ピクシブ百科事典

長波(艦隊これくしょん)

ながなみ

ブラウザゲーム「艦隊これくしょん」に登場する艦娘。モチーフは同名の駆逐艦。
目次[非表示]

史実の駆逐艦については「長波(駆逐艦)」を参照。

図鑑データ

艦名長波
図鑑No135
艦級夕雲型4番艦
艦種駆逐艦
CV竹達彩奈
イラスト藤川


「夕雲型駆逐艦4番艦、長波サマだよ!さーいくぜ、オーッ!」

概要の再現と行っきましょう!

2013年10月16日のアップデートにて巻雲と同時に実装された夕雲型四番艦。武勲艦として名を立てた艦のためか、夕雲型の中でも運の値が高めである。
2014年2月26日の時点で3-2、3-5、4-4、5-1、5-3ボスと5-4全域からのドロップしか報告されておらず、入手は比較的困難な部類(昔はもっと困難だった、詳しくは下記参照)。A勝利でも良い海域があるのが救いか。
性能は駆逐艦として平均的かつ改造可能Lvが30と高めだが、巻雲と同様、改造後に貴重なホロ装備「三式水中探信儀」を持って来てくれる。

容姿こそすべての基本だなぁ

長波ちゃん


腰まで在る長くウェーブのかかった黒髪と、後頭部にある黄色いリボンが特徴。特に黒髪は外側が黒、内側はピンクというかなり不思議な配色がなされている。

最近、某所似たような髪色の人物が出てきた。

「娘-TYPE」2016年4月号付録の夕雲型ポスターのサンプルが公開された際、現時点で実装されている「夕雲型の中で長波が一際背が高い」と大きな話題になった。
この長波は背伸びをして巻雲の肩に乗っかっているように見え、上がった踵の分を考慮するとほぼ隣の巻雲と同じ程度になると言われている。だが、体を折っている度合いを考慮していないため、これも含めれば長波が一回り高いとも言える。
これらは諸説あるため、他の公式画像で比較対象が発生することが望まれる。

標準的駆逐艦の記念撮影
艦これワンドロ2月後半


なお、中破させてみると駆逐艦らしからぬ胸部装甲をお持ちであることが判明する。
だが、浜風程話題には上がらない(下手すれば浦風磯風よりも話題にならない)。
理由は潮よりも入手難度が高く、通常時は露出度の低いジャンパースカートで完全に隠れてしまっている事である。これでも潮の次に実装された明確に判別できる巨乳駆逐艦である。(一部の改や改二勢は除く)
また、彼女が実装された当時は5-4がなく、第二の初風と呼ばれる程の入手難度かつ、プレイ人口も今ほど多くはなかったため、実装からしばらくの間は投稿されるイラストの数も多くなかった(磯風と違ってクリア報酬としての話題も無い)。
最近ではイベント海域等により入手した提督も多いため、それに伴いイラスト投稿頻度は増えつつある。
また、2016年3月に物好きな提督達によってtwitterにて密かに開催された「艦娘意外とスケベボディ頂上決戦」で、3月12日までの集計結果にて長波が1位に輝くという結果を得た。

この結果、つけられた巨乳タグが「乳波」である。


限定グラフィック

2016年以降、姉たちに続いて限定グラフィックが実装された。

3周年記念

長波


ピンクのチューリップと白いの花の花束を携えた姿で登場。
ボイスでは三周年を迎えたことに感慨深げになりつつも、ならばと発奮して出撃を具申する気合の入った長波様が拝める。
中破すると花束を守ろうと前屈みになるのだが、……これが有志によってエろ……もといエラいコラ画像にされてしまい、ちょっとした話題になった。

浴衣グラフィック

浴衣最高でした波様+おまけ


さらに2016年9月17日の更新で、陸奥と同時に新規秋祭りグラフィック追加実装組として参加。
長い髪を後ろで団子状にまとめ、濃藍(こいあい)の牡丹柄の絞り染めの浴衣を、艤装のランドセルのベルトを利用することで襷掛けにして着付けている。深緋(こひき)の一松文様の入った柄帯を締めており、濃い和色の赤と青のツートーンが、男っぽい言動が目立つ長波の雰囲気によく合っている。
浴衣の裾は右足だけ敢えてめくり上げて肌蹴させている辺り、彼女のキャラが良く引き立っている。
足元は下駄というより、雪駄サンダルに近いもので、黒に白い鼻緒が特徴的。

中破時はいつもの中破が浴衣に変わったものだが、強気に「い~っだ!」をしていた表情が、どこか困り顔で「あっかんべー」するように変更されている。
そして履物を失くした右脚がとても色っぽい

ボイスでは元気な島風を見て「若い」とオッサンくさくぼやいている。
なおグラフィックでは遠くを眺めるような仕草をしているが、これはボイスでトンボと瑞雲を眺めているため。
「増えたよねー、瑞雲」とぼやき気味に零している。
……え、いや、師匠は呼んでないです、はい(汗)

なにー?性格の話?

