ピクシブ百科事典

やっぱりマグロ食ってるようなのはダメだな

やっぱりまぐろくってるようなのはだめだな

2004年公開の映画「ゴジラ ファイナルウォーズ」で実現した日本版VSハリウッド版ゴジラ対決の結果に対するX星人の感想。
目次[非表示]

概要

東宝ゴジラシリーズ第28作「ゴジラ ファイナルウォーズ」の台詞の中で最も知名度の高いもの。

地球侵略の野望を露わにしたX星人に対抗する為に、地球防衛軍は南極の下で眠らされていたゴジラを目覚めさせる。新・轟天号に誘導されて日本へ向けて進撃を続けるゴジラに対し、その力を測るべくX星人はシドニーにてジラを投下し、ゴジラを迎え撃った。

しかしジラは、ゴジラの最初の放射火炎ジャンプしてかわしたまではよかったが、尻尾の一撃でオペラハウスに叩きつけられ、すかさず二発目の火炎で呆気なく焼却されて敗北してしまう。
DVDBDのチャプタータイトル通りのゴジラの「秒殺!」だった。

そして……ジラの秒殺を見たX星人統制官は激しく地団駄を踏んだ後、ボソッとつぶやいた。

「やっぱりマグロ食ってるようなのはダメだな」

解説

わずか数秒に過ぎないこのシーンだが、日本、そして海外のゴジラファンからは喝采を浴びた。
ゴジラの対戦相手となったジラは、いわゆる1998年公開のハリウッド版GODZILLA」の外見をしており、設定上は別個体ではあるが、どうみてもハリウッド版ゴジラであったからだ。
平成後期作品によくあるハリウッド版ゴジラへの当てこすりです。

モンスターパニック映画としては出来は悪くない1998年版「GODZILLA」ではあったが、やはり、外見がまったく異なる上にミサイルで死ぬような輩をゴジラだと認めたくない」と言うファンは国内外を問わず多く、東宝の1998年版以降に制作したゴジラシリーズでも、明らかに「あれと一緒にするな」的な演出が映画内に取り入れられていたりした。

そんな中、『ファイナルウォーズ』の監督を務めた北村龍平は、1998版のゴジラのデザインの権利を東宝が所有している事を確認した為、“GOD”を抜いた「ZILLA」として登場させゴジラと戦わせる事で、1998年版の監督:ローランド・エメリッヒに対するメッセージを送る事にした。しかもジラを着ぐるみではなく、わざわざCGで表現する手間暇かけてまで

それが、前述の秒殺からの

「やっぱりマグロ食ってるようなのはダメだな」




このシーンは、X星人役の北村一輝の好演もあって、上映時に特に海外で大喝采を浴びたとの事。
以降、1998年版「GODZILLA」は、「マグロ食ってるダメな奴」と認識されるようになった。

ちなみに

  • 1998年版「GODZILLA」の続編的作品であるアニメ版「ゴジラ・ザ・シリーズ」に登場するゴジラは、外見はジラだが熱線を吐く能力を持っているなど、本家ゴジラに近い性能を持っている「マグロ食ってるダメな奴」ではないので使いどころに注意されたし。
  • この台詞から「ハリウッド版ゴジラの好物は鮪である」というイメージが生まれてしまったが、98年版『GODZILLA』にて、ゴジラが鮪を求めて現れたのは地下に産み付けた卵から孵化した幼体の餌を確保するためであり、成体の方もどの程度マグロを好んでいたかは不明である。
    • ただし、卵を産む前にも日本のマグロ漁船を襲撃しているため、(本当に鮪ばかり食べていたどうかはともかく)少なくとも餌としていたことは間違いないだろう。

