ピクシブ百科事典

ドラこれ

どらこれ

ドラえもんと艦これのクロスオーバータグ
目次[非表示]

概要の水平線に勝利をきざみなさい!!

ゲーム「艦隊これくしょん」と漫画「ドラえもん」のクロスオーバー。
一見世界観が違うがドラえもんは映画だと敵対勢力との戦闘が必ず発生する。
また、ドラえもんの世界の時代は1970~80年でありのび太の父は太平洋戦争時小学生であった。
のび太の叔父のエピソード「ぞうとおじさん」やのび助の「しらゆりのような女の子」は
戦時中がモデルとなっている。また、主要人物(のび太達)の親はおそらく全員が戦争経験者である。
また、ドラえもん作者の藤子氏自身も戦争中は国民学校6年生だった。
恐ろしい秘密道具はあるものの藤子自身は戦争について「愚かで恐ろしいもの」という考えである。
例としてはスネ吉の「戦争はカネばかりかかってむなしいものだなあ」というセリフや
ドラえもんの「どっちも自分が正しいと思っている。戦争とはそういうもの」からみてとれる。

また、映画「鬼岩城」は核について暗喩されており鬼岩城があるのは海底(深海)である。
これは当時の冷戦をモチーフとしており、バミューダマリアナ海溝といった深海や海の要素のほか
ムーアトランティスアメリカロシア(ソ連邦)に見立てたものであるという。

艦これは生死について語る雰囲気を持つがドラえもんも生死に関するものがいくつかある。
そして、この二つにつながるのは「感動」や「泣ける」などである。

アメリカで今も航続可能で存在する「アイオワ」はリアルで知っている可能性もある。

シエスタシエスタ、余談だ~い


主要人物が提督だったり・・・(但し、ドラえもんの場合もうこいつでいいんじゃないかな
秘密道具を利用したり(但し、本当に危険なものもあるので注意)

ザ・ドラえもんズの場合、
ドラ・ザ・キッドはアメリカ(しかも空気砲という名の砲を装備)におり、
ドラ二コフ冷戦時のロシアに在籍。
エル・マタドーラどっかの重巡のごとくどこでも寝る。

また、ドラえもん映画の悪役やひみつ道具の悪用によるブラック鎮守府も存在するかもしれない

関連項目

ドラえもん 艦隊これくしょん 二次創作

戦争

pixivに投稿された作品 pixivで「ドラこれ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2

コメント