ピクシブ百科事典

ギーウィ・ニューズィー

ぎーうぃにゅーずぃー

『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』に登場する、ギャングラー怪人の一人。
目次[非表示]

助手の方は恐怖で気絶したそうだ。1人で頑張るしかないとは、気の毒に…」
「キッヒッヒッヒ…。無駄な人間は減るし、支配した世界は緑に溢れる。一挙両得じゃないか!」

人間態・CV:枝川吉範/スーツアクター:井口尚哉

データ

身長/189cm(巨大金庫身長/47.3m)
体重/203kg(巨大金庫体重/507.5t)
犯罪歴/危険物違法販売
犯罪技/ラッキーペンダント
ルパンコレクション/「逃亡せよ~L’évasion~」

概要

幸運を操作する人食い植物を扱うギャングラー怪人
ウシバロック・ザ・ブロウと共にライモン軍団の一員として、ステイタス・ゴールドのライモン・ガオルファングに仕えている。立場上はライモンの部下であるが、上下関係はあまり無く、彼の事を「お前」呼ばわりしている。
キーウィに似た姿で、植物の葉の意匠が随所に取り入れられた緑の帽子と外蓑に身を包んだ剣士の様な格好をしており、両肩は大きな卵の殻の様になっている(実際、キーウィの卵は他の鳥類の平均と比べて6倍もの大きさである)。
キーウィ特有の長い嘴をした顔もペストマスクの様な仮面で装飾され、笑い方も「キッヒッヒ」とキーウィに因んでいる。
コルク栓抜きを思わせる螺旋状の刀身を持つレイピア危険抜き剣『リスクスクリュー』で武装、鳥足その物の左手から光弾も撃てる。

所持している誘導棒ルパンコレクション「逃亡せよ~L’évasion~」はあらゆる攻撃の軌道に干渉して捻じ曲げ回避する事が出来る厄介な代物(銃弾の軌道は勿論、近接武器の軌道も曲げる事が可能)で、これで自分への攻撃を回避して逃げ回りつつ反撃するトリッキーな戦法を取る。
ルパンコレクションを納める金庫は腹部にあり、暗証番号は「192」。

人間界では怪しげなクラブのオーナーの化けの皮を被り、幸運を操作する力を持つ植物で作ったペンダントを売り捌いていたが、これは身に付けた者に次々と幸運を呼び寄せる代わりに持ち主がラッキーパワーを使い果たすとペンダントから生やした蔦で持ち主を覆い尽くし、生体エネルギーを吸って養分にしてしまうという悪質極まりない代物。この一連が自身の犯罪技である『ラッキーペンダント』であり、この能力で人間を滅ぼし世界を緑に包もうと目論む。
養分にされた人間はいずれ命を落とす上、VSチェンジャーで蔦を払っても即座に新しい蔦が生えて来る為、ペンダントを完全に破壊するにはギーウィを倒すしか方法はない。

緑を愛するエコロジストではある物の、その為に人間を植物の肥料にする自身のやり方を上記の台詞の様に悪びれずに語っており、価値観は歪んでいる。
また、ルパンコレクションの力でほぼ無敵の防御力を維持できる為か、常に何事にも余裕の面持ちであり、よく左手を後ろに回しながら戦っている。しかしその能力を過信し依存しきっているが故に、意表を突かれる様な事があると何も出来なくなる等、メンタルは少々弱い。

活躍

#23

ギャングラー本拠の洋館に現れ、幹部陣の集まる大広間でライモンウシバロックと勝手に酒盛りをしていた所ドグラニオ達と対面、相手を挑発した。

その後、ウシバロックの主催する自身の専属料理人選抜戦へ審査員としてライモンと共に付き合う。
しかし、ウシバロックの誘拐した料理人はアジトへ潜入する為に囮捜査を決行した透真ノエルであり、ルパンレンジャーとなった二人とウシバロックが交戦。
騒ぎに気づき、ライモンと共に戦いに加勢し半ば遊び感覚で立ち回る。その内にライモンが透真/ルパンブルーを攻撃してチェンジを解除させるが、直後に不利を悟ったノエル/ルパンエックスがXロッドソードの刀身からフラッシュを放ち目晦まし、その隙に逃走された。

直後、料理対決においてウシバロックと透真の料理を実食。因みに彼は嘴で吸って食べていた。
いつも通りの味付けであるウシバロックの料理は自分たちの好みの味を把握していると褒める一方、対する透真の料理はそれ以上に美味しくライモンと一緒に歓喜し料理を完食。
透真を攫ったウシバロックに「よくこんなシェフを見つけてきたな」とすっかり上機嫌で、ライモン軍団の新たな料理人として透真を出迎えた。

これにひどいショックを受け、料理人としてのプライドが傷つけられたウシバロックが透真へ嫉妬して襲い掛かり、ノエル共々快盗としての正体を明かした相手と交戦。そこへルパンレッドルパンイエローも来たので自身達も加勢、ウシバロックがブルーとルパンエックスと戦う傍らで、腹ごなしにライモン共々レッドとイエローと交戦。
しかし快盗二人へ対しては優位に立ち回り、自身のルパンコレクションVSチェンジャーの銃撃を逸らした隙にライモンが爪からの斬撃を浴びせる。これをかわせず直撃した相手を見て倒したと確信しその場から立ち去るも、レッドは咄嗟にシザーシールドを召喚、攻撃を防御した事で危機を凌いでいた。

