ピクシブ百科事典

プリキュア封印

ぷりきゅあふういん

「ハピネスチャージプリキュア!」の敵キャラクター、ファントムの任務とその結果である。
目次[非表示]

「希望の戦士よ、絶望の淵で眠れ…エターナルゲージ!

この記事は物語終盤のネタバレを含みます。閲覧には十分注意してください。

概要

クイーン・ミラージュに忠実で信頼厚い部下、プリキュアハンター・ファントムの任務は、主君クイーンミラージュの為に世界中のプリキュア達を倒す事であり、今なお実行中である。
1話にて一瞬姿を見せた以降13話まで出番はなかったが、13、14話で彼の行動の実体が明らかになった事により、かなりの衝撃を与えた。

キュアムーンライトVSダークプリキュアの様な対等な宿敵ではなく、彼と戦って勝てるプリキュアが存在していなかった時には「狩る側」「狩られる側」という天敵ともいえる一方的な関係であった。

棺桶状の鏡にプリキュアを封じ込め墓標のように突きたてるという演出は、「死」のメタファーであることは明らかである。女の子達の憧れの的であるプリキュアたちが敗れ、絶望的状況に追いやられる光景はみんなのトラウマとしての印象を植え付けた。

なお、プリキュア封印の力はクイーンミラージュを裏から操っていた黒幕レッドも使用可能。

封印されたプリキュア一覧

作中で封印された時の状況がある程度はっきりしているもののみ明記。
実際にはもっと数多くのプリキュアがファントムによって封印されている。
レッドに封印されたプリキュアは斜体で示す。

プリキュア封印地封印確認話数
キュアナイルエジプトカイロ13話
キュアテンダー日本・ぴかりが丘20話
キュアコンチネンタルイギリスロンドン14話
キュアカチューシャロシアモスクワ14話
キュアサザンクロスオーストラリアシドニー14話
キュアゴーンナイタリアローマ14話
キュアパンタローニ
古城A(緑)某所古城14話
古城B(紫)
古城C(桃)
マドリードAスペインマドリード16話
偽エコープリキュアの墓場20話
墓場B(草色)不明22話
墓場C(黄色)不明22話
墓場D(緑)不明22話
墓場E不明22話
墓場F不明22話
キュアプリンセス惑星レッド48話
キュアハニー惑星レッド48話
キュアフォーチュン惑星レッド48話

封印の詳細

封印のプロセスは以下の通り。

  1. プリキュアを魔力の枷で拘束し、抵抗できなくする。
  2. あるいは変身解除の状態に追い込む程のダメージを与える。
  3. 必殺技・エターナルゲージを打ち込み、同時に鏡を生み出して封印する。

プリキュアを変身解除状態にするには、弱らせ大ダメージを与えるが必須となる。(プリキュアがサイアークを浄化するためにまず弱らせてから浄化技を打ち込むのと同様。)
ファントムは広範囲の人間を無差別にサイアークにし、多数召喚することができる。しかもファントムのサイアークは1個体が三幹部のものよりも一回り強いため、仮に浄化しきったとしてもプリキュアは数の多さに体力を消耗し、疲労してしまう。
その頃合いを見計らってファントム自らがプリキュアの前に現れ、弱ったプリキュアにとどめを刺して変身解除、封印する。
第14話でキュアコンチネンタルが倒された時、ロンドン市内に紫色の水晶柱が乱立していたのは、まだサイアークを浄化しきれていない所をファントムに襲われた為と推測される(キュアカチューシャ、キュアサザンクロス、キュアゴーンナ&パンタローニも同様か)。

第13話でキュアナイルが封印された時は、魔力の枷をプリキュアの四肢にはめこんで逃げられないようにして、そこに黒いオーラを浴びせ続けるという拷問めいた手法を用いた。
同話でキュアラブリーも魔力の枷に拘束されたが、オーラを叩き込まれる寸前にキュアフォーチュンが乱入し妨害。この隙にブルーが魔力を弱めてくれたおかげで、枷から自力で脱出できた。第13話以前の事は今の所不明たが、キュアナイルとの一騎打ちでは周囲に紫色の水晶柱が見られなかった所を見ると、この時点ではプリキュアを秘密裏に葬り去るのを目的にしていたが、ラブリーとフォーチュンの一件から「他者の妨害や介入」を防ぐ必要性を感じた為に、プリキュアの拠点の制圧も含めた方法に切り替えたとも推測される。更に偽エコーあたりから、プリキュア墓場に誘い込んでから倒して、封印する様にしたのは、マスメディアに自分の姿が映されて、その存在を公にしない様にする為、封印してから墓場に移送するのを切り替えたとも考えられる。

