ピクシブ百科事典

クイーン・エリザベス

くいーんえりざべす

英語でエリザベス女王あるいはエリザベス王妃を意味する。
目次[非表示]

曖昧さ回避


戦艦「クイーン・エリザベス」

【合作】英戦艦 クイーン・エリザベス


クイーン・エリザベス級戦艦1番艦。
1915年竣工。姉妹艦はウォースパイトヴァリアントバーラムマレーヤ
あだ名はビッグ・リジー(Big Lizzie)。(LizzieはElizabethの愛称だがアメリカ英語ではレズビアンの意になる)

日本の金剛型戦艦やアメリカのニューヨーク級、ドイツのマッケンゼン級(未成)を凌ぐ15インチ砲を積む戦艦として建造された。
船体中央部の砲塔を廃し、そこに石炭より出力を得易い重油専焼機関を積み、最大速度は25ノットで当時の巡洋戦艦並み。高速戦艦のはしりとなり、日本の長門型の設計にも影響を与えた。

第一次世界大戦ユトランド沖海戦では、姉妹艦4隻がその高速を生かして巡洋戦艦隊の危機に駆けつけたが、クイーン・エリザベスは整備中で参加できなかった。

第二次世界大戦でも旧式戦艦としては高速であり、大規模な改修を受け、各地で活躍した。
1941年12月18日、アレクサンドリア港に停泊中、イタリア海軍人間魚雷マイアーレ)によって大破着底させられたが、アメリカで修理が行われた。
修理後はインドネシアの日本軍基地攻撃に参加し、1945年5月には戦艦リシュリューとともに羽黒迎撃のために出撃したが、会敵することはなかった。

1948年7月7日に除籍され、スクラップとして売却。


戦艦少女の「クイーン・エリザベス(伊丽莎白女王)」

こちらこちらを参照。

伊丽莎白女王



空母「クイーン・エリザベス」

イギリス海軍のクイーン・エリザベス級空母1番艦。
姉妹艦「プリンス・オブ・ウェールズ」と共に建造中。非原子力ながら基準排水量45,000tという巨大な艦船である。


客船「クイーン・エリザベス」

船名はエリザベス・ボーズ=ライアンイギリスジョージ6世の妃、エリザベス2世の母)に由来する。

初代

1940年就航の遠洋定期船。20万馬力の出力により32ktの高速を誇った。
既に第二次世界大戦中であり、イギリス海軍に徴用されて兵員を輸送。高速のため、護送船団なしでも潜水艦の脅威を回避できた。
大戦後、キュナード・ライン社が北大西洋航路に投入したが、ジェット旅客機の出現で巨大な「クイーン・エリザベス」は採算が取れなくなり、1969年に引退。
1972年1月9日、香港で洋上大学へ改造中に火災を起こして沈没。1975年に解体。
排水量83,673t、全長314m、全幅36m、旅客定員2,283名、船員1,000名。

二代目(「クイーン・エリザベス2」)

1969年就航。キュナード・ライン社の遠洋定期船。「クイーン・エリザベス」の採算割れの反省から小さいサイズで作られ、パナマ運河も通過可能。
大西洋定期横断航路からの撤退後はクルーズ船として使用され、2008年に引退。
2017年現在はドバイに係留中。
排水量70,327t、全長293.5m、全幅32.03m、旅客定員1,778名、船員1,016名。

三代目

2010年就航。キュナード・ライン社のクルーズ船。
最高速力は23.7ktで、先代・先々代のような遠洋定期船としての機能はない。
排水量90,400t、全長294m、全幅32.3m、旅客定員2,092名、船員900名。


関連タグ

エリザベス女王 クイーン・エリザベス級戦艦 クイーン・エリザベス級空母
戦艦少女 アズールレーン

pixivに投稿された作品 pixivで「クイーン・エリザベス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 475672

コメント