ピクシブ百科事典

ゾゾンガー

ぞぞんがー

ゾゾンガーとは、仮面ライダースーパー1に登場する象をモチーフとしたドグマ怪人にして、テラーマクロが直々に育て上げた愛弟子たちの集団“地獄谷五人集”の1人の名称である。

CV/宍戸久一郎

概要

劇場版『仮面ライダースーパー1』に登場。
帝王テラーマクロが手塩にかけて育て上げた愛弟子である地獄谷5人集の1人にして、緑色羽飾りが付いた色のターバンに巻いた“象拳”の使い手・象丸一心斎の真の姿。

その使命はテラーマクロ直々の命を受けマタギの里を他のメンバーと共に夜襲を掛け、伝説の古代中国の戦闘兵器“空飛ぶ火の車”を奪取し、東京を襲撃し、一気に日本を支配する事である。

なお、“空飛ぶ火の車”を奪った後は操縦士として“空飛ぶ火の車”による地上攻撃を担当していた為、殆ど地上戦に介入する事がなかったが、戦闘時には得意の“象拳”を駆使した攻撃ではなく、もっぱらバズーカを用いた攻撃手段を用いる為、怪人として固有能力があるのかどうかは不明。

“空飛ぶ火の車”が破壊された後、最終決戦においてリーダーのサタンホークと共に出陣し、スーパー1を迎え撃つが、バズーカを『エレキ光線』で破壊さた上に冷熱ハンドの『冷凍ガス』で氷漬けにされ身動きを封じられた所に、最後は『スーパーライダー閃光キック』を受け敗北。爆散した。

関連項目

ドグマ怪人 ドグマ王国  仮面ライダースーパー1

コメント