ピクシブ百科事典

ヴァイオレット・エヴァーガーデン(キャラクター)

ゔぁいおれっとえゔぁーがーでん

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の主人公。
目次[非表示]

CV:石川由依

概要

C・H郵便社で代筆屋を務めている、自動手記人形(オート・メモリーズ・ドール)の少女。
物語の世界から飛び出てきたかのような美しさを誇る金髪碧眼の麗人で、どことなく憂いをはらんだ物静かな佇まいをしている。
元々は親の顔も知らない孤児であり、身寄りのなかったところをライデンシャフトリヒ陸軍少佐ギルベルト・ブーゲンビリアに拾われ、彼とともに少女兵として戦場を渡り歩いた過去を持っている。数年前に起こった大戦の最中に瀕死の重傷を負い、ギルベルトと離れ離れになってしまったヴァイオレットは、大戦終結後にギルベルトの旧友であるクラウディア・ホッジンズに保護され、彼の協力のもとでライデンシャフトリヒの名家エヴァーガーデン家の養子となり、そこで淑女としての教育を施される。

孤児として育ち、軍人としての生き方しか知らないヴァイオレットは、人の気持ちを感じ取ったり、また自分の気持ちを表現して人に伝える術をまだ知らない。代筆屋として世界中を巡り、行く先々で出会う依頼人たちのそれぞれの想いに触れるうちに、彼女はかつて戦場で離れ離れになる前にギルベルトから告げられた「最後のメッセージ」の意味へと近づいていくこととなる。

人物

ヴァイオレット


容姿

柔らかに編み込まれ、ダークレッドのリボンで飾られた金糸の髪と、海の底の輝きを秘めた青い瞳を持つ、とりまく人や時も自然と息すら潜めてしまうほどの美しさをたたえた少女。(原作上巻、15ページ、原作下巻、178ページ)
涼やかに響く玲瓏な声音と相まった優雅な振る舞いは、時として同性さえも見惚れさせるほどであり(原作上巻、61ページ)、人に「気後れ」という感情を意識させるような物静かな雰囲気を纏っている。
代筆屋として依頼人のもとへ向かう際には、プルシアンブルーのジャケットと純白のリボンタイワンピース・ドレス、使い込まれたココアブラウンのロングブーツに身を包み、淑女としての品の良い奥ゆかしさを演出している。(原作上巻、53ページ、132ページ)

なお、ヴァイオレットの両腕は生身のそれではなく、肩口から取り付けられる形で機械仕掛けの義手が装着されている。
普段は黒手袋に包まれているエスターク社製のその義手は、戦場での使用にも耐えうる耐久性と人体では出し得ないほどの高出力、そしてタイプライターの細やかなブラインドタッチをも可能にする精密さを兼ね備えた、戦闘特化の仕様でありながら機能性を損ねていない優れた逸品である。(原作上巻、20~21ページ)

性格

孤児や少女兵として育ってきた生い立ちゆえに感情の表現とそれを語る言葉を知る機会に恵まれず、傍目には喜怒哀楽の色の変化のない、無機質でどこか寂しげな性格の持ち主として映る。
仕事内容に関わる話であれば流暢に交わすことが出来るものの、人の持つ感情の機微についての話になると、途端にどこかから借りてきたかのような、うまく実感のこもっていない言葉を並べるようになってしまう(原作上巻、173ページ)。「楽しい」「悲しい」等といった想いを自分の感情として理解できず、またその感情が自身に生じているのかすらも分からないと語るヴァイオレットの姿は、「まるで身も心も作り物めいた人形のようだ」といった印象を関わった者たちに与えている。(原作上巻、175ページ)

携行品

ヴァイオレット・エヴァーガーデン


トロリーバッグ(旅行鞄)

