ピクシブ百科事典

首領タウ・ザント

しゅりょうたうざんと

『宇宙忍者ファイル、首領タウ・ザント。「百足」と書いて「ムカデ」と読む。勉強になるねぇ~』(#49)
目次[非表示]

「いいだろう。邪悪なる意志よ、我らジャカンジャがその野望を叶えてやる。そして、共に新たな宇宙の支配者とならん!」
CV:梁田清之

概要

宇宙忍群ジャカンジャの首領。「アレ」が地球にあるということを突き止めて、自ら宇宙最強の生命体にならんと企む。
千の顔と二千の足を持つとされ、寄生要塞センティピードに体を巻き付ける程長く巨大な体の持ち主である。
フラビージョウェンディーヌからは「タウ様」、サタラクラからは「タザやん」と呼ばれている。モチーフはムカデで、名前は(thousand)から。

基本的にセンティピードの謁見の間から座して動かないが、それでも気合だけで宇宙空間に浮かぶお札化した人間を消滅させるほどの力を持ち、暗黒七本槍を絶対的な力で統率する。
「アレ」の力を得た後は人間のような体つきになった。

威厳ある態度で部下に接し優秀な人材に対しては人格やどこの宇宙の生まれでも気にしない豪快さを持つ一方、目的のためなら容赦なく部下を切り捨てる非情な性格。
ただし上忍が減り人員補充を強いられた際はサタラクラを呼ぶのに躊躇する一面もあった。

タウ・ザント究極体

『タウ・ザント究極体。サンダールが下克上!まさか飼い犬に手を噛まれるとは…!』(#50)

嘆きの弓と怒りの矢のメダルを手に入れ、さらにジャキュームガンのエネルギーで究極の力を手に入れたタウ・ザント。
だが、アレが生まれる直前にサンダールに裏切られて海に沈み、アレが活性化した後肉体は邪悪なる意志に憑依されてしまった。
そのため、彼自身の意志はハリケンジャーとは対決していない。(※サタラクラを切り捨てる様子を目の当たりにした事に関してサンダールが驚いていた事を踏まえると、この下克上は当然の流れとも取れるが…)。
弱点は眉間らしく、サンダールが裏切った際や邪悪なる意思が憑依した時もそこを突かれ倒された。

余談

タウ・ザント究極体は海外版ではローザーが操縦する巨大ロボ・ローザーゾードとして登場。原作よりも防御面で大幅に弱体化しており、ストームメガゾード(旋風神)のカラクリボールを1発当てられただけで跡形も無く消し飛ぶ程の紙装甲。これはアメリカの表現規制が厳しく、旋風神の剣で眉間を串刺しにする場面が禁止表現の1つである「顔面への攻撃」に該当する為、やむを得ずカットせざるを得なかった事情がある。

声を演じる梁田氏は、昨年の『百獣戦隊ガオレンジャー』にて、武者人形オルグの声を演じており、スーパー戦隊シリーズへの出演は2年連続となる。また、3年後の『魔法戦隊マジレンジャー』では冥獣人ベヒモスのベルダンの声を担当した。なお、梁田氏は邪悪なる意思の声を担当した加藤精三氏とはトランスフォーマーシリーズでメガトロン役を演じているという共通点(加藤氏がG1で、梁田氏がマイクロン伝説にてそれぞれ担当)があり、本作では新旧メガトロン同士の共演となった。

関連タグ

忍風戦隊ハリケンジャー 宇宙忍群ジャカンジャ ムカデ ブラック上司

オオムカデ(カクレンジャー)ドレッドレッダームカデンパンジーミイラのゼイ腐上級妖怪オオムカデ:同じムカデモチーフの戦隊怪人

関連記事

親記事

宇宙忍群ジャカンジャ うちゅうにんぐんじゃかんじゃ

兄弟記事

コメント