーンが挿入されてしまい、練習は中断ばかり。

そんな中で選ばれたものの中にグリム童話「星の銀貨」があった。
そして次こそ中断なく練習を終わらせようと、絶対に芝居を中断できない強制ボタンを押すことに。
そう、「星の銀貨」はおとぎ話としてはそこまでメジャーでないので内容を誰もちゃんと覚えていなかったのだ。
この話を忠実に原典通りに演じるということは…

「飢えで困りました。そのパンを私にください」
「服がボロボロ、その洋服を私にください」
しずかちゃんが肌着に、下着姿になってしまう中で気が付いた。
「すると僕は?!」「ああっ!」
「どうか私にその肌着をくださいまし。」

結果としては、のび太さんに脱がされました。

さすがにショックで泣き出すしずかちゃんを前に、のび太は怒りまじりに詰め寄る。
「ドラえもん、何でこんなエッチな道具一式を出したのさ?」
「いや、忘れないで欲しいな! コンピュータは君が見たがっているものを参考にお芝居を選んだんだ」

「お前のせいで芝居がめちゃくちゃだよ!」


関連タグ

しずかちゃん ウラドラマン
お風呂 エッチ チンカラホイ

pixivに投稿された作品 pixivで「のび太さんのエッチ!」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1179665

コメント