ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
オヒョウ海運
3

オヒョウ海運

3

おひょうかいうん

ゲーム『スプラトゥーン』シリーズに登場するバトルステージのひとつ。流氷が流れる海上を進む、巨大な運搬船が舞台。

概要

スプラトゥーン3』の2023年秋Drizzle seasonから登場したバトルステージ。スプラトゥーンシリーズ史上初の寒冷地を舞台としたステージとなる(※)。

流氷の流れる海上を進む、巨大な運搬船の上がバトルの舞台となる。船はバンカラ街から離れた海域を航行しているらしい。


バンカラジオでも言及されているが、「オヒョウ海運」は船の名前ではなく、船を所有している会社の名前となっている。すりみ連合マンタロー曰く、バンカラ地方でも一、二を争うほどの規模を誇っているらしい。また、船が航行している海域は電波が届かないらしく、ネットが使えないとのこと。


公式X(旧名Twitter)から『バトルのあとは温かいカップラーメンで一息つきたいところだ』と言及されているとおり、ステージのクラゲカップラーメンを食べている様子が覗える。

カップ麺はバトルごとに変化するらしく、サッポロ一番のカップスターしょうゆ味まんまな見た目の赤白の容器や、シーフード味っぽい青い容器、何味か分からない黄緑色の容器、辛ラーメンじみた赤黒の容器になってたりする。


他にも、船に並走するように飛ぶカモメトビウオの姿を見ることも。ただ、現実のトビウオは暖かい海に生息する筈だが……。

また、フェス中の本ステージでは夜空にオーロラが現れる。北極南極に近い海なのだろうか?




※ 同作のオルタナでも雪や氷らしきものはみられるが、登場人物らの台詞によれば、オルタナにあるのは雪でも氷でもなく寒くもないとのことで、そもそも寒冷地ではない。また、そもそもバトルステージではない。詳細は同記事を参照。


余談

「オヒョウ」とは大きいもので全長3mを超えるとも言われる巨大なカレイの一種。平たい大型船舶のステージにはピッタリな名前と言えるだろう。北極海付近の寒冷な海の深海に生息するが、するとこの船の周りは北極海なのだろうか?


ステージが置かれている運搬船は「半潜水式重量物運搬船」という特殊な船だったりする。これは甲板を水面下に沈め、水上に浮かぶ重量物を下から掬い上げて甲板に搭載することで、船舶などの巨大な物体を丸ごと乗せて運搬する船である(関連動画も参照)。

要は、機械マニアのイイダが性能を熱弁しそうな程のあまりにもニッチすぎる船なのである。現実でも創作でもまず目にすることが無さそうな船だが、何故イカ研はこんなものを出してきたのだろうか……


このため実際のステージも船の一部が海面下に沈んでいる。沈めた甲板の上には海底探査用らしき掘削リグを積み荷として乗せており、マンタローもステージ紹介で、これが「海底をほっていろいろ調査するための巨大な装置」と語っている。ステージ自体は掘削リグと甲板の間であり、ステージの頭上を掘削リグの底部が天井のように覆い被さっている。


なお、マンタローによると掘削リグについて「前にドリルパイプの回転音がどうとかってテレビで熱弁してるヒトがいて…だれだったかなぁ」と語っている。

イイダが船の性能を熱弁しそうと記述したが、もしや……?(掘削リグについての話なので、船の方は意外にも守備範囲外なのだろうか)



関連動画

オヒョウ海運初登場のPV、0:46~


半潜水式重量物運搬船「ブルー・マーリン」(IMO 9186338)

