ピクシブ百科事典

山田十平衛

やまだじゅうべい

『山田十平衛』とは、SNK(現・SNKプレイモア)によるゲーム作品『餓狼伝説』シリーズに出演する人物。
目次[非表示]

概要

現在の2D異種格闘ゲームにおける2大源流の1つ『餓狼伝説シリーズに登場する柔道家。

名前の誤りが非常に多く、表記は「十衛」ではなく「十衛」、読みは「じゅうべ」ではなく「じゅうべ」である。

プロフィール

山田十兵衛


どうだっ!オニの山田はまだまだ健在じゃ!

名前山田十平衛
生年月日1922年7月7日
年齢70歳
国籍日本
身長156cm
体重50kg
血液型A
格闘スタイル柔道
キャッチフレーズ泣く子も黙る柔道の
好きな食べ物温泉卵
嫌いなもの臭い
大切なものちゃんちゃんこ
好きな音楽ユーロビート
趣味指圧
得意スポーツゲートボール
関連人物不知火舞アンディ・ボガード

人物

声優竹田団吾ゲームシリーズ)→八奈見乗児OVAシリーズ)→藤城裕士ラジオドラマ『NEO・GEO DJ Station』)

オニの山田」の異名で近代柔道界を震撼させた日本武道の大人物。

タン・フー・ルーよりも1歳年上というシリーズ最年長者であり、紛れも無い達人でありながら早々に悠々自適の楽隠居を営みつつ、旧知の間柄にある不知火半蔵弟子に当たる舞とアンディの後見役を務めているものの、70歳の老境にあってなお衰えぬ目立ちたがりの上、ナイスバディピチピチギャルをこよなく愛する筋金入りのスケベじじい

かつて東京オリンピック男子柔道の日本代表選手(体格からして68kg以下級)として参加した輝かしい経歴を持っているが、スケベ心が災いして応援とは名ばかりの女子バレーボール観戦に入れ揚げてしまい、戦績は「欠場による初戦不戦敗」という何とも情けない結果に終わっており、餓狼伝説シリーズの時間軸における異種格闘技世界大会キング・オブ・ファイターズ』への参戦理由も「日本の柔道を改めて世界に知らしめる」という建前の裏にある「女の子にモテたい」とする不純な本心に起因している。

事実、優勝を掴み取って一躍時の人となり、2では自宅に詰め掛けた妙齢の成人女性に囲まれて少し困り気味に、スペシャルではを聞きつけた女子高生(このうちの1人は麻宮アテナ)に囲まれて鼻の下を伸ばしながらそれぞれ「モテすぎるのも考えものじゃのう」とボヤく始末である。

スペシャルを最後にプレイアブルキャラクターの座を去って以降も派生作品や背景キャラクターとして細々と活躍しているが、特に1992年から1年毎に制作されたOVA『バトルファイターズ 餓狼伝説』シリーズでは十平衛を演じた八奈見の怪演が光り、原作以上のスケベ振り威厳に満ちた格闘家の二面性を併せ持つ味わい深い人間像に仕上げられた。

性能

軽量級の老人という性質から単発攻撃力や気絶値、ジャンプ軌道弱点を抱え、リーチや対空迎撃力も乏しい反面、小柄体格を活かした素早い立ち回りを駆使して通常技、必殺技双方に設定された多彩な投げ技を狙うトリックファイター

プレイアブルキャラクターとして使用する場合は「いかに相手の出足を挫いて投げるか」を念頭に置いたプレイスタイルに加え、数多くの弱点の関係から相手に反撃の機会を与えない短期決戦を求められる玄人好みである一方、強大な一撃の代わりに複雑なレバー操作が要求された当時の投げキャラとは一線を画す「投げ技の大半が溜め技扱い」という特異な存在であり、業界初の移動投げ『ダッシュ二本背負い』は弱点を補って余りある十平衛の主戦力に位置付けられた。