#24

その後、自身のアジトの一つであるクラブに戻り、化けの皮を被ってペンダントを売り捌いていた。
しかしペンダントを購入した客の3人がビストロ・ジュレでペンダントの事を話したことで、ギャングラーの匂いを嗅ぎつけた魁利がクラブに乗り込んでくる。
当初は魁利を新たなカモと思ってペンダントを渡すが、「こいつ使って何企んでんの?」と目的を問われ、はぐらかそうとした時、ギャングラーがこの店に潜伏しているとの情報を得たパトレンジャーが強制捜査の為店内へ現れる。
そんな事態でも余裕なギーウィは自ら化けの皮を脱ぎ、スタッフに化けさせていたポーダマンにパトレンジャーを任せてその場を去ろうとする。パトレンエックスルパンエックスに快盗チェンジしての銃撃も、死角から発砲したパトレン1号パトレン2号の攻撃をもコレクションの力で難なくかわし、左手からビームを放って目眩しし「運が良ければ、また会おう!」と悠々と立ち去る。
魁利は上記の会話の間にペンダントを手に入れていたが、戦闘が始まった時つかさ/パトレン3号に見つかり、危ないからと店の外へ連れ出された事で、ペンダントは彼女に没収されてしまった。

この一件でアジトの場所と化けの皮の顔も割れてしまった為、ザミーゴに連絡を取り新しい化けの皮を購入。
その一方でバラ撒かれたペンダントが次々に発芽して犯罪技が発動、所有者を蔦で飲み込み被害を瞬く間に広げた。その間ルパンレンジャーはコグレが集めたギーウィのアジトの関係のある不動産情報から場所を割り出し、ギーウィの元へと駆けつけ快盗チェンジし交戦する。
一方パトレンジャーもジム・カーターが町中の監視カメラの映像から化けの皮の姿を探した事で居場所を特定して駆けつけるがすでに戦いが始まっていた為、警察チェンジしそのまま戦いへとなだれ込む。

両戦隊と交戦する事となったギーウィだが、ルパンコレクションの力で相手の攻撃をかわしながら悠々と立ち回る。それに対し、つかさが変身した3号が以前取り上げたペンダントが犯罪技の起点である事を見抜いたレッドは3号が取り出していたペンダントをひったくって自分が装備。そのままVSチェンジャーを発砲すると、ギーウィが捻じ曲げた弾丸が跳弾してギーウィに当たると言う幸運が発生。「よっしゃ、ラッキー」とどこかで聞いた様な台詞を呟きつつその状態で銃撃を浴びせ続けギーウィの動きを止めるが、その反動で自分も蔦に飲み込まれて行く。
だがそのチャンスを逃さなかったブルーが接近、金庫へダイヤルファイターを押し当てルパンコレクションを盗り出す。
これにより無敵の回避能力を失い無防備になった所を、パトレンエックスから渡されたグッドストライカーの力でチェンジしたパトレンU号の『イチゲキストライク』と、パトレンエックスがXロッドソード十手モードから放つ『エクセレントエックス』を同時に撃ち込まれ敗北。同時に蔦が枯れ、レッドを含め取り込まれた人達も助かった。

直後に現れたゴーシュから、「アンタまでやられたら、ライモンが寂しがるわよ」と言われつつ巨大金庫を施され復活。パトカイザーエックスエンペラーガンナーと交戦するもガンナーのガトリング砲に圧倒され、苦し紛れに左手より放った光弾もエックスエンペラースラッシュにチェンジされてかわされ更に追撃される。
結局手も足も出ないまま、最後は『パトカイザー弾丸ストライク』と『エックスエンペラースラッシュストライク』を同時に喰らい、「俺の緑の楽園がー!!」と言い残して爆散した。

しかしこの巨大戦は、傍らのビル屋上で取引をしていたライモンとザミーゴに見物されていて、彼が倒された直後、「寒っ!ギーウィの奴負けちゃったよ」とザミーゴになじられ、配下の不甲斐なさにライモンは憤慨、自ら超巨大化して2体のロボへ攻撃を仕掛けた。

余談

名前の由来はそのままモチーフとなったキーウィと、それを国鳥とする国ニュージーランド(因みに1970年に天王寺動物園へ最初に送られて来たキーウィの名もニュージー君だった)。
キーウィをモチーフとした怪人は戦隊怪人どころか、特撮怪人全体でも今回が初。
ギャングラー共通の骨の意匠は背骨と両肩(卵の殻)にある。また、レンズの様な目をよく見ると、キーウィの名前が由来になった果物のキウイの断面図になっている。

スーツはピッチ・コックの改造。全身を纏う外蓑により判り難いが、特徴的な左手や足元のデザインはリペイントされつつもそのまま残っている。
その後、#31に登場するヨシー・ウラザーへと再改造された。

ルパンコレクションのモチーフは『烈車戦隊トッキュウジャー』のユウドウブレイカー。軌道を乗り換えさせてという部分と乗り換え変身を駆けている。
また、トッキュウジャーが戦ったシャドーラインの幹部・ネロ男爵はギーウィと同じく顔がペストマスクになっている。
名前の由来はBonJoviの楽曲「ランナウェイ」と思われる。

東映公式サイトのあらすじや説明などの文章では「ギーウィー」という誤字で紹介されている。

演者が人間態と声を兼任するギャングラー怪人としては6人目だが、こちらは初登場が声のみの出演で人間態での出演が次回と言う変則的な登場の仕方となった。

関連タグ

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー ギャングラー ギャングラー怪人
ネロ男爵:同じく顔がペストマスクになっている幹部戦隊怪人。メンタル面に難のあるギーウィと違い、上司から邪険に扱われても忠誠を貫く、必要とあらばクロスカウンターやオリジナル関節技等の肉弾戦もこなす等、精神的なタフさとバイタリティを持つ。

pixivに投稿された作品 pixivで「ギーウィ・ニューズィー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 822

コメント