ピクシブ百科事典

コンスタンティン

こんすたんてぃん

『コンスタンティン』(Constantine)とは、2005年公開のアメリカ映画。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. アメリカンコミック『ヘルブレイザー』の主人公。ジョン・コンスタンティン。
  2. 1の漫画を原案とした映画。本項で記述。
  3. 1の漫画を原作とした海外ドラマ。タグとして「constantine」が使用されることが多い。
  4. コスプレダンスユニット『アルスマグナ』のメンバー榊原タツキのぬいぐるみ
  5. アプリゲーム『乖離性ミリオンアーサー』の登場人物

Hell wants him. Heaven won't take him. Earth needs him.
地獄は彼を欲し、天は彼の魂を拒絶する。彼だけが人の未来を救えるにも関わらず・・・

概要

監督はフランシス・ローレンス。
原作DCコミックから刊行されているアメリカンコミックヘルブレイザー』(Hellblazer)。内容としてはほぼ別物になっている。
キリスト教にまつわる単語、人物などが取り入れられている。

あらすじ

この世は天国と地獄の狭間に存在している。
完全な天使や悪魔はこの世へ直接行き来することが出来ないが、天使でも悪魔でもないハーフ・ブリードと呼ばれる使者をこの世に送り込むことで、天国と地獄は彼らを通して間接的に人間へ影響を及ぼしていた。

舞台は現代のアメリカ、カルフォルニア州ロサンゼルス。
ある日、友人のヘネシー神父から悪魔祓いの依頼を受けた主人公ジョン・コンスタンティン
少女に憑依した悪魔が人間界に入り込もうとしていることに気付く――。

登場人物

※日本語吹き替えはソフト版/テレビ朝日版の順

ジョン・コンスタンティン John Constantine
演:キアヌ・リーブス  吹き替え:小山力也/森川智之
主人公。悪魔祓い師。超常現象専門の探偵
生まれつき人間以外の者を見ることが出来る能力を持ち、かつてその力に絶望して自殺するが生還する。
キリスト教において自殺者は地獄に落ちるとされているため、悪魔祓いによって神の恩赦を得て、天国に行こうとしている。
肺ガンになり余命一年と宣告されても煙草を吸い続けるヘビースモーカー。

アンジェラ・ドッドソン刑事 Detective Angela Dodson
演:レイチェル・ワイズ  吹き替え:甲斐田裕子/岡寛恵
ロサンゼルス市警。
悪魔や幽霊の存在を信じていない現実主義者だが、直観的に犯人の居場所を突き止め、どこを狙って撃てばいいか分かる不思議な力に悩まされている。

イザベル・ドッドソン Isabel Dodson
演:レイチェル・ワイズ  吹き替え:甲斐田裕子/岡寛恵
アンジェラの双子の妹。
コンスタンティンと同じ力を持っていたが、心の病と診断され精神病棟に収容されていた。

チャズ・クレイマー Chas Kramer
演:シャイア・ラブーフ  吹き替え:川田紳司/浅沼晋太郎
コンスタンティンの助手。タクシー運転手
いつかコンスタンティンから協力を求められる日が来ることを信じ、宗教や超常現象に関する知識を学んでいる。

ヘネシー神父 Father Hennessy
演:プルイット・テイラー・ヴィンス  吹き替え:塩屋浩三/石住昭彦
コンスタンティンの友人の僧侶
かつてはコンスタンティンと共に悪魔と戦っていた、生命力溢れる聖職者だったが、今では戦いに疲れ果て、些細な悪魔祓いの儀式でさえ彼に頼っている。
超自然的な知覚で聞こえる声を紛らわすため、酒を飲み続けアルコール中毒になっている。

ビーマン Beeman
演:マックス・ベイカー  吹き替え:飛田展男/多田野曜平
コンスタンティンの友人。歴史学者
世界中の密売人と物々交換をしながら様々な聖遺物を手に入れている。
錬金術の実験中に爆発事故を起こして以来、耳鳴りに悩まされており、その耳鳴りを掻き消すため、ボーリング場で暮らしている。

