ピクシブ百科事典

モズマ(キュウレンジャー)

もずま

特撮『宇宙戦隊キュウレンジャー』に登場する怪人であり、宇宙幕府ジャークマターに仕えるダイカーンの一人。
目次[非表示]

「フフフフ… 私を倒さない限りあの船は私の思いのまま。太陽に飛び込んで燃え尽きろ!」
「ああ~、あ~しんどい! ああ…それにつけてもお腹が減った。あそこで腹ごしらえでもするか」

CV:飛田展男/スーツアクター:蜂須賀祐一

データ

役職/ダイカーン(チキュウ担当)
出身/惑星ガ(ワシ座系)
身長/186cm
体重/167kg
装備/アヤツリンプン
分類/昆虫型宇宙人

概要

惑星チキュウへ複数人常駐しているダイカーンの1人で、ラプター283の出身でもあるワシ座系に属する惑星・ガ出身のダイカーン。
の羽を思わせるグラデーションの利いた色合いの頭部や服装に反して、自分の背丈より長い毛むくじゃらで鉤爪を携えた両腕を持つ。また上半身に、見開いた両目にも見える穴が開いた装飾品を付けている。焼き鳥が好物の宇宙船マニア。

その特徴的な両腕を上下に動かし、虹色に輝く羽を羽ばたかせる事で飛行が可能で、その際にガ星人特有の『アヤツリンプン』を撒き散らす。これはミクロサイズのモズマの分身達であり、これが付着した機械はミクロサイズのモズマに制御システムを乗っ取られて支配下に置かれ、彼の意思の元暴走する様になってしまう。この能力を利用してキュウボイジャーを介しオリオン号の制御を掌握、それを拠点とするキュウレンジャーごと太陽へ突っ込ませて一網打尽にしようと企む。
なお支配地区ではこの能力で、乗り物のコントロールを奪って苦しめる圧政を行っていたらしい。
キョダインロウは腰ベルトの右側に下げている。

ある目撃証言によると、モズマは逃げる車を見かけると飛行して追いかけたと言う。

活躍

冒頭からいきなりモライマーズロボを動かしキュウレンオーと対峙。胸から放ったビームをタテキュータマで跳ね返された事でロボが撃破された為脱出。
その際にアヤツリンプンをキュウレンオーに浴びせる様に飛行して逃走、首尾良くアヤツリンプンの付着した相手がキュウボイジャーに戻りオリオン号へ帰還した事で、今度はオリオン号の表面にアヤツリンプンが移動。それにより操縦系統を乗っ取り、太陽へ向けてキュウレンジャーごとオリオン号を急発進させた。

それを分身であるアヤツリンプンを介して知り、自身の作戦成功を潜伏場所で確信するが、セイザブラスターを持ち出した佐久間小太郎と彼を追いかけていたラッキーに遭遇。予想外の事態に動揺しつつも交戦、セイザブラスターを撃たれつつも小太郎を捕まえようとしたが、オオグマキュータマより現れたビッグベア総司令の霊に邪魔された為、一時逃走する。

だがその直後に小腹が空いた為、好物である焼き鳥の屋台に匂いにつられて出向いた結果、偶然にもラッキーとベア総司令が乗り移った小太郎に見つかる。この時も再度逃走したが、三度目の遭遇では戦力を揃え、インダベーツヨインダベーを差し向けつつ再び交戦。今度は乱戦時にラッキーの手元を攻撃して落としたシシキュータマを回収、変身を封じて優位に立つ。

だがその状況は、キュウレンジャーになる覚悟と心意気を持つ小太郎に飛びつかれた事で逆転。飛びつかれた勢いで手放してしまったキュータマをラッキーが奪還。更にはラッキーの言葉に心動かされたベア総司令の霊から猛攻を貰い怯んでしまう。そして直後に、小太郎がコグマキュータマに選ばれた事でスターチェンジ、11人目のキュウレンジャーであるコグマスカイブルーが誕生したのを目撃する。

そして、コグマスカイブルーとシシレッド2人に配下が次々と倒されていく中、飛行して三度逃亡しようとするが、それを見逃さなかったスカイブルーにマフラーを絡み付かされて動きを止められる。その隙に戦闘員を片付けたレッドがトカゲキュータマを使い、近くの柱を登って来て接近。攻撃されて地面に叩き落とされた上、オオグマキュータマの力で巨大化したオオグマスカイブルーにボロボロにさせてしまう。

最後に2人からオールスタークラッシュを喰らい「もう少しだったのに~!」と言う断末魔を残して敗北・爆散。本体が倒れアヤツリンプン達が消滅した事でオリオン号も操縦系統を取り戻し、太陽へ突っ込む寸前の所で難を逃れた。
なお止めの一撃でキョダインロウも壊され、ヒカエオローは発動しなかった。

モズマの作戦自体は非常に良い線を行っており、オリオン号のコントロールが奪われた時点で内部にいたキュウレンジャー達にはどうしようもなかった。彼の最大の敗因は、宇宙一の幸運の持ち主がオリオン号を離れていた事と、その要因を作った小太郎がオリオン号内に(2話も前から)いた事であろう。

余談

モチーフはジャージーデビルと同様、アメリカで目撃されたUMAモスマン。目撃情報の中には車に興味を示して追い掛けたと言う事例がある。
またその外見は毛むくじゃらで胸の部分に目があるとされ、その特徴がモズマの両腕と上半身の装飾品へ反映されている。

同話で使われたトカゲキュータマは、玩具版ではチョコスナックの懸賞品として手に入ったのだが、劇中で使用したラッキーを演じる岐洲匠氏の母親がそれを引き当てている

関連項目

宇宙幕府ジャークマター ダイカーン
ハッテナー:昨年で飛田氏が演じた戦隊怪人で、同じく機械のコントロールを乗っ取る能力を持つ。

関連記事

親記事

ダイカーン だいかーん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「モズマ(キュウレンジャー)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 90

コメント