代筆屋の仕事に向かう際、旅のお供として携行する革製のトロリーバッグ(旅行鞄)には、様々な国の通関証が貼り付けられている。(原作上巻、60ページ)
主な中身としては、商売道具である万年筆レターセット、依頼人からの手紙等を入れておくための小物入れ、替えの服や手拭き等がしまわれている(原作上巻、208ページ、原作下巻、139ページ)。また、時には依頼先の危険度に応じて護身用の拳銃をしまっておく場合もある。(原作上巻、60~61ページ)
そのずっしりとした見た目に違わず重量もかなりのもので、屈強な体格の男でさえもつんのめるほどの重さを持つ(原作上巻、207ページ)。しかし、ヴァイオレットはそのトロリーバッグを何のことも無いように片手で持ち歩いている。

ブローチ

ヴァイオレットの胸元に付けられている、エメラルドグリーンに輝くブローチ
青い瞳を持つ彼女が付けるには少し色味の合わない一品であるが(原作上巻、53ページ)、彼女は事あるごとに胸に輝くブローチに視線を落としたり手を添えたりして、その所在を確かめている。
そのようなヴァイオレットの様子を日頃から見ているC・H郵便社の同僚からは、そのブローチは彼女にとっての「お守り」のような、とても大切なものなのではないかという憶測を抱かれている。(原作下巻、207ページ)

主要キャラクターとの関係

ギルベルト・ブーゲンビリア

ライデンシャフトリヒ陸軍の少佐
身寄りのなかった幼少期のヴァイオレットを引き取り、親の代わりとなって彼女に初めて言葉や規律を教え込んだ(原作上巻、289ページ)。また、彼女の中に秘められた戦いに対する天賦の才を見出し、上層部からの正式な許可のもとに少女兵として自らが率いる部隊と行動を共にさせていた。

ヴァイオレットにとってのギルベルトは、「彼女の世界のすべて」と言っていいほどの存在を占めており(原作上巻、177ページ)、単なる敬意の念とするだけでは到底足りない、どこまでも一途で純真無垢な忠誠心を捧げている。
数年前に起こった大戦の中で離れ離れになってしまって以降は、彼から貰った思い出深いエメラルドブローチを、片時も曇らせることなく大切に持ち歩いている。

クラウディア・ホッジンズ

ヴァイオレットが現在勤めている、C・H郵便社の社長。
かつて陸軍に所属していた頃、親友のギルベルトからヴァイオレットの後見人を託され、大戦の終結後に彼女を保護してエヴァーガーデン家に養子として紹介する。併せて自身が経営するC・H郵便社を新しい勤め先として勧め、ヴァイオレットを新たな社員として迎え入れる。

かつてギルベルトと行動を共にしていたヴァイオレットは、彼の旧友であるホッジンズとも何度か顔を合わせており、終戦後に再会した際にもその時々のことを彼に述べている。(原作下巻、50~51ページ、TVアニメ版1話)
また、ホッジンズもギルベルトと行動を共にして華々しい戦果を挙げるヴァイオレットの話はよく聞いており、そんな彼女がこれまでの戦いの道から離れて新しい人生を歩むことを「機会」と捉え、「これから多くのことを学んでいく中で、自らの過去とも向き合わなければならない」ということを彼女に諭している。(原作下巻、80~82ページ、TVアニメ版1話)

関連イラスト

ジャケット&ワンピース・ドレス

ヴァイオレット エヴァーガーデン
ヴァイオレット


Violet Evergarden
ヴァイオレット・エヴァーガーデン



白シャツ&スカート

ヴァイオレット・エヴァーガーデン
Violet


ヴァイオレット
紫罗兰永恒花园



関連タグ

ヴァイオレット・エヴァーガーデン

クラウディア・ホッジンズ - C・H郵便社の社長。ヴァイオレットの後見人でもある。

金髪碧眼 金髪 碧眼 クラウンブレイド 義手 ブローチ
タイプライター トランク 日傘

pixivに投稿された作品 pixivで「ヴァイオレット・エヴァーガーデン(キャラクター)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 266194

コメント