ピクシブ百科事典

國鐵新潟

こくてつにいがた

國鐵新潟とは、「JR東日本新潟支社」のかつての俗称である。
目次[非表示]

概要

名称の由来は皆さんのご想像通り國鐵廣島が由来である。
しかし新車をガンガン投入するJR東日本なのになぜ國鐵と呼ばれるのか···理由はやはり車両にあった。

2013年の時点においては、新潟支社管内の車輌が所属する新潟車両センターに所属するメイン車両はなんと115系と、あのJR西日本ですら既に全廃された485系であり、どちらも魔改造を施されていた。この時点でも電車・気動車共に新車が投入されているので広島よりましな待遇に思えるが、485系を除いた国鉄車両については原型維持のまま「魔放置」された車両が数多いので当たり外れが激しかった・・・が。

終焉迫る「國鐵新潟」

特急として使われていた485系は、2013年秋から翌年夏にかけてE653系に順次置き換えられ、まず特急「いなほ」編成、続いて2015年春の北陸新幹線開業時には特急「北越」/快速「くびき野」編成についても同運用からは引退したが、新潟駅~糸魚川駅間の無名快速列車が1往復設定された関係で2編成が残留。ただし検査切れまでの限定であったため、それが迫った2017年春改正で消滅、ここに485系の定期運用は消滅した。

115系についても、2014年度よりE129系を新造投入して、順次置き換えを進めることが決定、2014年12月以降順次投入中である(211系の転入計画もあったようだが中止された模様)。

そして、キハ40系も2017~19年度にかけて電気式気動車GV-E400系による置き換えがなされることが公式発表済みである。

このように現在進行形で保有車両の激変が進行中であり、2019年度には「國鐵新潟」は名実ともに終焉となる見通しである。

2013年4月1日時点の所属車両

  • 115系

当時、國鐵新潟の最主力車両。2〜7両までフレキシブルな組成ができる。最古参は1964年製。

  • 485系
485系を最も多く保有していたのがここ國鐵新潟だった。
このころ唯一保有していた電車の新車。えちごトキめき鉄道へ10編成が移籍。
デッドセクション越えをローコストで実現させるために投入されている。
JR世代の気動車たち。同じくデッドセクション越えにも投入されている。

2017年10月1日時点の所属車両

  • E129系

現在の新潟地区における最主力車両。清水・新清水トンネルを越え群馬県水上駅にも乗り入れる…というより群馬県に乗り入れる定期運用はE129系のみとなった(臨時はこの限りではない)。

  • E127系0番台
現存は主に弥彦線に使われる2両編成2本のみ。
  • キハ110系・キハE120形
  • キハ40系
新津車両区における主力の座は維持しているが、只見線で使用されていた非冷房車が引退。
  • 115系
水上駅からはほぼ撤退し、弥彦線ワンマン編成も過去帳入りしている。
  • 485系
前述のとおり既にほぼ引退。ジョイフルトレインが残るのみとなっている。

関連タグ

國鐵千葉 國鐵八王子:まだあったJR東日本ゴミ捨て場・・・ゲフゲフン、国鉄型、国鉄時代車両最後の楽園・聖地。
國鐵金澤:こちらは521系への代替が進み、残る国鉄型は413系415系とキハ40系のみである。
しなの鉄道 えちごトキめき鉄道

pixivに投稿された作品 pixivで「國鐵新潟」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4919

コメント