勝ち気で威勢が良く、どこかガキ大将を思わせる男っぽい口調で話し、時には夜更かしする提督すらも叱り飛ばす。深夜番組やチャーハンが好きという嗜好も男らしい。
しかし、その男らしさに反して実は周囲をよく見ており、長波の時報は、彼女のプロフィールよりも鎮守府を代表する各艦娘の生活描写の方が目立つ。
また中・大破時、中破以上での入渠など、時折セリフの端々に何処となく“年頃の女の子っぽさ”もちゃんと残している。
要するにマニッシュ系というよりは、面倒見のいいオテンバ娘といった感じが強いと言えよう。
一方で、季節ボイス等でたまにおっさんくさい発言をこぼすことも。

提督に対しては非常にフランクな関係を築いている一方、彼女自身は史実で戦隊司令官でもあった田中頼三少将LOVEである。他にも優秀な提督を数多く見てきた長波にとって、提督はまだまだひよっ子といったところだろうか。とはいえ、MVP時には田中少将に勝るとも劣らないと評価してくれる。また、母港でつついた時に言う「優秀な提督を見てきたが」という台詞の奥には、提督もまたその「優秀な提督の」ひとりとして評価しているニュアンスが伺える。
余談だが、ケッコンについては戸惑いながらもちゃんと受け入れてくれる。ケッコン後母港ボイスも2016年2月29日に新規のものに差し替えられ、より提督との信頼関係を喜んでいる様子が描かれたものになった。

ただし、その田中少将は「だって君、僕は駆逐艦乗りだよ」と豪語する第一水雷戦隊司令官の木村昌福少将キング・オブ・駆逐艦長こと吉川潔中佐とは違い、あくまで”水雷屋”である。ルンガ沖夜戦があった時期における第二水雷戦隊の長波旗艦は臨時編成であり、田中少将は第二水雷戦隊司令官として、その時の状況に合わせて将旗を掲げる艦を変更していたにすぎない。故に田中少将自身には長波はおろか、他に特別な思い入れのある艦があったとは言えないことから、彼女の想いにはちょっと切ないものを感じさせる。
とはいえ、実際に長波がどの程度田中少将LOVEなのかは本人に聞かないと分からないが、我々が著名人を尊敬するようなものと同じと考えるのが一番自然なのかもしれない。

2016年2月29日アップデート時に始めて季節ボイスが追加された。その内容は「雛祭り」の様子のもので、長波が提督室に飾られた雛壇に興味を持つという内容だが、その雛人形を触っているとちょっとした事件が…。
ホワイトデーボイスではバレンタインデーボイスが無かったためか、提督からのプレゼントに「なんか悪いな」と戸惑いつつも来年のバレンタインデーのプレゼントを約束し、最後に「ありがとな」と感謝していた。
春本番ボイスでは、夕雲の発案した夕雲型によるお花見に「意外と気にする性格だから秋雲も誘ってやろう」と提案しており、周りの人物のことをよく把握している気遣い上手な性格が伺える。

う~ん、その他…

ながなみ~


装備変更等の際ドラム缶についてやたらと言及しているが、これは前述したルンガ沖夜戦にちなんだもの。ちなみに彼女は旗艦で警戒隊だったため、ドラム缶を搭載していない。(積んでいたのは涼風陽炎黒潮含む6隻の輸送隊駆逐艦)
それにもかかわらず、長波はドラム缶を積む事を嫌がっている。
2014年2月26日、装備品として「ドラム缶(輸送用)」が新実装されたので、涼風らにだけドラム缶を積ませてルンガ沖夜戦を再現できるほか、イジワル目的で彼女にドラム缶を積んであげる事も出来るようになった。
なお、長波を旗艦にすると開発でドラム缶が出やすいという噂も一時流行ったが、当然ネタである。(しかし、開発成功時のセリフは明らかにドラム缶を意識している)


関わり深い艦

島風

島風と長波サマ


駆逐艦隊をたらい回しされていた島風とは3回も作戦を共にしており、沈む時も一緒。なので時報でも島風(と雪風)と友人関係にある旨が言及されている。よかった、ぼっちじゃなかったね島風。
その都合で、島風と一緒にいる長波の姿もよく見かけるようになった。
詳しくはこちらを参照島波

子日

子日「0時と聞いて来ました☆」


時報では子日が登場。0時と12時を伝えて去っていくが、史実においては長波就役の5日後に子日は没しているため、二人の接点は全く無い。
だが、そのずうずうしく、またウザいはずの子日の時報割り込みに対して長波は好きなようにさせていることからも、『艦これ』内においてのお互いの親密な距離感を表している。詳細はこちら長波子日

朝霜

朝霜ちゃんと長波ちゃん


『艦これ』において長波と朝霜の関係に言及されるところはないが、レイテ沖海戦と多号作戦において共に行動していることなど、夕雲型における巻波喪失後の長波の相棒としての展開が期待されている。二次創作界隈においては、夕雲型で一番の武勲艦を比較した際、ふたりが甲乙つけがたい者同士であることから、ライバルのような間柄で描かれることが多い。
朝波

