ピクシブ百科事典

進化退化放射線源

しんかたいかほうしゃせんげん

藤子・F・不二雄原作の漫画・アニメ作品『ドラえもん』に登場するひみつ道具の一つ。
目次[非表示]

概要

藤子・F・不二雄原作の漫画・アニメ作品『ドラえもん』に登場するひみつ道具の一つ。初登場回はTC8巻収録「進化退化放射線源」。
光線銃型のひみつ道具で、この道具から照射される光を生物や物体に浴びせると、それらを進化させたり退化(厳密には祖先の姿に変化)させることが出来る。
例えば現代ラジオを進化させた場合、未来で使用されている「腕ラジオ」(テレビ、テープレコーダー、トランシーバー機能を内蔵した腕時計型ラジオ)に変化させることが出来る。逆に退化させた場合は鉱石ラジオあるいは蓄音機といった過去に使用されていた頃のラジオに変化させることが出来る。
ドラえもん曰く「本来は生物の祖先を探ったり、進化の行方を探る為の道具」であるらしい。

作中ではドラえもんやのび太はこの道具を使い、鉛筆電灯ドアを進化させて「自動タイプえんぴつ」(入力した声の通りの文字が書ける)、「天井と壁全体が光る照明」、「自動ドア」に変化させたり、他にもネズミを退化させて哺乳類の先祖である生物に変化させたりと、様々な物を進化・退化させた。

水田わさび版アニメ「進化退化ビーム」では、上記のネズミ(が退化した哺乳類)が逃げ出してしまい、のび太は咄嗟に「進化退化ビーム」を猫に使用してネズミを捕まえさせようとした。しかし猫もネズミと同じ哺乳類である為、退化した猫の姿がネズミ(が退化した哺乳類)と同じになってしまい、どちらも暴れ出してしまった。

極め付けは、のび太が「頭の古いパパを進化させて未来人にしたい」と考え、パパを進化させたのだが、その姿が非常に不気味なのである。

なぜ逃げるんだね。


未来人に進化したパパは脳ばかりが発達して大頭になり、汚れた空気を吸わないよう鼻毛が伸び、機械に頼り過ぎたせいで手足がヒョロヒョロに退化してしまうという、とんでもない姿になってしまった(上画像参照)。

また、上記の初登場エピソードのように姿形を含めた全てを進化・退化させるだけでなく、生物の場合は外見はそのままで知能のみを進化させたり(原作「のら犬『イチ』の国」)、無生物の場合は外観はそのままで機能のみを進化させる大長編太陽王伝説』)等といった、細かな調整も行える。更に『翼の勇者たち』では現実世界に存在しない生物さえ進化させている

スピンオフ漫画『ザ・ドラえもんズスペシャル』では、ドラえもんがマンモス(正確には、現代の科学者が過去に滅びた冷凍マンモスの死体の遺伝子を研究し、復活させることに成功したマンモス)に対してこの道具を使用したのだが、その際マンモスは現代のと変わらない姿に変化した。ドラえもん曰く「氷河期に適したマンモスが温かい現代まで生きていた場合、長い牙と毛が退化し、普通の象と似た姿になる」とのこと。

原作漫画以外の作品では『ドラえもんのひみつ道具使い方事典1』にて、ドラえもんがこの道具で退化させられた際、400年前のからくり人形に変化してしまった。ただしこの状態のドラえもんはのび太に対して「進化放射線で早く元に戻してくれ~!」と言っている為、進化あるいは退化して姿が変わっても変化前の意識は残っていることが分かる。

正式名称は「進化退化放射線源」であり、初登場エピソードはもちろん『創世日記』、『太陽王伝説』(大長編版)、『翼の勇者たち』、『ワンニャン時空伝』(大長編版)ではこの名称が使われているが、原作短編ではエピソードによって「進化放射線」、「進化放射線源」という名称に変わっていることもある。

余談

原作でも何度か名称を変えて登場している進化退化放射線源だが、2000年代以降に放送されたアニメ・映画版では「放射線」という単語が引っかかる為か、映像化する際は必ずと言って良いほど名称が変わっている。
上記の通り『ワンニャン時空伝』は大長編版では「進化退化放射線源」という名称が使われているが、映画版では「進化退化光線銃」という名称になっている。
水田版アニメでは「放射線」という単語が一切使われなくなり、上記の「進化退化光線銃」を始め、「進化退化ビーム」、「進化活性光線」という名称になっている。

関連タグ

ドラえもん ひみつ道具
進化 退化

関連記事

親記事

ひみつ道具 ひみつどうぐ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「進化退化放射線源」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 150

コメント