ピクシブ百科事典

能条光三郎

のうじょうこうざぶろう

漫画「金田一少年の事件簿」の登場人物。
目次[非表示]

概要

小説版『金田一少年の事件簿』第1巻の登場人物。
声優:平田広明劇場版アニメのオペラ座館・新たなる殺人に登場

人物

劇団「幻想」所属の若手スターで黒沢美歌(オペラ座館オーナー・黒沢和馬の娘)の元婚約者。27歳。
表向きでは男でも目を見張るほど美しい風貌を持つイケメン…だが裏の顔では愚劣かつ外道
女癖が悪く、かつての劇団員やファンに手を出しているという噂が絶えない。実は美歌も能条にフられたのが原因で自害した、などという噂まである。
誰彼構わず罵り、能条聖子の死に対してもわずか1日で些細な事とばかりに吐き捨て、師である黒沢にすら暴言を吐くその姿は金田一一に醜悪さを感じさせるほどのものだった。

3人目の標的としてアイスピックのような刃物で襲われ、自身がクリスティーヌの恋人ラウルに加えて演じていた、大道具係のジョセフ・ビュケに見立てられ首をで絞められかけるが、金田一らの介入で事なきを得た。


ネタバレ











おれは美歌を愛していたんだ、美歌は、おれの人生のすべてだった。その気持ちは、今も少しも変わっていない
黒沢先生。どうでしたか、おれの演技。少しは、巧くなりましたか?

オペラ座館・新たなる殺人の真犯人「ファントム」その人である。

上記の様な愚劣かつ外道な所は全て演技であり、本来は黒沢美歌への愛と黒沢和馬への尊敬を抱いた誰よりも実直な青年である。彼が下劣な男を演じていた理由、それは4年前彼の下に届いた黒沢美歌の遺書が始まりだった。そして4年後に真上寺(旧姓)聖子、緑川由紀夫、滝沢厚の3人を殺害した。しかし、これらの被害者は信じられないほどの極悪人であり吐き気を催す邪悪そのものだった(ここに記すことすらはばかられるほどの「悪行」により美歌は命を落とすことになっており、どうしても読みたい方は各自検索のこと。さすがにヤバすぎる内容のため劇場版では差し替えられている)。
殺人は決して肯定されるべきではないが、彼の気持ちを思うと他に選択肢があったのだろうかと思えてしまう。

最後は金田一によりその本性を暴かれ、「ビデオテープを誰にも見せずに始末する代わりに真実を話す」という約束を守った剣持勇にテープを渡されそれをに破棄、4年続けてきた『悪党・能条光三郎』の演技を終えて舞台から降りていった。
裁判第一審では無期懲役刑が科される予定らしく、黒沢は能条の社会復帰を心より望んでいる。

またこの事件以降にも、実直な性格でありながら外道を演じ、自分を被害者側の人間と思わせた上でそのまま命を絶とうとした犯人たちも現れ、彼らを「能条タイプ」と呼ぶ読者がいる事から能条光三郎が読者に与えた影響は大きいと言える。

4年間演技を続けてきた執念、終盤まで登場人物のほとんど(と読者)を騙し、その本質が高潔だったギャップから『金田一少年』の中でも人気の高い犯人である。なお声優の平田広明はTV版のいつき陽介を演じてる。


関連タグ

金田一少年の事件簿 歴代ファントム 平田広明
檜山達之 椎名真木男 毒島陸 月見里光(4人は上記の能条タイプに分類される犯人である)
六星竜一 遠野英治(こいつらは逆能条などと言われている犯人)

pixivに投稿された作品 pixivで「能条光三郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3538

コメント