ピクシブ百科事典

3100形

さんぜんひゃくがた

鉄道車両の形式のひとつである。
目次[非表示]

小田急電鉄3100形

小田急3000形(初代)に次ぐロマンスカー。車両愛称はNSE(=New Super Express)。輸送力増強のために1963年に登場。ロマンスカーで初めて先頭部を展望席にした。11両連接車を7編成新造。

1977年からその翌年までに冷房能力向上のための冷房装置の増設を、1984年から1988年までにリニューアル工事を実施。小田急30000形EXE投入開始に伴い、1996年から廃車が始まり、1999年に定期運用離脱。

第4編成(3161編成)は小田急の開業70周年記念のため、イベント車両「ゆめ70」として1997年に改装。この編成が3100形として最後まで残り、2000年に引退して形式消滅となった。

現在は第7編成(3221×11)が6両編成に短縮された状態で喜多見検車区に、3181号車が小田急小田原線開成駅前に保存されている。

余談となるが、初代3000形SE車、3100形NSE車は全ての扉が手動であった。なぜ自動扉ではなかったし。

京成電鉄3100形

いわゆる京成の「赤電」3000系列の一族である。1960年から1962年にかけて2両編成16本が製造された。1980年から1982年にかけて4両編成化を、1987年から1989年にかけて冷房化改造を実施。

京成3700形に置き換えられ1996年に引退。前後して3121・3122、3125~3128の6両は千葉急行電鉄へ貸し出し(リース)となり、1998年まで使われその後廃車となった。

広島電鉄3100形

メイン画像の車両。広島電鉄にて新造された2連接車両の2500形(1961年登場)を1985年・1986年に3連接車両に改造し3100形に改番した。3編成在籍。吊り掛け駆動

箱根登山鉄道3100形

両運転台車であった3000形に対し、3100形は片運転台・2両固定編成となっている。2017年登場。片運転台になったことで連結部分も展望スペースとした。

関連項目

鉄道 電車 鉄道車両の形式の一覧 3100系 連接車

pixivに投稿された作品 pixivで「3100形」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 430

コメント