ピクシブ百科事典

ピクミンの死亡について

ぴくみんのしぼうについて

本項では任天堂が発売するゲーム「ピクミン」シリーズにおけるピクミンの死亡項目についてまとめる。
目次[非表示]

概要

プレイヤーが悪い扱いをしたピクミンは死んでしまう。
これは昇天と呼んでいる。
ピクミンが幽霊になり、キラキラなシルエットがつく。

死亡したピクミンの色について

ピクミン

GC版では、昇天した色に関わらず水色系。
Wii版は赤色が赤紫色→青色、黄色は黄色が青色、青色は青から水色。

ピクミン2

GC・Wii共通、死亡したピクミンの色は個別に表示される。
また、前作とは違い、アニメーションがゆらゆら動いて、
光がキラキラした状態で消えてしまう。その幽霊は悲しげな顔になる。
また、コッパチャッピーは敵扱いのゆらゆらと揺れる昇天アニメーション。

ピクミン3

『2』と同様。

ピクミンの死亡種別

戦いで死亡

おそらく、ピクミンの死亡原因の原型。

  1. 生物からの攻撃を受ける(食われる、潰される)
  2. 吐いた岩に潰される(フタクチドックリ)
  3. バクダン岩などの爆発に巻き込まれる
  4. 何もない所にピクミンを投げる

『1』

  1. ボケナメコのほうしに触れて、しばらく経過した状態(集合しない)で死亡
  2. 橋やスロープの下、生物の足元などのバグ(Wii版では、そのバグでさらに被害が大きくなる)
  3. ドドロの黒い体に接触する(即死)等を行うと死亡する


『2』

  1. 落石にピクミンが巻き込まれる
  2. 地下でピクミンを抜かずに置き去りにすることで死亡する


しかし、ピクミンが食べられる前に生物を倒すと助かる。(共通)

日没で死亡

地上のみ。
隊列やオニヨンのそばにいない限りは死ぬ(作業・生物との戦闘をしているときにも含む)。
『1』では、色別にピクミンを1色1匹だけにして(ピクミンの成長の最終段階を先頭)、
生物に食われる。
また、全てのリーダーの体力がなくなると地上でピクミンが死亡(日没扱い)。

『1』におけるステージ別の日没で置き去りにしたピクミンを死亡させる生物

樹海のヘソ大水源以外はチャッピー、樹海ではマロガエル、大水源では8匹のトビンコが、置き去りにしたピクミンに対しておそいかかる。

『2』

生物の餌食にされる。
(死亡したピクミンは炎・水の攻撃などかかわらず、日没死亡の扱い)

『3』

『2』と同様。なお、日没が近付くと、Wii U Game Padに「このままでは死んでしまうピクミン」が表示されるので、前2作よりもわかりやすくなっている。

炎で焼かれて死亡

『1』

ブタドックリまたは噴き出す炎が、以外のピクミンに触れた時点で燃え、すぐに集合しない限り、大惨事になってしまう。死亡は戦いで死亡にカウントされる。

『2』

  1. ヘラクレスオオヨロヒグモの炎の攻撃
  2. 炎をまとったヤキチャッピー
  3. ベニショイグモの出す炎
  4. ブタドックリの出す炎
  5. 噴き出す炎の火


『3』

  1. 炎をまとったカジオコシ
  2. アメニュウドウの炎攻撃


以外のピクミンに触れた時点で燃え、すぐに笛で集合しないと死ぬ。

水でおぼれて死亡

『1』

青以外のピクミンでミズモチに触れると、即死。
また、水におぼれて放置すると、青以外のピクミンは死亡。
これは戦いで死亡にカウントされる。

『2』

  1. ルリショイグモヘラクレスオオヨロヒグモの水の塊、ミズブタの噴き出す水に触れる
  2. 各地の地下・地上の水溜りに触れる


『3』

  1. ミズンボウアメニュウドウの水攻撃


以外のピクミンがおぼれると、死ぬ。
また、笛で集合すると、おぼれずに済む。
さらに、青ピクミンを水中に投げ込むと、青以外のピクミンは救出できる。

電気・感電で死亡(『2』以降)

『2』

  1. まだ壊していない電気のトビラ
  2. キショイグモの放電
  3. 2匹以上のエレキムシの放電
  4. ヘラクレスオオヨロヒグモの出す地雷からの放電
  5. 地下の電極の放電


以外のピクミンが触れたところで即死。
他のトラップと違い、集合で救出できないため、特に注意が必要。

『3』

  1. 洞窟の導線の放電
  2. ビリーアメニュウドウの電気攻撃

『2』と違い、死ぬことはなくなった(痺れて動けなくなる)。

爆発で死亡

『1』、『3』

バクダン岩の爆発に巻き込まれると死亡(死亡項目は戦いで死亡)。

『2』

  1. バクダン岩の作動
  2. サクレショイグモの自爆
  3. サクレウラメが落とす爆弾岩
  4. タマコキンのBB弾に直撃
  5. ダマグモキャノンの弾


いずれも即死。集合での救出は不可能。

毒におかされて死亡(『2』以降)

『2』

  1. ガスゲート
  2. ガス管(地下)
  3. オナラシムラサキショイグモの出す毒(どちらも地下)
  4. ヘラクレスオオヨロヒグモのケミカルウェポンから噴射される毒


『3』

  1. ツブラメケメクジや、カワスミの出す墨、オオバケカガミの出す毒

『2』とは違い、死ぬ事はなくなった。(『2』におけるタマゴムシの様な反応をする。)

以外のピクミンが触れると毒に侵され、すぐに笛で集合しないと死亡する。

コッパチャッピーの死亡について(『2』のみ)

日没(コッパチャッピーは地上に連れていけない、死亡カウント対象ではない)や、炎や水や電気に毒で死ぬことはない。
ただし、地下での戦い・爆発で死亡する。また、隊列に加える前や、ハチャッピーが存命の時にもフタクチドックリの岩などで死ぬ事もある。

関連記事

親記事

ピクミンシリーズ ぴくみんしりーず

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ピクミンの死亡について」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8312

コメント