ピクシブ百科事典

プリキュアつながるぱずるん

ぷりきゅあつながるぱずるん

プリキュアつながるぱずるんはプリキュアシリーズ初のスマホゲームである。
目次[非表示]

概要

プリキュアシリーズ初のソーシャルゲームで、2017年3月16日にバンダイナムコエンターテイメントから配信・サービスを開始した。
ダウンロード・プレイは無料で、アイテム課金制を採用している(課金には年齢制限があり、生年月日を登録しないと課金アイテムを購入出来ない。また課金にはペアレンタルロック機能もある)。
略称は「キュアぱず」(Twitterのハッシュタグにも使われている)。

ゲームシステム

パズルゲームで、同じ色のピースを一筆書き方式で3つ以上消すことで面クリアを目指す「マッチ3」(『コラムス』『キャンディークラッシュ』等が代表例)に属する。

敵集団・ツナガラーズにプリキュア達が挑む。プレイヤーはプリキュア(変身前の姿でカード化されており、カードの中から選択する)となって、ピースを消し続ける事で敵にダメージを与えて戦う。当然敵も反撃し、プリキュアのHPが0になるとゲームオーバーである。

ゲームは本編ステージ、トレーニングステージ、各プリキュアごとに割り当てられるエピソードステージ、ほぼ毎月設定されるイベントステージで構成される。本編ステージは4エリアで構成され1エリア辺り40面。トレーニングステージは難易度(4段階)別に1面。エピソードステージは1面。
各面には推奨キャラクターレベルが設定されている。
本編ステージの幹部面(各エリアとも5面ごとに置かれる)とトレーニングステージは1日3回、エピソードステージは1日5回までのプレイ制限がある。

ピースは7色(ピンク、赤、黄色、青、緑、紫、白)存在し、各プリキュアのパーソナルカラーに対応する。プリキュアと同じ色のピースを消すと、敵に与えるダメージがアップする。
一定の数以上のピースを消すとボム(爆弾)が生成される。また自己強化や敵スキル打消の効果を持つピースが降ってくる事がある。
ピースを消し続けると、画面内にある決め技(ゲーム内では「ひっさつわざ」と表記される)ゲージが溜まり、ゲージが満タンになると「ひっさつわざ」が使用出来る。

プリキュアのカードはレア度に応じて星1から星4までのものと、星5に相当する「変身カード」があり、レア度が高くなるほどキャラクターレベル上限やHP、攻撃力などのパラメータが高くなる。また同一キャラ・同一レア度でも固有能力(ゲームプレイに影響する「アビリティ」と、パラメータに影響する「スキル」がある)や追加効果が異なるカードがある。
同一カードが重複すると「ひっさつわざ」レベルが上昇する。レベルの上限は10で、1レベル上げるためには1~4枚が必要となる
カードはイベントの面クリアや「ガシャるん」と呼ばれるガシャなどで入手出来る。変身カードのみはエピソードステージ(低確率)か、「プリキュアチャレンジ」と呼ばれるミッション(確実)のクリアが条件となる。

面クリアや各月ごとのログインボーナスで「ほうせき」「ハート」「コイン」が入手出来る。ほうせきは初期状態に350個(2017年9月現在)が配布され、ガシャやコンティニューに主に用いられる。ハートは初期状態及び上限は20個で、パズル1面につき1個を消費し、30分ごとに1個回復するほか、「ともだち」となった他のユーザーからもらう事が出来る。コインはガシャや、プレイ制限のある面でプレイ回数を回復(3回まで)する場合に用いられる。

エピソードステージではツナガラーズ以外の敵(主にTVシリーズでの敵)と対戦する事がある。

登場するプリキュア


なお、ゲームに登場するプリキュア妖精は『魔法つかいプリキュア!』のモフルンのみで、同ゲームのナビゲーションキャラクターを務めている。その他の妖精は各プリキュアカード(一部)のイラストやエピソードステージでの登場にとどまっている。

「メキシコの荒野」

基本的に子供向けとしている本ゲームだが、面の形態や障害物の配置、敵の妨害などが厳しく、難易度は本当に子供向けなのか疑問符が付くほど高い。特にサービス開始当初の3ヶ月は理不尽な難易度と言ってよく、東映アニメーションの2017年3月期決算株主総会にまで苦情が持ち込まれたほどだった。

  • 一例を上げると、各プリキュアカードのキャラクターレベル上限は最高40(星4カード及び変身カード)だが、ステージ「キルトランド」のエリア4-40は、サービス開始から2017年6月7日のメンテナンスまで、推奨キャラクターレベルが「45」に設定されていた(現在は38に引き下げられている)。
  • 台詞面でのキャラ崩壊も問題視され、特にモフルンが本来言わないような台詞を連発してたことに苦言が呈され、結果このモフルンは「殺意に溢れたモフルン」、あるいはゲーム名にかけて「パズルン」と呼ばれるようになってしまった(2017年9月に修正されている)。
    • さらに『ハートキャッチ』イベントでの台詞も問題に拍車をかけ、中でも明堂院いつきの台詞があまりにも原作を無視したレベルであったため、一層ファンを怒らせる結果となった。
    • こうした事もあり、『スマイル』以降実装されたキャラクターの台詞に関しては主要スタッフや声優のチェックを得るようになり、その点では多少なりとも改善はされつつある。

この当時、プレイヤーの1人であるハンドルネーム「人のプーさん」が、コンテンツ共有サービ「note」に投稿した攻略記事において、その難易度を「過酷なメキシコの荒野」と例えた事がプレイヤーに受け、Twitterを中心に「キュアぱず=メキシコ(の荒野)」という表現が広まった。また、プレイヤーの間でリコが「メキシコから来たタフな男」と呼ばれるようになったのもこの記事がきっかけである。

関連イラスト

プリキュアつながるよくあるソシャゲぱずるん
たのしいキュアぱずの絵


メキシコのタフな魔法つかいさんから一言
メキシコ



関連タグ

プリキュア ソーシャルゲーム パズルゲーム

外部リンク

公式サイト
プリキュアつながるぱずるん攻略wiki

プリキュアつながるぱずるんという過酷な荒野に挑む戦士たちへ : 「キュアぱず=メキシコ(の荒野)」の発端となった人のプーさん氏の記事。攻略記事としても優れている。

pixivに投稿された作品 pixivで「プリキュアつながるぱずるん」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 64127

コメント