ピクシブ百科事典

あさしお

あさしお

あさしおとは国鉄によって運行されていた急行列車と、国鉄、JR西日本、北近畿タンゴ鉄道によって運行されていた特急列車の事である。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 列車名。国鉄によって運行されていた急行列車と、国鉄、JR西日本北近畿タンゴ鉄道によって運行されていた特急列車の二種類がある。本項で解説。
  2. 海上自衛隊潜水艦については→あさしお(潜水艦)へ。


その他、漢字表記の朝潮も参照のこと。

急行 あさしおの概要

1964年12月金沢駅出雲市駅を結ぶ急行として1日1往復の運転が開始された。
1968年に急行「大社」が新列車として設定されたため廃止された。 

特急 あさしおの概要

1972年京都駅~城崎(現城崎温泉駅)駅・倉吉駅米子駅間の特急列車として運行を開始した。使用車種はキハ80系であった。
運行経路としては京都駅から山陰本線宮津線を経由していた。
1982年には使用車種がキハ181系に変更となる。
1985年からは東舞鶴駅発着の列車(現まいづる)が設定される。
1996年、山陰本線園部駅福知山駅間、北近畿タンゴ鉄道福知山駅~天橋立駅間が電化されたことにより列車の大幅な変更が行われた。
それにより、城崎駅発着列車は特急「きのさき」に、福知山駅発着列車は特急「たんば」(→現在は「きのさき」へ統合)に、天橋立発着の列車は特急「はしだて」にそれぞれ移管され、あさしおは廃止となった。

使用車種

 羽越本線が電化され、従来白鳥いなほに充当されていた車両が転用された。

山陰本線(伯耆大山~西出雲)と伯備線の電化に伴い、従来やくもに充当されていた車両が転用され、廃止まで運用された。

関連タグ

スーパーはくと:京都駅~鳥取駅間を智頭急行経由で結ぶ特急列車
こうのとり:城崎温泉駅(豊岡、福知山方面)と新大阪福知山線経由で結ぶ特急列車
はまかぜ:現在餘部橋梁を渡る唯一の特急列車(大阪駅~鳥取駅

列車愛称 特急 急行 JR西日本

pixivに投稿された作品 pixivで「あさしお」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 89000

コメント