ピクシブ百科事典

吹田駅

すいたえき

大阪府吹田市に存在する、JR西日本東海道本線と阪急千里線の駅。両駅は600メートル離れている。
目次[非表示]

概要

大阪府吹田市にあるJR西日本東海道本線JR京都線)と、阪急電鉄千里線の駅である。両駅間は約600メートル離れており、乗換駅とはほぼ機能していない。

JR西日本吹田駅

1876年明治9年7月26日国鉄大阪駅-向日町駅間の開業の2週間後の8月9日に開業。同区間の途中駅としては開業時の高槻駅に次いで2駅目。

現在は各駅停車のみ停車。京都側には引き上げ線があり、国鉄末期まで各駅停車の半数が折り返していた。現在でも早朝に1往復、当駅発着列車が存在し、折り返し線を使用している。

アサヒビール吹田工場が隣接しており、かつてはここより貨物の取り扱いが行われていたが、1984年2月に隣接する吹田操車場の廃止と同時に、取扱が廃止。操車場も信号場に格下げとなり、長年大半の用地が放置されたままだったが、梅田駅貨物駅廃止に伴う移転で2013年に一部が吹田貨物ターミナル駅として開業している。
それ以外にもJR西日本の吹田工場、同貨物の吹田機関区など、現在でも鉄道に関する施設が数多く存在している。

前述通り、下記の阪急吹田駅とは600メートルの距離だが、阪急京都線相川駅とも1キロほどの距離にある。

阪急吹田駅

1921年大正10年4月1日北大阪電気鉄道の東吹田駅と西吹田駅として開業。国鉄線を挟んで約200メートルという近さでお互いのホームが見えていたという。開業時は東吹田駅付近に車庫が存在した。
その後、京阪電気鉄道に経営譲渡、新京阪、京阪と会社名を変えた後、1943年に阪神急行電鉄と戦時合併した際に、東吹田駅が吹田駅、西吹田駅が市役所前駅と改名。1964年に両駅が統合、市役所前駅の場所に新規開業の形で現在の吹田駅が誕生した。

その他

阪急吹田駅の梅田方をJR東海道本線が交差しており、お互い眺めることができたが、東海道本線の北側に吹田貨物ターミナル駅開業に伴う騒音防止のフェンスが設けられたことにより、JRから阪急吹田駅を眺めることは不可能になった。
なお、国鉄東海道線開業時は現在の阪急吹田駅-阪急京都線南方駅間を通っており、後に現在のルートとなり、旧ルートが北大阪電気鉄道に払い下げられている。

2019年延伸開業予定のJRおおさか東線南吹田駅はJR吹田駅から約2キロ離れており、吹田駅から南吹田駅にJRで行く場合は一端新大阪駅に出て折り返しになる。

関連タグ

JR西日本 東海道本線 JR京都線
阪急電鉄 千里線

相川駅阪急京都線):開業した時の駅名は「吹田町駅」で、1930年から1943年にかけては「京阪吹田駅」(京阪を入れたのが正式名称)だったこともある(この後、前述の1943年の戦時合併の際に「吹田東口駅」に改称され、1954年に現在の駅名となっている)。なお、[[大阪市東淀川区に存在する。

吹田市 アサヒビール

日本の同名駅一覧

pixivに投稿された作品 pixivで「吹田駅」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15

コメント