船橋の形状などが似ており、元ネタと考えられる


関連イラスト


関連タグ

スプラトゥーン3

スプラトゥーン・登場ステージの一覧


オヒョウ:名前の元ネタ。


ハイカラシティ付近に位置するステージ

デカライン高架下 ハコフグ倉庫

シオノメ油田 アロワナモール

Bバスパーク ホッケふ頭

モズク農園 ネギトロ炭鉱

タチウオパーキング モンガラキャンプ場

ヒラメが丘団地 マサバ海峡大橋

キンメダイ美術館 マヒマヒリゾート&スパ

ショッツル鉱山 アンチョビットゲームズ


ハイカラスクエア付近に位置するステージ

バッテラストリート フジツボスポーツクラブ

ガンガゼ野外音楽堂 コンブトラック

海女美術大学 チョウザメ造船

マンタマリア号 エンガワ河川敷

ザトウマーケット デボン海洋博物館

アジフライスタジアム スメーシーワールド

ホテルニューオートロ ムツゴ楼


バンカラ街付近に位置するステージ

ユノハナ大渓谷 ゴンズイ地区

ナメロウ金属 マテガイ放水路

ヤガラ市場 クサヤ温泉

ナンプラー遺跡 タラポートショッピングパーク

タカアシ経済特区 オヒョウ海運

バイガイ亭 カジキ空港

リュウグウターミナル


※オヒョウ海運はバンカラ街から離れているが、便宜上「バンカラ街付近に位置するステージ」の項目に記載する。

概要

スプラトゥーン3』の2023年秋Drizzle seasonから登場したバトルステージ。スプラトゥーンシリーズ史上初の寒冷地を舞台としたステージとなる(※)。

流氷の流れる海上を進む、巨大な運搬船の上がバトルの舞台となる。船はバンカラ街から離れた海域を航行しているらしい。


バンカラジオでも言及されているが、「オヒョウ海運」は船の名前ではなく、船を所有している会社の名前となっている。すりみ連合マンタロー曰く、バンカラ地方でも一、二を争うほどの規模を誇っているらしい。また、船が航行している海域は電波が届かないらしく、ネットが使えないとのこと。


公式X(旧名Twitter)から『バトルのあとは温かいカップラーメンで一息つきたいところだ』と言及されているとおり、ステージのクラゲカップラーメンを食べている様子が覗える。

カップ麺はバトルごとに変化するらしく、サッポロ一番のカップスターしょうゆ味まんまな見た目の赤白の容器や、シーフード味っぽい青い容器、何味か分からない黄緑色の容器、辛ラーメンじみた赤黒の容器になってたりする。


他にも、船に並走するように飛ぶカモメトビウオの姿を見ることも。ただ、現実のトビウオは暖かい海に生息する筈だが……。

また、フェス中の本ステージでは夜空にオーロラが現れる。北極南極に近い海なのだろうか?




※ 同作のオルタナでも雪や氷らしきものはみられるが、登場人物らの台詞によれば、オルタナにあるのは雪でも氷でもなく寒くもないとのことで、そもそも寒冷地ではない。また、そもそもバトルステージではない。詳細は同記事を参照。


余談

「オヒョウ」とは大きいもので全長3mを超えるとも言われる巨大なカレイの一種。平たい大型船舶のステージにはピッタリな名前と言えるだろう。北極海付近の寒冷な海の深海に生息するが、するとこの船の周りは北極海なのだろうか?


ステージが置かれている運搬船は「半潜水式重量物運搬船」という特殊な船だったりする。これは甲板を水面下に沈め、水上に浮かぶ重量物を下から掬い上げて甲板に搭載することで、船舶などの巨大な物体を丸ごと乗せて運搬する船である(関連動画も参照)。

要は、機械マニアのイイダが性能を熱弁しそうな程のあまりにもニッチすぎる船なのである。現実でも創作でもまず目にすることが無さそうな船だが、何故イカ研はこんなものを出してきたのだろうか……


このため実際のステージも船の一部が海面下に沈んでいる。沈めた甲板の上には海底探査用らしき掘削リグを積み荷として乗せており、マンタローもステージ紹介で、これが「海底をほっていろいろ調査するための巨大な装置」と語っている。ステージ自体は掘削リグと甲板の間であり、ステージの頭上を掘削リグの底部が天井のように覆い被さっている。


なお、マンタローによると掘削リグについて「前にドリルパイプの回転音がどうとかってテレビで熱弁してるヒトがいて…だれだったかなぁ」と語っている。

イイダが船の性能を熱弁しそうと記述したが、もしや……?(掘削リグについての話なので、船の方は意外にも守備範囲外なのだろうか)



関連動画

オヒョウ海運初登場のPV、0:46~


半潜水式重量物運搬船「ブルー・マーリン」(IMO 9186338)

船橋の形状などが似ており、元ネタと考えられる


関連タグ

スプラトゥーン3

スプラトゥーン・登場ステージの一覧


オヒョウ:名前の元ネタ。


バンカラ街付近に位置するステージ

ユノハナ大渓谷 ゴンズイ地区

ナメロウ金属 マテガイ放水路

ヤガラ市場 クサヤ温泉

ナンプラー遺跡 タラポートショッピングパーク

タカアシ経済特区 オヒョウ海運

バイガイ亭 カジキ空港

リュウグウターミナル


※オヒョウ海運はバンカラ街から離れているが、便宜上「バンカラ街付近に位置するステージ」の項目に記載する。

コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    【表紙】雪広うたこ 【漫画】朝賀 庵/ASH/ウエハラ蜂/蝦夷森わに/小道明奈/samesuke/シータコマーチ/嶋次郎/世禕/タロ名/ととふみ/外岡もったす/ながべ/はかた/花森玉子/榛名ハル /ホームラン・拳/梁阿渣

    読む
  2. 2

    漫画:白梅ナズナ/原作:まきぶろ/キャラクターデザイン:紫 真依

    読む
  3. 3

    まつお

    読む

pixivision

カテゴリー