封印後‐1

プリキュア墓場

鏡に閉じ込められた彼女達は、その後は「プリキュア墓場」という靄のかかった遠景に何本もの柱が見える異空間に移送され、そこで鏡そのものが墓標扱いにされる。
プリキュア墓場が描かれたシーンでは、作中で封印される描写があったプリキュアたちの姿も確認できる(キュアカチューシャ、キュアコンチネンタル、キュアサザンクロス、キュアゴーンナ&パンタローニなど)。
また、ファントムはプリキュアとの戦いの最中に墓場を映した鏡を出し、その中にプリキュアを誘い込むこともある。そして閉じられた空間である墓場で孤立したそのプリキュアを痛めつけ封印する。いわば墓場はプリキュアの処刑場も兼ねていると言える。
実際、キュアフォーチュンもこの方法で墓場に移送されており、偽エコーも直接の描写はないが同じような手段で移送されたと考えられる。

このプリキュア墓場がどこにあるかは、今の所不明。
それが幻影帝国内に設けられた場所だったら、そこはプリキュアの能力が発揮出来ない場所である筈だが、第22話でのファントムとフォーチュンの戦い等を見る限りでは、能力が減少してる様子もないので、帝国内部ではない模様。それでも神様ブルーでも場所の特定が困難な事と帝国の支配下にある場所に変わりなく、封印された少女達の奪還は事実上不可能に近い。

プリチェンミラー

鏡に封印される瞬間に、プリキュアの体からプリチェンミラーが弾き飛ばされる。
つまり、変身アイテムは封印することができないという特性があると思われる。
弾き飛ばされたミラーはすぐにファントムが拾い上げている描写が存在するため、普通に考えれば幻影帝国に持ち帰っているのだろう。
しかし、フォーチュンは姉テンダーのミラーを所持しており、これは彼女が封印されたその場に妹が居た事を意味し、封印直後に運良く回収できたか、或いはムーンライトの様に、封印直前に託したと推測される(第22話で、ファントムはテンダーとの戦いの場に妹がいた事を認識している。また、第23話でテンダーが倒された詳細が、ぐらさんからブルーに語られていた事から、ぐらさんもその場にいたのは確実である)。
もしもそうだとしたら、ミラーが人手に渡って、新たなプリキュアが出現するのを防ぐ為、即座に破壊している可能性もあるが、22話にてファントムがいおなのプリカードを焼却して変身不能にしている事から、同じように他の封印したプリキュアのプリカードも焼却処分して、ミラーを事実上使用不能にしている可能性もある。

サポート妖精

暫く海外のプリキュア達にサポート妖精がいるのか不明だった(その任務とそれに対する報酬が必要な為、その存在は予想されていた)が、第28話にてアロ~ハプリキュアと、サポートする妖精 アロアロが登場した事により、海外のプリキュアにもサポート妖精がいる事が確認された。
当然、封印され墓場送りにされたプリキュア達にもサポート妖精がいた筈であるが、それらがどうなったかも不明である。
今の所、ぐらさんのみがその場を脱出して、他のプリキュアと合流している事が確認されているが、恐らく同様に脱出し、他のプリキュアと合流していると予想される。
しかし、脱出に失敗して捕らわれるか、相方のプリキュアと同じ運命を辿った妖精もいる可能性もある。

因みに妖精どころか一般人すらを封印することも可能であり、作中ではレッドの封印からキュアラブリーを庇った相楽誠司リボンぐらさんが封印された。

二次被害?

プリキュアの真実を求めて日夜報道を続けるTV番組『プリキュアウィークリー』ではファントムに封印されたプリキュアの様子も容赦なく放送する。
封印されたプリキュアたちは変身解除状態・・・すなわち本作の変身バンク途中でみられる下着姿にされてるわけで、それがお茶の間に向けての「晒しもの」となってしまうわけだ。
思春期の少女たちにとっては恥辱の極みであろう。
完全に変身前の姿に戻るわけでないおかげで最低限のプライバシーはギリギリ守られているというのが唯一の救いだろうか。

ハピプリ4コマ「標的」



しかしここでいくつかの疑問もでる。
プリキュアが敗れると言う事は、その地域が幻影帝国の支配下に置かれるという事であり、そのような場所に一般のマスメディアが入り込んで取材、撮影、配信するのは大変危険な行為である。また、ファントムは一度に大勢の人達を鏡に封印し、大量のサイアークを生み出す能力を有しており、撮影出来る人が残っていたかどうかも疑わしい。
では、ニュースで放送された映像は誰が撮影したのか。

プリキュアが敗れ、その地域が帝国の支配下に置かれた事をアピールするため、封印された少女達と街の様子を帝国側が撮影し、それを全世界に配信していると考えられる。実際、シドニー・オペラハウスの前、乱立する紫の水晶柱の前ではチョイアーク達が集まっており、一名、カメラの前にかなり接近している。
敗れた直後これから封印されるであろうキュアコンチネンタルや、三人を倒し封印前のファントムを映した映像については、ファントムの攻撃から難を逃れた現地のマスコミもしくは一般市民がそれを撮影し、脱出後に非支配地域から配信したと思われる。

封印後‐2

双方イタチごっこ!?