コンボシステムの実装に際してキャラクター性能が見直されたスペシャルでは投げ技の性能を調整され、代わりに判定の強い通常攻撃が連続技に組み込めるようになった事で戦略の幅が若干広がったものの、依然として防御力とリーチに致命的な欠点を抱える基本性能が足枷となり、対戦ダイヤグラムは芳しくなかった。

ところが、後にフリークの間で「アルゴリズムはスペシャルが最恐」とまで言わしめたCPU戦で対峙するや一転して怒涛の攻めと的確な投げを瞬時に使い分ける凶悪性を露呈し、その根源であるCPU特有の「せわしなく移動しているのにレバー溜めが成立」「人間の反応速度では実現不可能な超反応」による酷い暴れ振りで幾多のプレイヤーを戦慄せしめ、当時のゲーム攻略誌では『(CPU戦の相手選択で)一人目には十平衛を選択すること=CPU難度が低いうちに倒せ』を不動の定説とするほどであった。

技一覧

通常技

名称読みコマンド
一本背負いいっぽんせおい(近接)4or6+C
殺しくまごろし(近接)9+C
投げたわらなげ(近接)3+C
巴投げともえなげ(近接)4+D
弁慶泣かしべんけいなかし(近接)6+D
いずな落としいずなおとし(空中近接)1or2or3+D


必殺技

名称読みコマンド
センベイ手裏剣せんべいしゅりけん4タメ6+AorC
ダッシュ二本背負いだっしゅにほんせおい4タメ6+BorD
大いずな落としだいいずなおとし(近接)2タメ8+AorC
猫じゃらしねこじゃらし(近接)63214+C


超必殺技

名称読みコマンド
ダイナマイトいずな落としだいなまいといずなおとし(近接)1タメ23+BC


余談

  • 十平衛が携帯する煎餅には飛び道具用と挑発用の2系統があり、前者は激辛堅焼き煎餅だが1P側で唐辛子味、2P側でカレー味と細かく区別されている。後者はうるち100%の台に上等醤油海苔を惜しげも無く使った高級品で、担当声優の竹田が実際に煎餅を噛み砕いた生音を収録してSEに用いるというこだわり振りである。
  • 十平衛の黒帯には空手道に見られる段位証明に似た横線刺繍が施されており、この刺繍が単なる装飾ではなく確たる段位証明と仮定した場合、両側に3本ずつ、合計6本ある事から柔道六段(=紅白所有者)である推測と共に達人たる理由を示す論拠が成り立つ。
  • バトルステージは「熊本県にある大きな和風家屋」とされているが、屋内のや欄間には手の込んだ装飾が施され、画面奥両端に二体一対の風神雷神が配置されており、それを隔てる大きな5枚の衝立にはそれぞれ異なる日本画(2:猛虎図、スペシャル:美人画)が描かれている他、屋外もラウンド毎に四季の移ろいを見せる日本庭園が広がるなど、その佇まいは和風家屋よりも「寺院の講堂」と呼ぶに相応しい。なお、スペシャルのラウンド4(エクストララウンド)に限り、衝立の図面豪快運びで記された「山」「田」「十」「平」「衛」の5文字に変わる。
  • 開発スタッフ曰く「ダイナマイトいずな落としは相手を最高57mまで投げ上げられるが、そんなに飛んでしまうとタイムアップしてしまうので4〜5mに抑えている」。
  • 格闘ゲームで使用される飯綱落としの代表格には、『サムライスピリッツ』の服部半蔵が使うコマンド投げ「モズ落とし」が挙げられる。しかし、サムライスピリッツは餓狼伝説2の1年後にリリースされており、即ち十平衛こそが「格闘ゲーム史上における飯綱落としの元祖」に当たる。


関連動画

ジュウベイ(オリジナル)


ジュウベイ(SFC版)


ジュウベイ(PCE版)


ジュウベイ(MD版)


ジュウベイ(アレンジ)


関連タグ

格闘ゲーム SNK
武道 柔道
餓狼伝説 KOF

pixivに投稿された作品 pixivで「山田十平衛」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 66964

コメント