ピクシブ百科事典

概要

古代ギリシャ学者にして宗教者であるティアナのアポロニウス(Apollonius of Tyana)によって記されたとされる書物。
ただしその内容の大部分は失われており、後代の神秘学悪魔学、さらに近現代サブカルにも影響を及ぼしてはいるものの、その内容は(ことによると実在したかどうかさえ)信憑性を疑う意見も多い。

この人物に関してはピロストラトス(Philostratus)による『テュアナのアポロニオス伝』に詳しく、併せて伝説上の地名や生物等の描写も多い。

関連記事

親記事

悪魔学 あくまがく

pixivに投稿された作品 pixivで「ヌクテメロン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1

コメント