これだけ聞くとジラが極端に弱いように感じるが、

  • 南極に向かう轟天号に差し向けられたガイガンはゴジラの首に鎖をかけて優勢になったかと思った瞬間にいきなり頭部を吹っ飛ばされKO
  • ジラに続いて現れたクモンガは蜘蛛の巣状の網で動きを封じるも直線状に放った糸を掴まれジャイアントスイングであっけなく地平線の彼方へと投げ飛ばされKO
  • カマキラスは碌な抵抗さえできず電柱に突き刺さりトドメさえ刺されずに放置
  • アンギラスラドンキングシーサーの三体掛りでさえ良いようにあしらわれ、過去に味方をしたことがあったために止めは刺されず
  • ヘドラエビラに至っては画面に(熱線で上空に吹き飛ばされ、墜落する形で)登場したと思ったらすぐに抱き合わせで爆砕されKO
などと、結局似たり寄ったりのぞんざいな戦闘描写ドイツもコイツも腕1本道連れにもできなかったことを見るに、むしろ同等と言っても問題無いと思われる。(単にFW版ゴジラが強すぎたとしかいいようがない)そのため、ガイガンやカマキラスと違い一度でもゴジラの攻撃を躱せた事を評価する声もなくはない。
もっともガイガンは、熱線を一撃受けた後(しかも直撃)に体勢を立て直し攻撃に転じているところを見ると、ジラよりはるかに奮闘している。
また、完璧に戦いの描写がされてないヘドラとエビラも、陸路から東京に歩いてきたゴジラが、海から現れている事を考えると、ただ秒殺されたわけではないようである(そこを描かれていないのが最大の問題ではあるのだが・・・)。
そう考えると、ゴジラに全く効果を与えられず散っていった怪獣は、ジラとカマキラスだけという結果は変わりない(そのカマキラスも防衛軍の兵器の一つであるエクレールを撃墜している)。
  • ローランド・エメリッヒがこのメッセージに対してどのような反応を示したのかは不明。エメリッヒは、もともとゴジラに対してあまり強い思い入れがなかったとも言われており、『ファイナルウォーズ』自体を視聴しなかった可能性もあるが、いずれにせよ、今日までこのシーンに対するエメリッヒからのコメントは一切発表されていない
  • 1954年の『ゴジラ』制作のキッカケとなったキャッスル作戦で被爆した第五福竜丸マグロ漁船だったこともあり、「初代ゴジラや福竜丸の関係者への侮辱」と非難する声もあった。
  • 12年ぶりの日本での新作となる『シン・ゴジラ』の公開を記念して2016年に東京・神保町シアターで開催されたゴジラシリーズ一挙上映の映画祭「シン・ゴジラ映画総進撃」では国産28作品に加えてハリウッド製の2014版も上映プログラムに組み込まれていたのに対し、98年版だけはそのプログラムから外されているというこれまたアレな扱いを受けていた。
  • とくにアメリカや日本では、「98年のが最初のゴジラ」になり思い入れがある世代も存在する&日本のゴジラファンでもエメリッヒ版を好きな人も少なくないので、この扱いを快く思わず、場合によってはこれとアンチエメゴジ派による卑下が原因でアンチ日本版アンチ北村が生まれたらしい。
  • 単純に、「本家がやることではない、みっともない」という声も日本国内に存在する。

しかし、初代からゴジラを見続けてきたファン、または昭和・平成でゴジラのファンになった者たちの多くが当時のエメゴジの描かれ方に深く失望したのも事実であり、加えて本作の制作を主導したトライスター社が東宝から完全にゴジラシリーズの権利を買い取ろうとしていたとも言われ、そうなれば以降は“エメゴジが以降のシリーズにおけるスタンダードになっていたかもしれない”という裏事情もあったことから、より一層エメゴジそのものに対する印象が厳しくなっていたことも否めない。
事実、ファイナルウォーズをリアルタイムで見たファンの多くはこのセリフに歓喜し、上記のようにアメリカでは大喝采を受けたのである。
結果として、ファイナルウォーズでゴジラに秒殺されこのセリフが誕生したことで「ゴジラではないが、ゴジラ怪獣の一員」として多くのファンから許された現実があることをエメゴジファンも忘れてはならない。

関連イラスト

ゴジラ漫画だ、行ってみよう!!
1998 ・ 2014



関連タグ

pixivに投稿された作品 pixivで「やっぱりマグロ食ってるようなのはダメだな」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 313904

コメント