ピクシブ百科事典

魔の第2話

まのだいにわ

トラウマ回のうち、第2話のことを指し、特にプリキュアシリーズにおける最初にして最大の鬼門回である。
目次[非表示]

概要

このタグは何らかの作品、小説やドラマ、コミック、アニメーションなどの2話において何らかの衝撃的展開のことを指し、特にプリキュアシリーズのことを指すことが多い。

理由

プリキュアシリーズにおいて、物語の進行具合や季節毎の様々な「恒例の話」が多数あり、中にはあまりにもショッキングな話だったり、物語の大きな分岐点となる回も存在する。

そんな中、ある種のネタ的な鬼門回として定着しつつあるのが第2話である。
ハートキャッチプリキュア!』以降のシリーズにおいて、何故かこの第2話にてプリキュア達は何かしらの失態を見せている
物語の序盤において各々の未熟さを見せる事で、それを克服していく為の演出と言えなくも無いが…。

プリキュアシリーズ

各作品の第2話における悲劇

それぞれの顛末

しかし、いずれの第2話もピンチのままでは終わっておらず、同話後半でプリキュアが勝利する結果になっている。

  • ハートキャッチプリキュア!:絶体絶命のつぼみが謎の好青年に救出され、祖母の元での休息後、助言と励ましを受けて仕切り直し。そしてデザトリアンとの再戦で勝利。
  • スイートプリキュア♪:仲違いの原因になっていた入学式での一件の真相を知って誤解を解いた後、ネガトーンとの再戦では力を合わせて勝利。
  • スマイルプリキュア!:日野あかねが絶望状態から抜け出してキュアサニーに覚醒してアカンベェを浄化。
  • ドキドキ!プリキュア:キュアハートがジコチューの光線で動けなくなるピンチがあったものの、ジコチューの弱点を見抜いた六花のアシストでキュアハートが状態異常から回復しジコチューを浄化。
  • ハピネスチャージプリキュア!:再び逃げ出したひめをめぐみが追って説得。サイアークとの再戦ではキュアプリンセスがキュアラブリーのアシストで初勝利をおさめた
  • Go!プリンセスプリキュア:キュアフローラを庇ったみなみがキュアマーメイドに覚醒してゼツボーグを浄化。
  • 魔法つかいプリキュア!:リコとみらいがプリキュアに変身するのを見た校長の計らいでリコは退学を免れた(ただしみらいとともに補習授業を受けることになったが)。
  • キラキラ☆プリキュアアラモード:いちかの方はひまりのことを嫌ってはおらず、むしろ感心するほどだった。翌日覗きに来ていたひまりを誘ってプリンを完成する。その後悪い妖精の一人プルプルが来襲しいちかはキュアホイップに変身するが苦戦するものの、ひまりが「スイーツを通して得た友達を失いたくない」という想いからキュアカスタードに覚醒。ホイップと共にプルプルを撃退した。
  • HUGっと!プリキュア:当初「一人でやる」つもりだったはなだが、薬師寺さあやと接しているうちに気が変わったのか、彼女を誘うかの様な素振りを見せ始めた。そしてさあやに自分がプリキュアであることを明かした後キュアエールに変身。その戦いを見ていたさあやからミライクリスタルが生まれてキュアアンジュに変身、エールを援護した。そして、勝利後改めて、はなはさあやをプリキュアとして誘った。

2010以前

初代無印から6作目にかけては、目立った第2話における失敗は殆ど無い。但し、物語のターニングポイントになった話物議を醸して、永らく「タブー」を産んだ話も幾つか存在する。

「プリキュアなんて、すぐに辞めなっ!!」

見出しは「Yes!プリキュア5」における、夏木りんの台詞である。この時の第2話において、親友夢原のぞみ小々田コージの話や、その正体を知った時、夏木りんは嘘や与太話ではない事を認識したが、その時点ではのぞみの誘いを断っただけだった。しかし、この直後現れたギリンマから、それが如何に危険かを直感で見抜いた彼女は、のぞみに「プリキュアを辞めろ」と言い放った。この後の展開は御存知の通りなので割愛するが、夏木りんという少女の人物像やのぞみとの関係等々をアピールしたエピソードだと言える。
一旦誘いを断った人物は多いが、誘ってくれた人物まで辞めさせようとしたのは今の所、彼女のみである。

水着禁止

一方、メインターゲットの保護者層からクレームが発生したのが、「フレッシュプリキュア!」の第2話である。
この時、主要人物の一人蒼乃美希が競泳用水着を着用して、水泳の練習をするシーンがあり、「最初の水着解禁」として話題を呼んだのだが、これが抗議が殺到するキッカケになってしまったのである。
プリキュア水着解禁
これによって、「Go!プリンセスプリキュア」第28話まで永く水着禁止になる。

プリキュア以外

魔法少女たちを半分に減らし、かつ、リタイアしたものは死亡するルールにより、ねむりんが脱落で死亡した。
これにより、魔法少女育成計画の概念が覆された。

・氷漬けにされてしまった彩城天音と闇墜ちしてしまった一部のプログレス。

・1st stage第2話で対向車を避けようとして事故を起こしてしまった池谷

・沢山の女子パンツが渡り鳥さながらに空を飛んでいく・・・

・主人公である苗木誠の幼なじみの人物が殺されてしまう。なお、この作品はこのまま第3話の悲劇に直結するアニメである。しかもこの回ではエグいシーンがこれを入れて2回あるため、プリキュアシリーズよりも鬼門かもしれない。

関連タグ

第3話の悲劇 11話ショック

pixivに投稿された作品 pixivで「魔の第2話」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 888

コメント