2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

イナズマイレブンおよびイナズマイレブンGOのゲームでスカウトによって仲間にできるキャラクターを指して使われる。
pixiv内では他のチームから引き抜いた選手や人脈で勧誘できる仲間も一括りにされている模様(なお、公式的にはライバルチーム所属キャラとスカウトキャラは別扱いである)。
要キャラなどと違ってストーリーに関与しない彼らの情報は名前と外見と2行のプロフィール、スカウト時のセリフくらいしかない。
モブキャラクターでなくとも、特定のチームに所属していない場合は便宜上、スカウトキャラクターとして扱われている。

GOシリーズでは一部のキャラクターの顔が動くようになったが、連動キャラなど特別なキャラでなければ基本的に動くことはない。なお、『イナズマイレブンGO2』ではちゃんとその時代に合わせた衣装に切り替わる。

彼らとはサッカーバトルや対戦ルートといった試合で出会う事になる。GOシリーズではランダムエンカウントから話しかけたり、追いつかれたりする事でバトルが開始されるシンボルエンカウントに切り替わった。
中には奈良最強さんやラクダといったストーリー中、必ず仲間にしなくてはいけないキャラもおり、彼らには個別の会話シーンも存在する。『2』ではエイリア学園に操られるという不憫な扱いをされる事も…。

仲間にする方法は1から2ではスカウトや人脈マシン、wi-fi配信であったが(ただし、バインダーに登録している事が条件)、3からは人脈システムに加え、特定のコイン(赤、青、黄)を使うガチャスカウト(勿論、結果はランダムである)、バトル後の結果によるランダムスカウトになった。
GOでもランダムスカウトは残っているが、キズナックスという仲間にするための条件を記載したカードを購入し、条件を満たし次第、呼び出して仲間にするという方式に。条件として特定の選手、試合でランダムドロップされる「キズナックスアイテム」、特定の写真で撮れる写真や、特定の場所で聞ける話題が必要となる。

引き抜き可能なキャラ総数はイナズマイレブン3までで2000人以上、イナズマイレブンGOでは一新されて1000人という莫大な仲間にできるキャラ数がゲームの売りの一つとなっている(うち数百人はストーリーキャラだが)。

はっきりいってストーリーでの扱いはモブキャラ同然であり、アニメにも登場するライバルキャラクターほど性能面は凝られていないんだろうなぁ…と思いきや、そんな事はない。
確かに性能が特別高くない選手もいるが、即戦力級になる選手も一定数おり、むしろ対戦を勝ち抜く為にはスカウトキャラの性能を熟知している必要がある。

また、デザインもイケメンに美少女、ネタキャラと個性派揃いであり、中にはデザインが他のキャラクターのリデコであったり(操作アイコンが既存のキャラのリペイントであるのはザラ)、ミキシマックス後の姿に流用されたりする事がある。それゆえに彼らのファンもかなりの数が存在している。
しかしながら、各々は別人であり、ネーミングセンスもリアルにいそうなものから、ライバルチームにいそうな無理矢理すぎるものもあったりとプロフィールも一人一人凝っている。
選手バインダーや1でのサッカーバトルのチーム名表示を見る限り、全員がサッカー部というわけではない様子。

また、特定のコンセプトでデザインされたキャラもおり、一例としてシャイン版(レッドS)やダーク版(レッドDなど)までいる戦隊系(レッド〜ピンク)、星座系(ヴァーゴなど)、昆虫系(サソリなど)、妖怪系(こなきなど)、天気系(タイフーンなど)、動物系(トラなど)、四神系(ドラゴンなど)など。
デザインではないが、名前が一定の法則になっているというパターンもある。例として四神+四季系(すざくなど)、都道府県・旧国名系(とうきょうなど)など。コレクター欲を刺激されたという方も多かったのではないのだろうか。

日本人選手が大多数だが、外国人も一定数いる。
イナズマイレブンGOシリーズではサスケ()やマスタードラゴン(擬人化された)、クララJ(擬人化された台風)、ビッグとトーチャン(身体は人間の恐竜人間)、おそろしい影(ラトニークのマドワシソウの影法師。『GO2』のボスキャラにミキシマックス素材として使うと「遺伝子」系や「くろいばら」の代替品になる)、サッカーロボなどの人外や最終作の『イナズマイレブンGO3』でははなんと『グランド・セレスタ・ギャラクシー』に参加した星の住人まで仲間にできるようになった…まさに超次元。引き抜きキャラを含めるなら吸血鬼狼男もいたのだが。でも意外な事に妖精はいない。
まあ、『3』時点でも河童がいたのでそこまで気にする事でもないか。

『GO2』では歴史上の偉人ご本人も仲間に出来てしまう(該当者は時空最強イレブンのオーラ提供者の他、木下藤吉郎ラ・イールジル・ド・レ関羽張飛曹操近藤勇中岡慎太郎)。

タカラトミーとのコラボではTCGを意識した郭張箔、角塚王是、芙愛瑠宇、山札始、属性賀熱血、属性賀疾風、属性賀特殊、属性賀組織、チェアマン、凄井アタリ角塚手御那が、くら寿司とのコラボでは新鮮太助、フレッツ光とのコラボでは風烈隼光ナムコとのコラボでは名村宏、マクドナルドとのコラボでは火板蛍子TSUTAYAとのコラボでは雷轟レツヤなど、スカウトキャラの中には企業とのタイアップで生まれたキャラも多い。コロコロコミックとのコラボではサガミネーター、『GO』シリーズからはじーさんお菓子刑事を仲間にする事ができた。

