ピクシブ百科事典

源元気

げんげん

源元気とは「げんげん」のハンドルネームで活動するバーチャルYouTuberである。
目次[非表示]

プロフィール

名前源元気(みなもと げんき)、げんげん
年齢本名とか歳とかは内緒な
好きなこと筋トレ野球YouTube
好きな食べ物ラーメンギョウザ牛乳麺類肉まん


概要

美少女の多いバーチャルYouTuberの中でも際立つ、ガタイのいい青年。
好きなことは筋トレで、体格がいいだけでなく、かなり見事な筋肉の持ち主。
坊主頭で木訥な印象を受ける。上記の通り「源元気」が本名だが後述の動画の都合や、
愛称として呼びやすいためか「げんげん」というハンドルネームの方が広まっている。

作者は「コウノスケ」氏。コウノスケ氏は自身がゲイである事を公表しており、げんげんは同性愛者のファンを意識したキャラクターとして制作されている。但しあくまで「ホモを意識」しただけであり、げんげんや動画の内容自体はホモではなくノンケ向けである。また他のバーチャルYouTuberでは3Dモデルによる動画が多いのに対し、源元気の場合はコウノスケ氏による2D画像を元に「Live2D Cubism」というソフトウェアを利用して作成されたアニメーションとなっている。

動画第一作では最初に本名を名乗りつつ、後のほうになって「本名とか年とかは内緒な」と言う天然なところがある。同様に彼が所属する部活動では買い食い禁止だが、帰りにコンビニで肉まんを食べている事を動画で言ってしまっている。
台本なしで初めて撮影したものとはいえ、おっちょこちょいな所があるようだ。名前を言ったところを修正や取り直しせずそのままネットにあげるあたり細かいことには気にしない大らかさもあるのかもしれない。性格に関してはポジティブかつ楽観的で、どんな状況でも明るく努める好青年。また関西人らしくひょうきんな一面もあり、度々自分で言った冗談にセルフツッコミを入れ、自分で笑う。

学生で野球部に所属している。「買い食い禁止、炭酸(飲料)禁止、チャリ通(自転車通学)禁止、髪伸ばすの禁止」とかなり厳しい規律で、げんげんも「頭おかしいんとちゃうか」と言う程だが、本人は野球を楽しんでいる様子。

筋トレ中にYouTubeを見ていたのがきっかけで自分もやってみようと思い立ったとのこと。
有名になったらオフ会して、みんなと筋トレしよう、と展望を語る。

そして2作品目以降

続編が投稿される度に動画を配信している世界観が変わり異なる姿を見せる投稿スタイルということが明らかとなった。言わば「架空のYouTuberを題材にした短編ドラマ」に近い。

他のバーチャルYouTuberがゲーム実況や視聴者との交流が多いのに対し、このコロコロ世界観やげんげん自身も変わる独自の背景設定が「世界観リセマラ」「世界線ガチャ」と例えられ、元々のゴツさや強烈な台詞回しも影響し、強烈な印象を与え話題になった。

特に3作目の動画に関しては、
・混乱した状況の中、パニックになり自分の部屋に入る
・「美人のオーナーさんと殺された男が口喧嘩をしているところを見た」「現場で女物のピアスを拾う」というオーナーが犯人である事を示す証拠
・「オーナーさんが食事を部屋に持ってくる」と発言し動画を切り、動画説明欄にも「なんかすっごい眠いんよなあ。疲れが出たんやろうなあ」というコメント

など、ミステリーものでよくある分かりやすい死亡フラグを連続して立て、犯人のオーナーが食事に睡眠薬を混ぜ眠らされ証拠隠滅のためげんげんが殺された事を示唆する展開だった為に世界観が毎回変わってるのが毎回げんげんが殺され転生しているのではないかと考察する人が続出した。この衝撃的展開が話題となり、チャンネル登録数が急上昇したり、twitter等で「げんげんです」から始まる語り口を大喜利化したネタが多数投稿される等の人気を博する事になった。
当然ながらこの大喜劇のネタの大半は他作品の物語上死ぬキャラクターや不穏な展開なモノばかりである。

ちなみに3作目でげんげんを殺したと推測される女性のオーナーが、同じバーチャルYouTuberであり、猟奇的・狂気的な言動から何かと話題だった電脳少女YouTuberシロであるとネタにされることが多く、「あらゆる世界線でシロに殺される」など物騒な考察まで為されており、twitterでもシロとのカップリングイラストがよく投稿されている(無論殺される側で)。

各話リスト(ネタバレ注意)

投稿No動画概要・げんげんの設定詳細
1新人YouTuber源元気もとい「げんげん」の自己紹介。自室から半裸で撮影。
2西側の人々に向けて、第三次世界大戦終戦30周年の抱負を語る同志げんげん。有る筈のない出来事が起きた結果、赤い主義の下で監視下に置かれている。高校一年生。好物はピロシキまん。
3クローズドサークルに囚われたげんげんからのビデオレタースキー旅行先のペンションに猛吹雪で閉じ込められた状況で殺人事件に出くわし他の宿泊客が独自に捜査を開始する中、怒涛の死亡フラグを立てる。
4魔王げんげん」ことゲーニッツ=ゲンガッシュバルト29世から人類への降伏勧告。闇の玉座にて撮影。饗膳は人肉まん。
5肉体を捨ててデータ化したバーチャルYouTuber「げんげん」の脳トレ講座。AIを崇めるサイバーディストピアに組み込まれた模様。背景設定に加えて、この回はlive2dではなく3Dモデル(川島教授似)を使っており、名実ともにバーチャル化を果たした。嗜好品はバーチャル肉まん。
6ナウでヤングな投資家げんげんバブル景気真っ只中、ディスコにて撮影。「会社を辞めた」発言から推察するに高校生ではない模様。好景気に浮かれて地に足の付かない生活を続けているようだが……
7失われた世界が広がる無人島で救助を待つ、源元気からのボトルレター。ボトルを拾ったコウノスケ氏による投稿(という体裁の)動画であり、録画のタイムスタンプは約10年前のものとのこと。
8海外逃亡を企てる怪盗「げんげ……謎の怪盗G」。輸送中の金塊50㎏を盗み、今までに稼いだ分の金銭を積み込んだ仲間の船と港で落ち合うことになっているが……
9暗黒宇宙帝国のパイロット、源元気二等兵。初めての実戦投入の際に撮影。親の反対を押し切り、共和国から帝国を守るために軍人になった。長い間訓練を積んできた相棒の、機能の安定した量産機とともに戦う。
10修学旅行中に突如バトルトロワイヤルに参加させられる。温厚な性格ゆえ同級生を殺すことを拒み、話し合いを試みるつもりだが……?
11時空の歪みに向かって話しかける原始人げんげん。だんだん寒くなってきているが、伝統的な裸の暮らしを続けていく。
12牧草地の警備をするカウボーイげんげん。牛泥棒が出ると聞いていたが、平和な毎日を過ごしている。最近の暇つぶしは牛泥棒が来たぞー!と騒いで回ること


公式動画



外部リンク

製作者のコウノスケ氏が飽きてしまったのか、現在は活動停止中。
youtubeの公式チャンネル
ニコニコ動画のコウノスケ氏マイリスト
コウノスケ氏twitterアカウント

関連タグ

バーチャルYouTuber live2d AITalk
高校球児 関西弁 ガチムチ
パラレルワールド ループもの 死亡フラグ

pixivに投稿された作品 pixivで「源元気」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 76860

コメント