ピクシブ百科事典

ペドロ(ONEPIECE)

ぺどろ

侠客団(ガーディアンズ)団長
目次[非表示]

「明けない夜はないと言うだろう」

「ダンナ達の待つ「世界の夜明け」の礎となれるなら おれは本望だ」

概要

ジャガーのミンク(♂)。
くじらの森の守護者ネコマムシが主を務める戦闘部隊「侠客団(ガーディアンズ)」の団長を務める。
「木の上のペドロ」の二つ名をもち、その名の通りよく高いところにいて偵察などを行う。

過去にペコムズ達と共に外海に出ていた時期があり、ポーネグリフを探していた結果、賞金首になってしまっている。
賞金首になっていたこともあってか、自分たちの一行には「ノックス海賊団」と名付けていた。
「ノックス」とはラテン語で「夜」の意。

プロフィール

本名ペドロ
異名木の上のペドロ
年齢32歳
懸賞金3億8200万ベリー
所属ミンク族侠客団(ガーディアンズ) 元ノックス海賊団船長
出身地ゾウ
誕生日6月16日(木の上→50音で「き」の上の「か」は6番目+ペドロ)
CV三木眞一郎


人物

侠客団の団長を務めるだけはあり、ネコマムシの信頼も厚い人格者にして義理堅い性格。
ネコマムシや恩人である麦わらの一味の役に立つことを考えて行動する。

普段は上記の義理堅さと冷静な判断力をもって、味方や客を支える好漢。
だが、とある事情から彼に残された時間は少なく、それゆえに死をも厭わぬ一面もある。

戦闘能力

ミンク族特有の身体能力と剣による高速攻撃を得意とし、エレクトロ(電撃)をまとった攻撃を行う。
非常に身軽で、並の相手ならばとらえられないスピードで移動しながら攻撃したり、しっぽをヘリコプターのように回転させて空中でも一瞬軌道を変えることも可能。

また、自身を巻き込むリスクを承知のうえでの爆弾による攻撃も行う(もっとも、爆弾攻撃はあくまで味方を巻き込まない状況でのみ行っている。)

彼の元弟分であるぺコムズですら3億3000万ベリーの賞金首であり、ネコマムシにペコムズを抑えられるのはペドロしかいないと評されている。
元々はポーネグリフ探しが原因とはいえ、その懸賞金額の高さはペドロの戦闘力故と思われ、その強さは懸賞金4億2900万ベリーのタマゴ男爵との戦いでかつて左目を奪ったほど。
タマゴ男爵がエレクトロ対策をしていてもなお渡り合い、追い込んでいる。

来歴

過去

少年時代

約26年前、6歳の頃にネコマムシイヌアラシが、ロジャー海賊団ロード歴史の本文を見せた場に居合わせていた。

本人はゴール・D・ロジャー光月おでんと共に冒険に出ることを望むが、ロジャーからは「まだ待機だ」と告げられ、ロジャーの死を知った後も修行しながら時を待つこととなる。

ノックス海賊団

約15年前、17歳の頃に、ネコマムシの役に立つことを願って外海にポーネグリフ探しへ、「ノックス探検隊」を名乗ってペコムズ達と共に旅に出た。
本人としては探検家のつもりだったが、世界政府ポーネグリフの研究を禁じていることを知らなかったため、結果として賞金首になってしまう。

結果的に違法(海賊)となってしまい、ノックス探検隊改めノックス海賊団を率いることとなる。
約10年前(22歳の頃)、旅の中で、負傷や気力の問題で離脱を決意した者たちを弟分のペコムズに任せ、自身は相棒のゼポ(ベポの兄)と共にポーネグリフ探求の旅を続ける。

その冒険の最後、27歳の頃にビッグマムの治める万国(トットランド)に来訪。偶然ながらビッグマムに命を救われ世話になっていたペコムズと再会する。
ポーネグリフを狙い、ビッグ・マム海賊団のタマゴ男爵と交戦して彼の左目を奪うも、四皇の勢力にはかなわず最終的に敗北。

ビッグマムの死のルーレットにより、相棒のゼポとともに合計100年分の寿命を奪われることになり、ゼポは死亡(寿命30年分)。
自身はペコムズの懇願により10年分減らされ60年分の寿命を奪われることになるが、ペドロは「世界の夜明けは近い以上、まだ無意味に死ぬわけにはいかない」と、自分の左目を差し出すことでマムに譲歩を引き出し10年分減らすことに成功。
50年の寿命を奪われゾウに帰還することとなる。

敗北こそしたが、己の目すら迷わず差し出し生き抜こうとするその覚悟と執念には、タマゴ男爵も一目置くほどであった。

新世界

ゾウ

ジャック来襲の際には、侠客団団長として戦い抜くも毒ガスと拷問で重傷を負い、ゾウにやってきたトニートニー・チョッパーらの治療で一命を取り留めた。

サンジビッグ・マム海賊団に拉致され、麦わらの一味がサンジ奪還を決めた際には、一味への義理を果たすため、また、例え苦い経験であってもビッグ・マム海賊団への知識がある自分なら役立てると考えたため、一味に同行する。
ルフィ達にはロジャーと同じようなものを感じ、彼らこそ、ネコマムシイヌアラシと共に「世界の夜明け」と切り開いてくれると感じている。

ホールケーキアイランド

ホールケーキ島に到着すると、ロードポーネグリフの写しを手に入れる絶好の好機だとルフィ達に進言し、ブルックと共にホールケーキ城に潜入するが、そこで自ら囮となり、見事ブルックに写しを入手させた。
その間、因縁の相手であるタマゴ男爵と交戦し、一進一退の攻防を繰り広げるも、チョッパーらの助けで自爆を装った爆発に紛れて鏡世界への退避に成功し、勝負は預けとなる。

サンジプリンの結婚式では、四男のシャーロット・オーブンと対峙し、その際はネツネツの実の能力に苦戦するが、乱戦であったためにオーブンとの戦いは有耶無耶となり、代わりにカタクリの攻撃からルフィを守るなどの活躍を見せた。

ホールケーキ城が偶然倒壊し、式場を出て島を脱出しようとするが、先回りしたシャーロット・ペロスペローによって、ブルックトニートニー・チョッパーは飴人形にされて窒息死寸前であり、サウザンドサニー号もペロスペローの能力により飴で固められ、クー・ド・バーストも使用できず脱出不能にされてしまう。

ルフィやジンベエ達は絶体絶命の窮地であったが、元々残り少ない寿命ゆえに生きて帰るつもりはなかったペドロは、ルフィ達がネコマムシの旦那達と共に「世界を夜明けに導く者たち」と信じ、ペロスペローを巻き込み自爆
「キャンディアーマー」で体を防御していたペロスペローは右腕を失うだけで済んだものの気を失い能力は解除。

ブルックとチョッパーは一命をとりとめ、サニー号の飴による拘束も無くなり、ペドロの覚悟に報いるべくルフィ達は「クー・ド・バースト」で出航。
リンリンやペロスペロー、カタクリらの存在によって助かる確率が一切なかった一行は、ペドロのおかげで存命した。

その命をもって麦わらの一味による「世界の夜明け」の礎となったペドロであった。

関連タグ

ミンク族 ゾウ(ONEPIECE) 
ネコマムシ ワンダ(ONEPIECE) キャロット(ONEPIECE)

ゴール・D・ロジャー 光月おでん

ペコムズ タマゴ男爵 
シャーロット・リンリン シャーロット・ペロスペロー

pixivに投稿された作品 pixivで「ペドロ(ONEPIECE)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 86395

コメント