ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ゲゲイシー

げげいしー

ゲゲイシーとは、ゲゲ(その中にいたある存在)に身体を乗っ取られた状態のステイシーの通称である。※キャラクターそのものがネタバレなので注意
目次 [非表示]

「うん...この体も悪くないねぇ...」


「君達に手を貸した事がボッコワウスにバレて、トジテンドでの出世が望めなくなったんだ……。だったら、もうバラシタラの居るトジテンドごと倒しちゃおうかなぁって。だからさ介人、僕を君達の仲間に入れて欲しいんだぁ」


概要

機界戦隊ゼンカイジャーの敵組織・トジテンドの実験兵士の一人であるステイシーが、組織のトップであるボッコワウスの側近(ペット)であるゲゲに、第42カイ!のラストで意識と肉体を乗っ取られた事から、ゲゲに意識を乗っ取られた状態のステイシーへの呼称。

当初はファンからの呼称であったが、またまた公式に逆輸入され第45カイ!のゼンカイ備忘録で早々に公式化した。


尚、これはゲゲが自分の意識を乗り移らせたと言うよりは、「ゲゲの内部にいた何者か」がステイシーに乗り移ったと言った方が正く、ゲゲ自身は引き続きトジテンドパレスにおり、用途に応じてゲゲの身体とステイシーの身体を切り替えて利用している。この記事で紹介するのも、当然ながらステイシーでもゲゲでもなく、彼等の身体に入って操作していたその存在の事になる。

その為、正確にはゲゲイシーという名称もあまり適当ではない。


ステイシー憑依時には、ステイシー自身が人間界に行く当てが無いのもあって、特に決まった拠点を持たず、カラオケボックスなどを仮宿として利用している(普通のカラオケボックスなので、当然ながら他の部屋や客や店員も居る)。第45カイ!では憑依した存在がトジテンドパレスでゲゲを操作中に、本来のステイシーの人格がカラオケボックス内で目覚めており、その時のはずみでステイシーのそっくりさんが歌うSTACY THOUGHT(ステイシー・ソー)」なる曲まで流れ始めた


人物像

初期はゲゲの声がエコーの様に掛かった状態だったが、トジテンドから逃走して介人達の前に現れた頃には完全に身体に馴染んだのか、完全にステイシーの声になっている。但し、口調が甘い声の際のゲゲ特有のねっとりした喋り方になっており、やたらと友好的且つ朗らかな態度で接してくるので、フリントからは「ハッキリ言って薄気味悪い」とまで毛嫌いされている。

普段の突き放す様で、感情をあまり表に出して見せようとはしないステイシーの事を知っている人物(視聴者含む)からすると違和感しか無く、特に第43カイ!では、ニッコニコの笑顔「僕だよ」と出て来ていた為に、介人は勿論一部視聴者も「誰だお前!?」状態だったとか。


主人格はゲゲではあるものの、過去の記憶等は脳から自由に引き出せる様であり、ゼンカイジャーとは勿論だが、ゲゲと面識の無い五色田ヤツデとも一切のボロを出す事なく会話している。


既にトジテンド自体に見切りをつけ始めているのか、本人曰くトジテンド打倒を目的としているらしく、ゼンカイジャーへ協力を持ち掛ける等、相変わらず何を考えているのか分からない不気味な言動が多い。

一方でトジテンド側にいるゲゲもゲゲで、何故か「別の裏切り者がステイシーを逃したのかも」と疑惑をボッコワウスに嘯き、激化した内部分裂を更に煽っており、ゲゲの暗躍はゼンカイジャー側とトジテンド側の双方に大きな混乱を齎している。その様はまさにトリックスターである。


その為に介人からは勿論なのだが、ゾックスゴールドツイカー一家からも初見で不審に思われており、キカイノイド組もジュランブルーンは最初から疑っており、当初は信じようとしていたガオーンマジーヌも介人の話を聞くにつれて、やはり段々と懐疑的になって行った。


正体及び目的(以下ネタバレ注意)

第45カイ!で、何とダイオミクジワルドのオミクジパワーを消滅させると言う超常の力を発揮。この結果オミクジトピアそのものが消滅してしまう(ただし、本人は渋々ながらこの力を行使しており、その直前の台詞からしてオミクジワルドの介入自体想定外だった模様)。