ガブリエル Gabriel
演:ティルダ・スウィントン  吹き替え:田中敦子/勝生真沙子
天国からのハーフ・ブリード。大天使ガブリエルの身代わり紙人形。
人間の思考を読み取り、テレパシーで話す力を持つ。
コンスタンティンが願ってやまない魂の救済を拒み続ける。

パパ・ミッドナイト Papa Midnite
演:ジャイモン・ハンスゥ   吹き替え:落合弘治/相沢正輝
ハイチ出身の祈祷師で信仰療法師。
現在は天国と地獄からの中立を宣言し、ハーフ・ブリードが自由に打ち解ける場所として、ナイトクラブ“ミッドナイド”を経営する実業家。
聖遺物の収集家でもある。

バルサザール Balthazar
演:ギャヴィン・ロスデイル  吹き替え:山野井仁/江原正士
地獄からのハーフ・ブリード。
“ミッドナイド”の常連客。などを自由に操る力を持つ。

ルシファー Lucifer
演:ピーター・ストーメア  吹き替え:安原義人/野沢那智
サタン。全ての悪魔の頂点に君臨する地獄の王。もと天使でガブリエルの上司

マモン Mommon
ルシファーの息子。

(YHVH) God
キリスト教ユダヤ教イスラム教における森羅万象を司る唯一無二の存在。

主なアイテム

様々な聖遺物が登場する。

運命の槍
イエス・キリストの処刑の際に使用された槍。
この槍を使った兵士の名前から“ロンギヌスの槍”とも呼ばれている。
キリストの血が付着した聖槍の所有者は世界を征することが出来るという伝説がある。
戦時中アドルフ・ヒトラーオーストリアのハプスブルグ家に伝わる槍を強奪したとされるが、ナチス失脚後、槍は行方不明になっている。

地獄の聖書
地獄版の聖書
表紙の十字架が逆さになっており、神に対する反逆を表している。
新約聖書の中でコリント書は17章までしかないが地獄版には21章まで存在する。
その16章29節から30節には「息子の罪が父の罪を上回るだろう」と記されている。
また“ヨハネの黙示録”は「この世は悪魔が火で滅ぼし生まれ変わらせる」と解釈されている。

聖なるショットガン
ビーマンが用意した聖遺物の一つ。
象眼模様が施された軸が空洞になっている十字架から作られた銃。
ラテン語で、
「a cruce salus (魂の救済は十字架から生まれる)」
「decus it tutamen (救済の装飾と手段)」
「dei gratia (神の恩寵により)」
と刻まれている。

ドラゴンの息
ビーマンが用意した聖遺物の一つ。
3メートルの炎が吹き上げる火炎放射器のような武器。

スクリーチ・ビードル・ボックス
ビーマンが用意した聖遺物の一つ。
ニューヨークにあるアミテヴィル・ホテルの名前入りの古ぼけたマッチ箱。
箱を振ると悪魔には爪で黒板を引っかく音に聞こえるという虫が鳴く音がする。

聖水入りのアンプル
ビーマンが用意した聖遺物の一つ。
イエス・キリストが洗礼を受けたヨルダン川の聖水が入っている。

メリケンサック
ビーマンが用意した聖遺物の一つ。
かつて十字軍が遠征した際に司教により祝福された純金で出来ている。
「In nomine pater et filius et spiritus sanctus (父と子と聖霊の御名によりて)」
と記されたラテン語と十字架があしらわれている。

ライター
コンスタンティン愛用のライター。
“聖ベネディクトのメダイ”が彫刻されている。
メダイはカトリック教徒が信仰を深める為に身に付けるアクセサリーであるが、特に“聖ベネディクトのメダイ”は古くから悪魔払いに有効であるとされている。

脚注

映画パンフレット『コンスタンティン』
コンスタンティン(本映画作品のノベラゼーション)

関連イラスト

ガブリエル



余談

キリスト教伝統派のカトリックにおける、天国地獄天使悪魔といった世界観を実に良く表現している本作だが、主人公であるコンスタンティンを演じる主演のキアヌ・リーブス仏教徒である。

関連タグ

映画 洋画 エクソシスト 天使 悪魔
ヘルブレイザー ジョン・コンスタンティン

外部リンク

コンスタンティン (映画) - Wikipedia
映画 コンスタンティン - allcinema

pixivに投稿された作品 pixivで「コンスタンティン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 704244

コメント