ほぼ完璧に一方的にプリキュアを狩っている感のあるファントムではあるが、一つの懸案事項がある。
それは幻影帝国側では、彼しかプリキュアを狩って封印出来る人材がいない事である。
その一方でブルー定期的に世界各地に赴き、「愛の結晶」をばら撒いている。「愛の結晶」を得た「強い愛の心」を持った少女たちは、時間差はあれど新しいプリキュアとなって戦う。
つまり、一方でプリキュアを封印しても、もう一方では新たなプリキュアが誕生しているという事で、これでは狩る方は追いつかない。
実際、13話で本格的に登場までの間もファントムはプリキュア狩りを実行してきたが、その間も「不幸のエリア」は奪還されており、これは今までプリキュアがいなかったエリアにもプリキュアが入り込んだだけではなく、プリキュアが倒され帝国の支配下になったものの新たなプリキュアに奪還されたエリアもあると推測される。また13、14話でプリキュアが倒され帝国の手に落ちた筈のエジプトやロンドンから16話において子供達がプリキュアを応援する姿が、更に40話においてはモスクワやシドニー、ローマ等のエリアも含めて奪還された事が「プリキュア・ウィークリー」で放送されている。
これは復帰したキュアテンダーが各地で転戦しているばかりでなく、新規でプリキュアになった少女達が増えている事を示唆している。

幻影帝国の側からすればブルーを抹殺すればこれ以上のプリキュアの増加は無いがクイーンミラージュの逆鱗に触れるのは必至で、まずファントムもやらないだろう。
ばらまかれた「愛の結晶」を「強い愛の心」を持った少女が手にする前に人海戦術で拾い集めるという手もあるが、それなりの人員の確保が必要になり帝国支配下でない所をチョイアーク達が彷徨く事になる等問題が山積みなのでこれも難しい。

つまりファントムは幻影帝国の圧倒的な切り札というよりは、彼がいることではじめて幻影帝国とプリキュアのマクロな戦力が拮抗していると見るべきである。

どちらもイタチごっこでキリがなかったようだが第22話で再変身したキュアフォーチュンにファントムが敗れて以降、拮抗した力関係に変動が見られた。
第23話でクイーンミラージュによってファントムがスタンドプレーを慎む様に釘を刺された為、彼はぴかりが丘とハピネス勢に手出し出来なくなってしまっていたが第29話でそのクイーンミラージュの命で出撃した。続く第30話でアンラブリーに変身しキュアラブリーを心身ともに追いつめるものの駆けつけた仲間たちの励ましでラブリーは立ち直った上シャイニングメイクドレッサーの発動によるハピネス勢の新技「プリキュア・ハピネスビッグバーン」で倒され第31話でハピネスチャージプリキュアに介抱されたのちに自力で幻影帝国に帰還した。それ以降は姿を現していなかったが第40話でクイーンミラージュの出撃に伴い続く第41話で幻影帝国に侵入したハピネスチャージプリキュアの一人キュアハニーと交戦、彼女を封印寸前まで追い込むものの駆けつけたブルーの助力でハニーは封印を免れ、さらにキュアラブリーたちに合流され「プリキュア・イノセントプリフィケーション」により浄化、本来の姿である妖精ファンファン(キュアミラージュのパートナー妖精)に戻った。

封印解除と、その後

現時点で具体的な封印の解除方法は不明で、封印された鏡の奪還は実質無意味となる。31話ではファントム自身の口から、たとえ自分を倒したとしてもプリキュアたちの封印が解かれない事や封印された者たちの魂は永遠に闇の中を彷徨う事が語られている。

37話にて封印されていたはずのキュアテンダーが、ハピネスチャージプリキュアの前に姿を現す。続く38話にてクイーンミラージュが封印されたプリキュアの中で最も高い戦闘力を持っている事からキュアテンダー・闇として復活させている。最終的に元のキュアテンダーこと氷川まりあに戻るも、これによって、クイーンミラージュの手で封印を解除出来る事が可能である事と封印されたプリキュアを戦力として扱うことが出来る事実が明らかとなった。
しかし、これは同時に、封印解除して洗脳したプリキュアが敗れた場合、元のプリキュアに戻ってしまうリスクを伴う為、ミラージュが同じ方法を用いる可能性は低い。

43話でクイーンミラージュがキュアラブリー達の「プリキュア・イノセントプリフィケーション」により浄化されると、世界各地でサイアークにされた人々同様封印されたプリキュア達も解放された。

ゲージ?

プリキュア封印するときに「エターナルゲージ!」と叫ぶことから、一応これが技の名前なんだと思われる。
ただ、この言葉の意味についてはわりと謎だったりする。
直訳すると「永遠の物差し」になってしまうわけだが・・・

このあたりについてもっとも有力な説として、Cage(囲い)を「ゲージ」と誤認してしまっているのではないかというものがある。
日本ではかなりよくある混同であり、特にペット用の囲いについては「ゲージ」という方が広まっており、あえてそういう表記をするメーカーも多い。
まあ本作ではサンバなのにマンボという前例もありますので・・・

関連タグ

ハピネスチャージプリキュア!  
幻影帝国  
ファントム(プリキュア)
レッド(プリキュア)  
モブキュア 
ヒロインピンチ

pixivに投稿された作品 pixivで「プリキュア封印」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 171660

コメント