ピクシブ百科事典

逸男

いつお

2016年福岡ソフトバンクホークスのV逸のこと。同年のチームのスローガン「熱男」とかけた。
目次[非表示]

概要

2016年福岡ソフトバンクホークスは開幕直後こそあまり調子が出なかったが、4月中盤から8連勝していくと6月までに8連勝を3回記録するなどの快進撃。
投手陣は千賀滉大東浜巨リック・バンデンハークなどが活躍。打線では前シーズンに続き松田宣浩が活躍、交流戦からは城所龍磨も台頭。接戦に勝った試合が多いが、それでもソフトバンクが得意な交流戦は首位で通過した。

その勝率は、6月終了した時点で貯金29、何と勝率7割(いわゆる100勝ペース)
2位の千葉ロッテマリーンズにも7.5ゲーム差をつけるなど前年以上の完全な独走体制。
一部では「優勝はホークスで決まった」「史上最速のマジック点灯もあるのでは」という話も流れ、このまま爆進Vロード一直線…と思われていた。

ところが………


ところが、7月に入ると状況は一変。
最大11.5ゲーム差をつけられていた北海道日本ハムファイターズの怒涛の追撃が始まった。
最初の3連戦、7連勝中の日本ハムを迎え撃ったが3連敗(しかも最後の1戦は大谷翔平ひとりにやられている)。
実は前述の6月終了時点でも、他11球団の中で日本ハムにだけは唯一勝ち越せなかったのである

この対戦以降は打線が機能しなくなってしまい、投手陣もリリーフが救援失敗したりとソフトバンクはなかなか勝てなくなっていく。

そして日本ハムが球団新となる15連勝を記録し、射程圏内にまで迫る。あちらは不調のクローザーである増井浩俊を先発転向させたり、マメがつぶれて投げられない大谷を暫く打者に専念させたりと采配が悉く的中していた。

この時に週ベがソフトバンクを特集したが、発売時点で既に失速していた。

そして………


8月に入り、追撃していた日本ハムの勢いが衰える………わけがなかった
中盤で貯金の数で抜かれ、一時は-0.5ゲーム差の首位という珍事まで発生。

25日の楽天戦、茂木栄五郎の浅いフライ性の打球を柳田悠岐後逸。
ボールに触れなかったためエラーにはならなかったが、結果としてランニング3ラン本塁打を献上し逆転負け。首位を日本ハムに明け渡し、柳田は一部で「逸男」と呼ばれるようになってしまった。

9月は日本ハムもソフトバンクも勝ったり負けたりの繰り返しで首位が目まぐるしく入れ替わるマッチレースに発展。前半でマジックも点灯したが、2日後にはあっけなく消滅した。

そして9月後半、日本ハムとの最後の直接対決2連戦(ソフトバンクのホーム試合)、1勝でもすれば優勝マジックが点灯する。2014年・2015年とVを決め、この年3連覇も懸かっていたソフトバンクはここで落とすわけにはいかない大事な一戦であった。

…だったが、接戦の末に日本ハムにまさかの2連敗。この試合でソフトバンクは遂に力尽き、逆に日本ハムに優勝マジックが点灯。
その後、9月28日に日本ハムが西武に勝って優勝マジックが0になり、実に最大11.5ゲーム差からの大逆転優勝を果たした。なお、11.5ゲーム差は「メークドラマ」と言われた1996年の読売ジャイアンツ以来20年振りの快挙である。

一方のソフトバンクは歴史的V逸が決定。前半戦は超圧倒的ムードで勝ち進むも、後半戦から徐々に失速してのV逸どこかで見たような流れなのは多分気のせいである。

その後

CSシリーズではファーストステージで3位ロッテの下剋上を阻止したが、ファイナルステージの日本ハム戦では第2戦と第4戦を取った。だが、2勝3敗で迎えた第5戦の最後に抑えで出てきた大谷翔平に最高球速165kmのストレートと150km台の変化球の前に止めを刺され、ソフトバンクはこの年のCS敗退した。

関連タグ

福岡ソフトバンクホークス 北海道日本ハムファイターズ Vやねん!

pixivに投稿された作品 pixivで「逸男」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 61

コメント