流石にステイシーが持つ筈の無い未知の力を披露した事で、ゼンカイジャーらに詰め寄られて遂に自身の正体を語る。


ステイシーに取り付いた存在が語る己の正体、それは

これまで劇中に登場した、様々な並行世界の数々の創生神と呼ぶべき存在であり、その目的は自身が創造した結果増えすぎてしまった並行世界の整理と保存である

世界を創造して破壊するという絶大な権能を持つ一方で、逆にそれ以外の事は何もできず身体すらも持たない神は、トジルギアという技術を生み出して他の並行世界の侵略を始めたトジテンドに目をつけて、彼等に働きかけつつ自身の世界の整理と保存という目的に利用し、そして最後に残った同じくギアの技術を持つゼンカイジャーの世界との一種の生存競争をさせていたのである。

同時に、自由に世界を行き来できるゴールドツイカー一家は彼の目的上邪魔でしかないので、彼等が元の世界に戻るように仕向けようと様々な工作を仕掛けていた。


彼がステイシーに執着して何かと助けていた理由は主に二つであり、一つは彼の目的上ゼンカイジャーとトジテンドの戦いを拮抗させる為に、そのバランス調整の一環として彼を助けていたという理由と、もう一つは人間の世界であるゼンカイトピアやゼンカイジャーと接触するにあたって、外見はほぼ人間でしかも介人達とも多くの繋がりができていた彼の身体を利用し、自身をステイシーと偽って彼等と接触する事で、彼等の協力を取り付ける事を目論んでいたからである。

器となる体が無ければ、各世界に接触する事も住民と意思疎通すらできない神としては、早々にそれぞれの世界で活動する上での器を選定しており、この結果としてトジテンド側での器として先に選ばれたのがゲゲであり、その後にゼンカイトピア側での器として選ばれたのがステイシーだったのである。


つまりゲゲもまた神によって乗っ取られて操られていた存在に過ぎず、ボッコワウスと共に幹部達に高圧的に接していた低い声で話すゲゲこそが、本来のゲゲ自身の人格である

上記した、ボッコワウスにステイシーを逃がした内通者の存在を示唆する等の矛盾した言動も、あくまでゲゲ自身が疑いを口にしていただけであり、ゲゲ本人は自分を操る存在の事もその目論見も何も知らない。

因みにゲゲが選ばれた理由としては、ゲゲの頭脳と地位を得る為であると同時に、洞察力や勘が鋭いゲゲを警戒して封じる為だったと思われる。実際に作中でゲゲはステイシーと身体が入れ替わった介人を瞬時に別人だと看破しており、神としてはこの鋭い洞察力を警戒していたのだろう。


性格はいかにも神らしい高慢さに満ちた性格であり、個々の世界の住人の事などナチュラルに重視しておらず、彼等を利用する事にも何の躊躇もないどころか、神である自身の当然の権利とすら考えている。その一方で、面白さが行動基準なので自分が面白いと感じれば相手の勝負にも乗り、意外にも相手の言葉にはちゃんと耳を貸し、一度約束した事は翻さずに履行するなど、一貫してフェアなスタンスでもある。

良くも悪くも神らしい視点と単純な善悪を超越した価値観の持ち主であり、公式の備忘録でも「人類の常識など通用しない」「邪悪ではなく清らかな雰囲気」等と評されており、お世辞にも善なる存在とは言えないが、かと言って悪かと言われるとそれも違う存在だと言える。


神のキャラクターやその暗躍については該当項目も参照されたし。


能力

前述通り神である為、世界の創造と破壊を任意で行える。

ただし、それ以外の戦闘スキルを初めとした直接的な能力は殆ど何も持っておらず、身体すらも無いので誰かの身体に憑依しなければ、その世界に干渉する事はおろか住民達と意思疎通すらできない。戦闘も憑依した器のポテンシャルに完全に頼りきっており、器によっては戦闘力はほぼ皆無にもなる。

完全に高位の存在なので、あちらから干渉する手段が限定されているのに対して、こちらからあるゆる意味で干渉する手段も基本はなく、戦って滅ぼす事なども根本的にできない存在である。