レベルファイブ作品内とのコラボでは『GO』シリーズにてレイトン教授シリーズよりエルシャール・レイトンルーク・トライトンレミ・アルタワダンボール戦機シリーズより山野バン大空ヒロ瀬名アラタ妖怪ウォッチより天野ケータ木霊文花が参戦。
また無印1でのみ敵キャラとしてアロマ・ラインフォードチェルミードン・ポールアンソニーが登場した。

スカウトキャラリスト

(記事のあるキャラは追加お願いします)
※太字はアニメ本編で登場。

イナズマイレブンから

宮坂了 闇野カゲト(シャドウ)
多摩野五郎(たまごろう) 東京 大谷つくし(ゲーム2からスカウトできる)
速水真刃 サガミネーター 雷鳴仁 宇院武流人 紫電戒 冷泉錐 雷電真太郎 町田禄郎 塗壁保

イナズマイレブン2から

中谷真之 支倉美月 歌舞天寺洋 芙愛瑠宇 猿渡智哉 江波静恵(しずちゃん) 沼上泥江(ピエローヌ)

イナズマイレブン3から

月野楽太 乙女乃スピカ 中目栞 捨札終 山札始 綺羅光門彦 波久奴花王瑠 五所涼太 亀崎河童

イナズマイレブンGOから

雁谷咲美寿 凄井アタリ 角塚手御那 麻布良一 真次仁志(マジジン)

その他

スカウトキャラのうち、何人かはモデルが存在している。

名前モデル
サガミネーター佐上靖之(コロコロコミック7代目編集長)
デカ大島一範(コロコロコミック編集部員)
トンニーノ山崎徹(T-Pistonz+KMCのボーカルで通称「トン・ニーノ」)
ドンドン・リンゴ(T-Pistonz+KMCの旧ドラム)※無印1のみの登場
マイマイ周舞々(T-Pistonz+KMCの旧ダンサー)
エビリーナエビリーナ(T-Pistonz+KMCの旧ダンサー)
エイブラザー・エイ・キング(T-Pistonz+KMCの旧ギター)
ヒデブラザー・ヒデ・キング(T-Pistonz+KMCの旧ギター)
チキータイン・チキータ(T-Pistonz+KMCのダンサー)
ヒロシ山崎弘(T-Pistonz+KMCの作詞作曲で通称「ヒロシ・ドット」)
ケイエムシー天本義人(T-Pistonz+KMCのラッパーで通称「KMC」)
ヒデナカタ中田英寿
キャプ清水佐紀(Berryz工房)
ピーチッチ嗣永桃子(Berryz工房)
りしゃこ菅谷梨沙子(Berryz工房)
みーや夏焼雅(Berryz工房)
まあ須藤茉麻(Berryz工房)
ゆりな熊井友理奈(Berryz工房)
ちーちゃん徳永千奈美(Berryz工房)
パンツ松下リク(『イナズマイレブン2脅威の侵略者ファイア/ブリザード』大会優勝者)
セキヤン関谷名人(イナズマイレブン公式名人)

余談

ゲームでは主力として使っている人も多いだろうが、各シリーズのアニメには殆ど登場しておらず、一部のキャラが作品中モブキャラとして登場している他、3期FFI決勝の対コトアール戦前に世界選抜に選ばれず残留した雷門サッカー部のメンバーが、決勝戦のエールとともに大会で活躍している円堂達の影響により部員が増えたと報告した応援ビデオレターの背景には多数のスカウトキャラが細かいながらも出演し、前週の次回予告からスカウトキャラファンをざわつかせた(※)。
しかし、キャラ数がやはり多く登場したのは一部だったためか、スカウトアニメ化と言うタグの付いたイラストが投稿されたりする。

(※)映っていたキャラは次の通り。
明智光(あけち)、阿修羅三夫(あしゅら)、有里労人(アリ)、有海直央(アルミ)石倉輝信(いしくら)、伊勢隼人(いせ)、臼引十兵衛(じゅうべえ)、黄田嵐(おうだ)、沖田創(おきた)、音下重樹(おとした)、風切彰(かざきり)、兜角雄(かぶと)、鎌井達夫(かまい)、菖蒲畠也(しょうぶ)、鴨川武一(かも)、髪切徹也(かみきり)、楠木昌成(くすのき)、黒川真夜(くろかわ)、桑形刃(くわがた)、小手川練(こてがわ)近辺十馬(こんぺいと)、西郷隆(さいごう)、調判次(しらべ)、白馬涼(しろま)、世良一期(いちご)、鷹桐凱(タカ)、高杉晋太郎(たかすぎ)、伊達竜(だて)、団土弾(だん)、寺野竜(てらの)、長門司(ながと)、那須与一(よいち)、箸井邦明(ハシ)、速水真刃(マッハ)、日々原納(ひびはら)、富嶽厚志(ふがく)、富良民吾(フラミンゴ)、細井高(ほそい)、前田剛(ごう)、三国賢士(みくに)毛利元気(もうり)、森石松(いしまつ)、矢地伊久夫(やじ)、大和進(やまと)、雷鳴仁(らいめい)、烈風金道(れっぷう)、六甲嵐(ろっこう)(以上、50音順)

2016年に発表された新作「イナズマイレブンアレスの天秤」で登場するスカウトキャラの情報は全く無く、2022年に改題・リメイクとして発表されたイナズマイレブン英雄たちのヴィクトリーロードについても過去作のスカウトキャラが登場するかどうかは現状不明となっている。

関連イラスト

これが俺のベストイレブンだ!!
スカウトちゃん



関連タグ

イナズマイレブン イナズマイレブンGO
スカウトアニメ化 奈良最強
(キャラクター名のタグはきりがないのでここには挙げていません)

関連記事

親記事

イナズマイレブン いなずまいれぶん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「スカウトキャラ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「スカウトキャラ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3417070

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました