ピクシブ百科事典

BattleshipGirl_鋼鉄少女

ばとるしっぷがーるこうてつしょうじょ

『Battle ship Girl -鋼鉄少女-』とは、原作・惟丞、作画・皇宇(ZECO)による漫画作品。スマホゲーム版もリリースされている。
目次[非表示]

亜細亜の海の秩序は、私たちが守る」

概要

『Battle ship Girl -鋼鉄少女-』とは、原作・惟丞、作画・皇宇(ZECO)による台湾(中華民国)漫画作品。ドイツ編の『Battle ship Girl -北海のワルキューレ-』、続編の『Tempest -鋼鉄少女 嵐-』がある。

登場するキャラクターは第二次世界大戦太平洋戦争当時の軍艦や航空機を擬人化した少女たち。無印版の主人公は駆逐艦・雪風

かわいらしい絵柄とは裏腹に内容は太平洋戦争をテーマにした非常に重いもの。キャッチコピーからわかるとおり、大日本帝国海軍に寄り添った視点が多い他、尖閣諸島に関する問題など東アジアの海洋秩序を問う作品でもあり、(日本でも台湾でも)政治的には議論を呼びそうな内容を含んでいる。

また雪風が主人公というのは、同艦が戦後中華民国に賠償艦として引き渡され、丹陽として中華民国海軍の主要戦力として活躍し続けたことにちなむ。

これは作画担当の皇宇による、台湾最高研究機関公認の萌え軍事本と言われる『陽炎少女 丹陽』(同タイトルはもちろん丹陽=雪風のタイプシップである陽炎型から)からの引き続きの登板である(とは言え、世界観はまったく異なる)。

前述の理由により、情報だけは台湾から入ってきていたものの、日本での商業ベース展開は難しいとされていた。しかし、2011年、これまた問題書籍の多いことで有名なワニ・ブックス刊行のコミックガムでの和訳定期掲載が行われることになった。
2016年02月01日現在コミックスは6巻(嵐編2巻)+外伝コミックス1巻まで。

なお検索時は『鋼鉄少女』で部分一致検索すると最も簡単。

漫画版の主な登場キャラ


ゲーム版のキャラ一覧はこちら

TIPS

オンラインゲーム『艦隊これくしょん』のアイデア元(の一つ)になったと言われており、本作の雪風と艦隊これくしょんの雪風キャラクターデザインが似ている(なお、大和はじめ他の艦娘は、本作の擬人化キャラとはデザインがまったく異なる)。

作画担当の皇宇はpixivユーザーでもある。ZECOはもともとWeb・同人活動用のハンドルネームだったが、日本での商業展開にあわせて公式に皇宇=ZECOであるとした。

なお、主人公は雪風であるにもかかわらずワニブックス版第1巻の表紙は大和である。
架空戦記界隈では、「表紙が大和か否かで、売り上げが天と地」という格言・現象があるそうだが……

スマホゲーム版

中国の艦艇擬人化ゲーム作品『戦艦少女R』の成功に触発されてか、本作も2015年にiOS・Android対応のスマホゲーム版がリリースされている。システムは好感度システムやスキル制など、『戦艦少女R』のあからさまなパクリ…もとい、ほぼ同じ。

『戦艦少女R』と異なり日本での公式展開は行っていないが、日本からもダウンロード・プレイは可能。中国語版しか配信されていないにもかかわらず、日本の人気声優が大勢出演しており(当然キャラクターボイスは日本語)、主題歌は花澤香菜が日本語で歌っている

関連画像

Battleship Girl -鋼鉄少女- 3巻
BSG-北海のワルキューレ-



関連サイト

鋼鉄少女(ゲーム)Facebook
中国語wiki

関連タグ

漫画 兵器擬人化
太平洋戦争
台湾

pixivに投稿された作品 pixivで「BattleshipGirl_鋼鉄少女」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6270

コメント