それ以外での彼自身の能力としては記憶操作能力が挙げられる。

ステイシーにせよゲゲにせよ、彼に乗っ取られている間の自我は完全に抑え込まれており、覚醒後もその間の記憶は無い為に当初は困惑するが、直後に恐らく任意で記憶が補完される。そしてこの補完は自分が乗っ取られていたと言う記憶や認識は省いて行われる為、乗っ取られた彼等自身は自分が何者かに乗っ取られていたのだと自覚を持つ事すら出来ない(作中の描写を見る限り本人達には夢遊病の様な状態に感じられるらしく、ステイシーは自分が無自覚に脱走を企てる程にヤツデに会いたかったのだと認識していた)。


但しこの記憶の欠落は、当然ながら乗っ取られていた期間が長い程に比例して大きな違和感となるらしく、第45カイ!で久々に覚醒したステイシーはかなりの混乱をしていた他、ゲゲの方も前回で乗っ取られてSDワルドを作成した記憶が無く、ボッコワウスに褒められた事について最初は戸惑っていたが、直後に記憶が補完されて「そうかもな…」と曖昧に返事をしていた。

この記憶の欠落はそれ以前にも確認でき、レンアイワルド回ではゲゲに刺激されたお陰で幹部がやる気を出したとゲゲを褒めるボッコワウスに対して、ゲゲが戸惑いながら曖昧な返事をすると言う描写があり、これについて当初はファンからは「ゲゲすらレンアイワルドには引いている」と半ばネタにされていたが、これも実際は直前までずっと身体を乗っ取られていた為に、ボッコワウスに褒められるだけの働きをした記憶が無かったと言う事だったのである(この時は話数にして少なくとも3話以上も完全に乗っ取られていたので、記憶の空白が大きかった模様)。


また、この記憶操作は世界そのものに対しても行えるらしく、最終回ではゼンカイトピア以外の世界を全て閉じた上で、ゼンカイトピアの全住民の記憶を操作して他の世界やキカイノイドに関する記憶を抹消した。しかし、ブランク状態になったセンタイギアの影響と、これまで様々な世界の住人達と関わって来たその経験から、介人は最終的に記憶を取り戻した(神本人曰くこれは世界初との事)。


神の能力については該当項目も参照されたし。


ゲゲイシーとしての戦闘力

トジテンドからの逃走時に、イジルデが没収していたギアトジンガーダークセンタイギア一式を盗み出しており、ステイシーザーへの変身も引き続き可能だが、変身シークエンスがかなり異なっており、ステイシーに比べてより静かで優しい口調と動作で変身する。変身後の名乗りの際のポーズも左手を前に突き出すだけであり、いっそ優雅さすらも感じられる所作である。


戦闘スタイルも異なっており、ステイシーに比べてより積極的にダークセンタイギアでの偽物召喚を行い、どっかの世界を股にかける泥棒の様に召喚した偽物を相手と戦わせておいて、自分は後ろからその様子をゆっくり観察すると言ったスタイルも見せている。


では本人は弱いのかと言うとそんな事は無く、前述通り彼自身は直接的な戦闘スキルは何も持ってはいないのだが、精神面の差で平時のステイシーよりもポテンシャルを引き出しきっている。

変身前の状態でもクダック達の一斉掃射を目視で撃ち落とし、ゼンカイジャー達を纏めて一掃する程の戦闘力を持つバラシタラを一人で難なく相手して抑え込み、バラシタラの全身の高火力兵器を全て解放した一斉掃射も、他のゼンカイジャー達やツーカイザーが纏めて吹き飛ばされている中で、一人だけ攻撃を捌き切って「流石は軍隊長だね」と余裕たっぷりに賞賛する程である。


しかし、逆に言えばこれらは全てステイシー本人が本来持っているポテンシャルに過ぎず、それについて迷いを吹っ切った第48カイ!でのステイシーの戦いぶりを見ても明らかである。


劇中での活躍

第43カイ!

