ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

すいかとは、


西瓜

  • 植物のすいか。

検索揺れ→スイカ西瓜水瓜すいか

スイカバー

Suica

誰何

萃香

水夏

  • CIRCUSが制作・発売した美少女ゲーム。

スイカ

  • Dr.stoneに登場するキャラクターの呼称。由来はトルマリンの一種・ウォーターメロンと思われる。

まさかとは思うが「酢イカ」

  • イカを短冊状に切って酢につけた駄菓子。

pixivでは、多くの場合伊吹萃香のイラストのタグとして使われている。

植物のすいか(西瓜)に関するイラストを見たい場合は、西瓜で検索すると良い。


この記事では植物のすいかについて記述する。


概要

すいか(学:Citrullus lanatus 英:Watermelon)とは、

つる性一年草、食用される花托が発達して出来た「実」は栄養学上は「果物・フルーツ」、園芸では野菜(果菜)

夏の風物詩。漢字で書くと『西瓜』。


すいかとは

めんどくさいから、wiki先生に。


葉は切込みが深く、丸みを帯びている。葉身は約25cm。つる性である。雌雄異花で花色は黄色。雌花は子房下位。水に濡れると花粉が破裂するため、受粉後約4時間以内に降雨に遭うと着果せず、自家受粉では良質な実は着果しない。果実の外観は緑色に深い緑色の縦縞が入ったものが一般的であるが、薄緑色のものや黒に近い深緑色のものもある。日本で縦縞模様の品種が広まったのは昭和初期頃と言われ、それまでは黒色の無地で「鉄かぶと」と呼ばれていた。果肉の色は赤もしくは黄色。大玉の品種で糖度 (Brix) は11~13度程度。果実中心及び種子周辺の果肉の糖度が最も高い。


メロンを初めとしたウリ科の植物は主として甘く熟した果皮の部分を果肉として食べるが、スイカの果皮は内側の薄い層しか甘く熟せず、果肉の主体は種子をつける胎座の部分である。このためメロンは甘い胎座ごと種子を除いても甘い果肉が十分な量残るが、スイカは胎座を種子ごと除くと甘みのある食用部分はほとんど残らない。スイカを食べるときに種子ごと食べて種子を口の中でより分けなければならないのはこのためである。


果肉は水分が多く90%以上。様々な品種があるが、一般に果肉は紅、甘くて多汁である。果実を薄切りにしたり、小片に切ったりし、好みによって食塩を少量振りかけて食す。のどの渇きを癒すために食べることが多い。果肉や種子に含まれるカリウムは疲労回復ならびに利尿作用があるため、暑さで体力を消耗し水分を過剰摂取することで起こりがちな夏バテに効果があるとされている。皮は模様のある外側の薄皮をとり塩をふってしぼり酢の物にする。


野生のスイカはほとんど甘みがないが、水分だけは胎座部分に大量に蓄えられている。自生地は乾燥地帯であるため水に乏しい。野生動物は水分を目当てにスイカの果実を摂食することになり、胎座の水分ごと種子を飲み込んで糞とともに排泄し、種子散布が行われる。人類によるスイカの利用もこの水分を目当てに始まり、同時に脂肪と蛋白質に富んだ種子をも食用にするようになったと考えられる。品種改良によって果肉が甘くなったのは比較的後のことであった。


スイカの品種には、果肉の色が黄色や白色のもの、また種子をコルヒチン処理し倍化させることで一代雑種(F1)の三倍体にして種を無くした種なしスイカがある。軟X線照射花粉の授粉による種なしスイカ作出も行われている。

しかし、種なしスイカの場合、果実をつける時期が遅れたり、果実の形状が歪んでしまい、普通の種ありスイカより味も落ちるため、ブームは一過性に終わった。現在では種なしスイカとしての上記の弱点を克服した品種や、マイクロシードと呼ばれる米粒大ほどの大きさの種子しかない品種もある。


特殊なものとしては源五兵衛(げんごべえ)と呼ばれる品種があり、幼果を粕漬けにする。


アジアでは種子を炒って歯で割り、中身を食べる地域が多い。中国では西瓜子と呼ばれ、酒のつまみ、料理、菓子などに用いられており、炒って味付けされたものは日本に輸入されている。普通のスイカよりも大きな種をつける、採種専用の品種も存在する。またスイカの原産地であり利用や栽培の始まったアフリカでも、種子を炒って粉末にするなどし、食材として利用する食文化が存在する。特に原産地に自生する果肉の苦味の強い近縁種は、果肉自体は人間の食用に適さないので飲料水以外の生活用水として利用し、種子のみを食用とする。また、スイカ皮や、より品質の高い果実を収穫するために摘果した小さな未熟果実の漬物・ピクルスもポピュラーである。日本ではスイカ割りが夏の風物詩である。ちなみに、スイカ割りは明治時代になってから始まったという説がある。



栽培時には、連作障害やつる割病に弱いため、台木としてユウガオやカボチャなどを用いる接木栽培が通例である。コストのかかる輪作などによって、これらの障害を回避して生産された、スイカ自身の根によって育った果実は、高級品として取引されている。


スイカは秋の季語としても用いられる。これはスイカの旬が立秋(8月7日頃)を過ぎる頃であるからで、この時期は暦の定義では秋になり、秋の季語として使われるわけである(近年の歳時記では時代に即して夏の季語とするものもある)。また、盂蘭盆で施餓鬼を行う地域では、餓鬼棚にスイカを添えることがある。これは、餓鬼となった亡者の喉の渇きを癒す為でもある。


