ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

駅名標等に書かれている、その(またはその地名)を表す名前である。
一般的に所在地、またはその駅の周辺の地名から取られる場合が多いが、例外もある。以下はそれを説明する。

駅名を付ける基準

※これから挙げるものはあくまで一例です。他に駅名をつける基準がありましたら各自で編集をお願いします。

地名を宛てる

概要でも説明したように、駅の所在する地名をそのまま駅名に適用する。最も駅名では一般的である。
また、その駅名が所在地のの名前と一致している場合、その市の中心駅である場合が殆どである。
例:東京駅新宿駅梅田駅など。
市名と駅名は一致しているが、必ずしも市の中心駅ではない場合もある。山口県にある山陰本線の萩駅などがそれに当たる。(萩市の中心駅は隣駅の東萩駅。)

周辺の地名を宛てる

これには2パターンあり、1つ目は「元から駅名と同名の地名が隣町である」パターン。甘木鉄道の太刀洗駅(所在地が福岡県筑前町)など。
2つ目は、「元は駅名と所在地が合致していたが、何らかの事情で変わった」パターン。品川駅などが有名である。

施設や名所等の名前を付ける

施設の名前をそのまま付ける場合と、語尾に「前」や「口」と付ける場合がある。
前述では、都営大江戸線国立競技場駅、後述では東京メトロ明治神宮前駅や三越前駅などがある。全国によく見られる市役所前駅もこの類である。
少ないが、施設名+四方位のどれかが付く駅名もある。(名古屋市営地下鉄の瑞穂運動場東駅と瑞穂運動場西駅)
名所の例として富士急行の富士山駅がある。

地名に四方位のどれかを頭文字に付与する

本来は四方位の付かないの隣の駅にある場合がほとんどであるが、北千住駅と南千住駅のように本来の駅が廃駅になり、四方位のつくだけの駅が残ったり、あえて改称して四方位の駅が対になる駅 例(東舞鶴駅はかつて舞鶴駅を名乗ったが、改称して西舞鶴駅と駅名が対になった)。また、「新」をつける駅「新横浜駅」や「中」をつける駅「中板橋駅」、「本」を付与する「本駒込駅」、関西などによく見られる四方位+「口」(阪急西宮北口駅)、「上」や「下」の付く駅(下北沢駅と上北沢駅)等、種類は多い。

旧国名を冠する

こちらも全国に見られる例で、違うにある同じ地名や駅名との混同を防ぐ為に用いられる。例として神奈川県にある武蔵小杉駅は、富山県小杉駅(北陸本線)との混同を避ける為武蔵とつけている。
北海道の駅は地名で代用する事がある(石狩金沢駅など)。
武蔵浦和駅や土佐穴内駅(土佐くろしお鉄道に穴内駅があるが、どちらも高知県の別の地名)、武蔵溝ノ口駅など特殊な例もある。

人名を冠する

一部の私鉄に見られる例。主には地域への貢献を果たした郷土の偉人の名が冠される。JRの場合、国鉄時代は「人名は相応しくない」とされていたが、レトリックを用いて、その基準をかいくぐり人名を冠された駅がある。例として岡山県にあるJR西日本伯備線の方谷駅(由来は幕末期の学者である山田方谷。国鉄時代には高梁市の「西方の谷」だから「方谷」だと地元民で示し合わせて架空の地名をでっち上げた)が挙げられる。他に人名を冠した駅としては同県の井原鉄道にある吉備真備駅(吉備国の真備町にある事から地名から取られたと勘違いされがちだが、実際は奈良時代に遣唐使として活躍した人物)や智頭急行宮本武蔵駅が挙げられる。
他にもJR北海道石北本線の天幕駅(路線は現存するが廃駅)も鉄道工事のための路線調査を行った役人を助けた天幕三次郎にちなんで命名されている。
さらには埋立地を走るJR東日本鶴見線は埋立工事の出資者や功労者の名に因んだ駅名が多い。大川駅(製紙王・大川平三郎)浅野駅(鶴見線の創始者・浅野総一郎)など。

所在地にもその近くの地名にも存在しない駅名を付ける

これは「人名を冠する」の項にも少し被るところがある。
ごく稀な例であるが北海道の駅名ではたまに存在する。
東京都では国立駅(今では国立市が存在するがかつては中央線国分寺立川間に駅が無く、駅を新設される際に国分寺と立川の頭文字をとった。かつては「国立」という地名が存在しなかった)。因みに南武線の西国立駅は国立市ではなく立川市にある。

非常に特異な例

北朝鮮の鉄道の駅名にあるように、スローガンが駅名になっていることもある。「樂園駅」「戦勝駅」などと言われても、地名そのものからかけ離れているため、どこがどこだかわからない。「建設駅」に至っては建設中なのか出来上がってるのかというツッコミ所にも見える。

関連タグ

 駅名標 地名 鉄道 電車

pixivに投稿された作品 pixivで「駅名」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 858

コメント