ムカイカゼワルドとの戦闘で苦戦するゼンカイジャー達の前に突如出現。キョウリュウレッドカーニバルの偽物を召喚して、ムカイカゼワルドを撃退してゼンカイジャーを助け、自身がトジテンドでは出世はもう望め無くなった上に追われる身になった事を説明し、バラシタラごとトジテンドを倒す為にゼンカイジャーの仲間になりたいと言う旨を伝える。

そして、ムカイカゼワルドの向かい風に苦しむ介人達を尻目にカラフルに向かい、ヤツデから歓迎されるが、介人の連絡を受けたゾックス達に連れ出されて、本当に本物のステイシーなのかと疑問を持たれて詰問される(ステイシーとの直接的な関わりが薄かったフリントやカッタナーリッキーの双子からすらも違和感を持たれていた)。


しかし、そこをステイシーの粛清の為にバラシタラ率いるムカイカゼワルドとクダックの部隊に襲撃され、それをゾックスと共に迎え撃ち、クダックを蹴散らしてバラシタラと交戦。スーパーシンケンレッドの偽物を召喚して、ステイシー打倒と言う自らが楽しみが増えた事に喜ぶバラシタラを呆れ気味にあしらい、バラシタラの一斉掃射攻撃も難無く捌いて彼が撤退するのを見送った。


その後は、ムカイカゼワルドを打倒して戦いが終わった後に改めて共闘を持ちかけたが、ステイシーらしからぬ言動の数々(ライバルである介人への風当たりが無さ過ぎるフランクな態度、嫌悪している筈の父・バラシタラへの敵意の無さ等々)から、最終的に介人にステイシーでは無いという事に確信を持たれてしまい、共闘を断られた上にジュラン達から何者なのか追及されたものの、それには答えずにあくまで目的は同じな事を改めて強調し、更にゾックスに対して「次は手土産でも持って来よう」と意味深に告げると、月夜に向かって飛び去って行った。


第44カイ!

トジテンドパレスにて、久しぶりにゲゲの身体による甘言でボッコワウスからトジルギアの使用許可を得た事でSDトジルギアを確保、自ら製造し送り込んだSDワルドのSDスパークでジュランらキカイノイドメンバーやギアダリンガーがSD化した事で戦力が大幅ダウンし、一時撤退したゾックスとゼンカイジャーの前に出現。


「僕からの手土産はどうだい?」


自身がSDワルドを作った事を明かすが、何故彼等がSDトジルギアを探していた事を知っていたかを問い詰められると、ゴールドツイカー一家の事情からSDトジルギアを求めていたと推理した事を話して去っていった。この時にキカイトピアとは何の関係も無いSDトピアの事情に非常に精通していた事から、マジーヌも「他の世界の事に滅茶苦茶詳しい…」と不信感を滲ませていた。


その後ダイSDワルドが倒され、SDトピアが並行世界へと解放された事でゴールドツイカー一家がカッタナー、リッキー達の呪いを解くべくSDトピアに向かったのを見届けると、SDトジルギアと共にボッコワウスの許可で持ち出したカイゾクトジルギアをギアトジンガーで破壊して、カイゾクトピアを解放する。

そして「バイバイ、界賊クン...あるべき場所へお帰り」と呟くのだった。


第45カイ!

何事も無かったかの様に引き続きカラフルに通っており、何も知らないヤツデの手前歓迎するしかない介人達を尻目におやつを食べて、笑顔でヤツデと接しながら堂々と去っていった。

その後はゲゲの身体の方を操作する為に戻った事で、ステイシーが仮宿として利用していたカラオケボックス内で一時的に正気を取り戻したが、その直後に再び意識を乗っ取られる。


そして、ゲゲの身体を操作してトジテンドパレスで並行世界間ゲートの設定を弄って、ゲートのセキリュティを解除する事に成功。ステイシーの身体で人間界にいるキカイノイド達を「あるべき場所へお帰り」と呟きながら次々とキカイトピアへ送り返して行くと言う、いよいよ謎の暗躍を始めた。


その途中でワルドの出現を確認して「またワルドが来ていたのか」と眉を顰める(この描写からオミクジワルドの出現は彼としても想定外だった模様)。更に現れたダイオミクジワルドにゼンカイジャー達が苦戦している姿を見ると、手を翳してオミクジパワーを全て吸い取って強制的に世界を元に戻す事で支援。オミクジパワーはオミクジの形に変わって、彼の手で握り潰されると白い粉になって溢れ落ち、クダイテストが撃破され排出されたトジルギアはブランクになっていた