まだ解んない人に

スーパーやデパートのくだものコーナーに緑と黒の丸いヤツがある。ソレ。

甘いせいか、大抵くだものコーナーにある。


じゃあ何なのかって言われると実のところよくわからない。大抵のウリ科の「果実」は花托と呼ばれる部分が発達して出来た果皮を食用するので、カボチャのこともあるし、ウリそのものも近年甘い品種が生産されるようになる以前は、青パパイヤのごとく野菜として食べられていた経緯もあり、「野菜」と言い切っても問題ないが、スイカの場合他のウリ科植物のように果皮を主に食用するのではなく、むしろアケビやザクロなどと同じように胎座を主に食用とする。しかしアケビやザクロは野菜というよりむしろ果物であるが、厳密に果実というものは子房が発達したもので、それ以外のものは「果実のようなもの」、「偽果」と呼ばれ、要するにフルーツと言い切ってしまうのも疑問が残るのである。

要するにスイカはスイカなのである。こまけぇこたぁいいんだよ!!


よく「叩くと熟れ具合や味の良さがわかる」などと言われているが、これは「知識と経験を重ねたベテラン農家ならば判別可能」というレベルの(真面目な意味で)上級者向けの方法なため、 『 素 人 に は 意 味 が な い 。 』

半分に切ると、赤い実と黒い種が出迎えてくれてそれだけで食欲がそそる。


浴衣すいかって良くね?


大体8分の1位の半円状に切って食べるのが主。

ギャグ漫画では「飲み込んだ種がお腹の中で発芽し、へそから芽が出てくる」という展開が多いが、これも 『 消 化 さ れ る か ら 意 味 が な い 。 』

さらに、万が一種が体内で消化されなかったとしても、種子が育つ(発芽する)だけの土壌の成分がない為やっぱり『 意 味 が な い 。 』

これらはあくまでギャグの要素であり、尾籠な話で申し訳ないが最終的には消化不良のコーンと同様、に混じって体外に排出されるだけの話。

現実は非情である


をふって食べると甘みが増すと言われているが、味覚のいわゆる錯覚を利用したものであり、甘党さんには上級者向けの味になりうるほか、唐揚げにレモン汁をかける行為と同様に、この食べ方を非常に嫌う人も少なくないので注意が必要である。

なお、農業が盛んで新鮮で甘みの強いすいかをもともと地産地消可能な地域では、すいかに塩をふらないところが多いとされ、「すいかに塩=甘みの低いすいかをなんとか美味しく食べるための苦肉の策」という説もある。



すいか割りという遊びがある。特にと合わせると夏休み気分に浸る。

該当者を目隠しして該当者をくるくる回した後、すいかがあると思われる方向に直進させ叩き割らせるといったシンプルな遊びだが、大抵空振りである。

「こっちこっち!」って誘導するのが基本?

万が一、金属バットなど径の太い物でたたき割ったとしたら「トンでもない物体」「食えたモンじゃない」(場合によっては)ものになるので注意。

角材や木刀などある程度角のある細長い重みのある棒を使うことで理想的な割れ具合になる。

言うまでも無いがスイカの下にビニールシートは必須。

ちなみに割るまでは海水やクーラーボックスで冷やしておかないと、腐ってしまい割った時にトラウマ必至な光景が広がる。

というか腐らなくてもぬるくなると繊維が緩んでしまい、叩いてもパカッと割れてくれない。


天ぷらとの食べ合わせが悪いと言われているが、医学が未発達の時代に作られた話であり、科学的根拠はない。まあ、「お腹が弱い日はスイカみたいに水分が多いものや、天ぷらみたいに脂っこいものはやめときなさいね」と長ったらしく言うよりはよかろう。「うなぎ梅干し」と同様。


Watermelonと言われるくらい水分も多く、多く摂取すると利尿効果がある。

ざっくりと言えば「たくさん食べるとおしっこが近くなるが、度を増すと取り返しのつかない事態になる」ので、これも注意が必要。


余談

世界でのすいか生産量最多の国は中華人民共和国(量としては日本の100倍以上)であるが、同国では2011年初夏に畑のすいかが爆発する事件が相次いだ。現在の所原因は不明。


アメリカ合衆国ではスイカはフライドチキンと並び奴隷制が残った19世紀ごろから黒人人種差別表現のステレオタイプのシンボル(スイカさえ与えれば働く単純な人種)としてとらえられており、現在でもその偏見は残っているといわれる。


日本で商業栽培されるようになったのは江戸時代中期といわれるが、中国で古くから栽培されていた経緯からか、古くは平安時代の『鳥獣戯画』で兎が皮を持っているシーンが描かれているという。


ちょうど人間の頭ほどの大きさと重さで、切ると赤い汁が出ることからあるものが連想され、怪談や岡本綺堂の『西瓜』などで描写される。


近年では同じウリ科のハロウィンカボチャとも同一視もされ、顔が掘られたものがホラー作品や怪奇漫画に登場し、人をスイカに変えてしまう。


2023年、イスラエルとイスラム組織ハマスの戦闘による死者が1万人を大きく超えた中、日本では「停戦を求めるすいかバトン」と題し、スイカの絵をSNSに投稿する動きが広がっている。スイカはパレスチナの特産で、赤、黒、白、緑のパレスチナ旗と同じ色。現地の平和を祈る多くの人が参加している。

参照記事・神戸新聞NEXT(2023/11/16)


関連イラスト

スイカスイカ


とてもおっきなおっぱいを指して「スイカップ」と呼ぶことがある。

センシティブな作品


関連項目

果物 スイカ 西瓜

スイカアームズ ウォーターメロンアームズ コダマスイカアームズ

スイカバー スイカップ スイカ柄ビキニ メガゾーン

スイカ割り スイカマン スイカ様

関連記事

親記事

スイカ すいか

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4749731

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました