ピクシブ百科事典

バラムツ

たべるとあぶないさかな

スズキ目サバ亜目クロタチカマス科バラムツ属に属する魚。
目次[非表示]

概要

 深海魚であるが、夜間には浅瀬に上がることがあるため、刺し網漁でも獲れることがある。体長が2メートルほどまで成長し、引きが強いことからスポーツフィッシングなどでよく標的とされる。
 名前の由来は、身体にある硬い鱗が、まるで薔薇の棘の様であることから(実際に鱗に触ると怪我をすることがある)。ムツに似た外見をしており、むつっこい(脂が乗っている)ことからムツの名がついているが、実際のムツとはそれほど近縁ではなく、クロタチカマス科の魚。

特徴

 深海魚であるバラムツの体内の油脂はワックスエステルというが主成分である。水に浮きやすい種類の油を筋肉内に溜め込むことで、浮袋の代わりを果たしつつ、機敏な回遊を可能にしている。

 味の方はというと、身に脂が乗っていて……というか尋常じゃないほど過剰に乗りすぎていて非常に脂っこく、どこを食べても大トロのような濃厚な味がするとかしないとか。マグロに近い調理法も可能でとにかく美味い。トロを数段上回る味とも称される。

 一方、食すことで発生するデメリットがある。何を隠そう、バラムツの特徴は「食べると翌日お尻から脂が漏れ出す」ことである。
 このワックスエステルは人間の体内では消化されず、そのまま消化管をスルーして体外に排出されてしまう。これにより腹痛や下痢が起き、平常時就寝時問わず便意のない油の排泄が起こる。また摂取量によっては肌の汗腺にまで油が回り、それが揮発することで機械油のような体臭を発するようになる。酷い場合にはアレルギー反応や昏睡状態になることもあり、1970年から食品衛生法により販売禁止となっている。
 しかしながら、摂取禁止とはなっておらず、海釣りではたびたび遭遇するため、調理を試みる釣り人は少なくない。また、噂を聞きつけ体調不良覚悟で食しに出向く人も多いという。あくまでも食するときは自己責任でお願いします。また、一度に食べるときは切り身3枚ほどにしておき、食後3~5日間はオムツをして生活することをオススメします。
 中国などでは未だに市場に出回っており、「タラ」などの色見の近い魚への偽装、または寿司の代替魚として紛れている場合もあるため注意が必要。

別名

 大東諸島では、「インガンダルマ」という呼び名でも言われている。意味は、「犬が(お尻から脂を)垂れる」、「犬が(下痢で)ダレる」であり、バラムツの特徴をよく捉えた表現である。
 海外ではオイルフィッシュと呼ばれており、1匹の体組織の25%ほどが脂肪、そのうち90%以上がワックスエステルであることから、機械用の油の原料として取引されている。

注意

 タグ検索すると、6割方R-18が出ます。食材としての魚で唯一R-18ネタにされているかもしれない。
 あと、おもらしプレイには使ってあげないでください。

関連タグ

 スズキ ムツ
いともたやすく行われるえげつない行為 やめたげてよぉ!

アブラソコムツ:バラムツと同様の理由で、食品衛生法で販売禁止になっている魚。

pixivに投稿された作品 pixivで「バラムツ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 251948

コメント