高波

まずは願掛けからだ


ルンガ沖海戦を共にした高波からは「自慢の姉さま」と呼ばれ、彼女の時報でも度々触れられており、慕われている。
2隻の史実での因縁は浅からぬものであり、当事の日本軍からは「長波が高波を見捨てた」との酷評を下されている。そのせいか、のちに海自の名前に使われたのも高波→「たかなみ」のみで、現在3代目(しかもネームシップである!!)が就役しているのに対し、長波の名は現在にいたるまで復活の気配すらない
一方、皮肉にも米国では「高波は先走って無用な攻撃を受けた」として高波が酷評され、逆に長波の戦果は賞賛されている。
これらの史実背景も手伝って、頼れる姉と気弱な妹として長波・高波姉妹を描いたイラストも順調に増えており、有力なカップリング候補として今後が期待される。詳細はこちら長高波

五月雨

さみながまとめ #さみなが


最近Pixivやニコニコ界隈をにぎわせている、五月雨との組み合わせだが、艦これ側では一切お互いについて触れられていないものの、史実における二人のあらましを見れば非常においしい組み合わせで、これからの発展が期待できる二人である。
詳しくはこちらの記事を参照さみなが

照月
秋月型の2番艦である照月とは、ガダルカナルの輸送作戦において二水戦の旗艦をやりとりした間柄である。照月は田中少将の判断が裏目に出た結果、魚雷艇の雷撃によって就役からわずか104日で艦歴を閉じてしまうことになるのだが、田中少将は戦後「長波におればいいものを、内地からきた照月には何かうまい食い物があるのだろう、と思ったのが失敗だった」と長波の慰霊祭にて元乗組員に話していた。
こうした経緯からか、照月の14時の時報で長波が登場している。お互いのレアリティの高さのためまだほとんど触れられていないが、いずれ見出されることが期待される。


何かと髭のショーフクこと木村昌福少将と縁のある霞だが、木村少将と田中少将は同期でともに有名な水雷提督であり、それぞれの思い入れ同士としてのふたりである。
艦としては、霞が北方でグロウラーに18駆逐隊を壊滅させられたときに救援物資を長波が届けに来たことがあり、その2年後の多号作戦において霞の指揮下にて長波が作戦行動を共にしている。
どちらも指揮官タイプの駆逐艦として、何かと縁のあるところが楽しみといえる。

阿武隈
霞と一水戦旗艦ペアとされる阿武隈(あぶすみ)は、キスカ島撤退作戦において指揮下にあった。

神通

神通と長波詰め


長波懇意の田中少将は神通の艦長を務めたことがあり、その田中少将と長波に縁深い木村少将もまた、神通の艦長を務めた。長波と一緒にいた時間そのものはとても短いが、長波が本土修理を必要とするほどまで酷使されながらも預かっていた二水戦旗艦を再び引き継いで、長波が本土から戻ってきた後には1対1(マンツーマン)で対空訓練を行っている。
単純な形ではなかなか見えてこないが、長波にとって神通はとても崇高で尊敬する上司であると言えるだろう。


長波が就役直後に所属した横須賀鎮守府にて共にあったのが秋月である。
任務の都合、秋月と顔を合わせられたのはせいぜい一週間くらいであるが、朧とは実質一か月そのそばにいたことになる。秋月が朧を先輩と慕うのは有名になっているが、秋月の原点が朧プラス秋雲なのに対し、長波の原点は朧とおまけで秋月であり、また長波は朧と同じ艦隊型駆逐艦なので、先行している秋月よりも長波にとっての朧の存在と影響力は深く強い。
故に、長波にとって朧は自身の礎となる先輩としての敬意を持って接していると考えてよい。

上記に加えて、2016年9月現在は未実装であるが「巻波」もまた長波との行動回数的な意味で長波が就役当初から共に行動していたこともあって、実装された場合は長波との絡みが期待される。
また、島風同様に初陣と沈没が一緒だった「若月」もまた、長波とのつながりについて無視できないものがあり、こちらも実装時において公式の絡みが期待される。

いいじゃない、寄せ集め関連イラスト最高!

長波
ジト目な長波様


指うめぇ!
長波ちゃんと



提督への関連タグねー。んで?どうなのさ

艦隊これくしょん 艦娘 駆逐艦娘 乳波
夕雲型高波(艦隊これくしょん) 朝霜(艦隊これくしょん) 沖波(艦隊これくしょん)
陽炎型秋雲(艦隊これくしょん)
島風(艦隊これくしょん)
第三一駆逐隊 / 第二水雷戦隊神通(艦隊これくしょん) 能代(艦隊これくしょん)
軍隊区分:キスカ島撤退作戦 第四次/第三次多号作戦 - 霞(艦隊これくしょん)

長波(駆逐艦) 巻波(駆逐艦)

pixivに投稿された作品 pixivで「長波(艦隊これくしょん)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2132559

コメント