つまりオミクジトピアは、トジルギアから解放される事無く、そこに住む住人達諸共そのまま消滅させられたのである(ただし、後に明かされた彼の目的を踏まえてもこれは彼自身としても不本意ながらやった事であり、彼がこれをしていなければ確実にゼンカイジャーは負けていた)。


そして戦闘終了後、介人達に対して己の正体を明かす。


「白状するしかないか。実は僕…全ての世界を作った神様なんだよね」


第46カイ!

正体を明かすと共に、ゼンカイジャーに味方した理由を「トジテンドへの反感」だと語る。

折角自分が作った多くの世界をトジテンドがトジルギアに閉じ込めてしまった事を不満に思い、ゼンカイジャーをボッコワウスの元に導こうと提案するが、余りに突拍子も無い内容からキカイノイドメンバーの信用は得られなかった。


そこで、次に出てくるのはニンジンワルドだと予言を残してその場を去ったが、その夜になって本当にニンジンワルドが出現。

更にサファイアワルドコウモリワルドの出現も預言するが、ステイシーの体を勝手に使っている事が介人の怒りを買い、「俺達と話をしたければ俺の体を使え」と言う介人やキカイノイド組の言葉に対して意外に素直に引き下がると、ステイシーの体を解放してどこかに去る。


そしてその辺の一般人の身体を乗っ取り、恋人のキカイノイドをゲートで元の世界に送り返すなどの暗躍を重ねる事で、ゼンカイジャーの与り知らぬところでキカイノイドを確実に強制送還させていく。


その後はゲゲを再び乗っ取り、今度はサファイアトジルギアとコウモリトジルギアを持ち出してワルドを生み出した(同時にこの事から、未来を見ているのでは無く単なる自作自演だと判明している)。

しかし、このようなトリックをゼンカイジャー側が把握できる筈もなく(そもそもゲゲの事すら彼等は碌に知らない)、3回も予言を的中させた事でゼンカイジャーも神を信じざる得なくなり、ステイシーの体の代わりにガオーンやブルーンの体を借りて会話、トジテンドパレスに乗り込む案を飲むのだった。


第47カイ!

マジーヌの体を借りてゲートを開き、トジテンドパレスに乗り込んだゼンカイジャー一同。

しかし、戦闘のゴタゴタの最中に彼は憑依を解いて何所かへ言ってしまう。


トジテンドとの決戦が繰り広げられる中、神は人間界側に戻ってスーさんなどに憑依し、片っ端から残りのキカイノイド達を強制的にキカイトピアへ送り返してしまう。


一方で、第44カイ!でSDトピアへ旅立ったゴールドツイーカー一家がキカイトピアに帰還。

しかし神としては、カイゾクトピアを解放してまで本来の世界に行かせた彼等の参戦は自身の意図では無かったものの、これ幸いに優れた頭脳を持つフリントの体に憑依してゲートの設定をさらに改竄する。


第48カイ!

前回ラストでフリントの体を乗っ取り、トジテンドパレス中枢のトジルギア装置を確認。

しかしボッコワウスとの決戦でもう一押し手を貸す必要があると判断して、一時的にゲゲに再び憑依して彼の弱点は背中であるとゼンカイジャー達に教える(そして操られていたとは知らなかったとは言え、激昂したボッコワウスの手によってゲゲは破壊されてしまう)。


その後、トジテンドとの決戦が終結した直後、ゾックスを乗っ取りゴールドツイカー一家をカイゾクトピアに誘導。

更に続けてセッちゃんの充電が切れた隙を突いて介人を乗っ取り、トジルギア装置を起動すると共に人間界へ帰還させると、全並行世界を一気にトジルギアに変えてしまった。


その後の驚愕の決着と結末についてはの項目を参照。


関連タグ

機界戦隊ゼンカイジャー トジテンド

ゲゲ ステイシー


黒幕 トリックスター 第三勢力 敵の敵は味方⇒作中での立ち位置

関連記事

親記事

ゲゲ げげ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 24663

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました