ピクシブ百科事典

仁王(ゲーム)

におう

コーエーテクモゲームスから発売されたアクションRPG。
目次[非表示]

元々黒澤明の原稿を元に2004年当時未発売だったプレイステーション3専用タイトルとして開発を進めていたが、プロデューサーのシブサワコウの納得するゲームには至らず、結局開発中止に追い込まれてしまう。

コーエーテクモと合併後、開発部署がTeamNINJAに移り開発を再開、しかしTeamNINJAの代表作である『NINJAGAIDEN』と似たり寄った内容になってしまい再び開発は仕切り直し担ってしまう。
プラットフォームがプレイステーション4に移り、ジャンルも『ダーク戦国アクションRPG』に変わっていた。
そして足掛け13年の2017年2月9日にようやく発売に至る。開発期間は2年。

戦国死にゲーと銘打ち、その名に恥じない高難易度と絶妙なゲームバランスを最大の売りとしている。
シブサワコウがプロデュースを担当した『決戦』シリーズ同様芸能人のモーフィングと声も採用されている。
発売に先駆けて別冊少年マガジンにてコミカライズされた。

物語

大いなる力を秘めた“奇跡の石”アムリタ。

その力を知るイングランドの老学者ジョン・ディーは
スペインと覇を争っていたイングランド女王に取り入り
アムリタを戦争に用いて権力を得た。

良質なアムリタを大量に獲得すれば、世界の覇権すら握れる―――。
そう確信したジョン・ディーは、秘術に精通する
錬金術師エドワード・ケリーを密かに呼び出す。

アムリタは血の流れる場所でしか採れない。
彼らの目には、未曽有の戦乱に揺れる最果ての島国
ジパングへと向けられていた。

登場人物

主要人物

ウィリアム  CV:ベン・ピール
アイルランド生まれの船乗り。
相棒である守護霊シアーシャのアムリタを見つける能力により羽振りのいい海賊時代を送っていたが、それが軍事機密に触れたことで投獄される。
モデルは徳川家康に仕えたイギリスの航海士、ウィリアム・アダムス(三浦按針)。


服部半蔵 CV:森川智之
徳川家康に仕える忍者の頭領。守護霊は猫又(CV:麦人)。
西国大名の調略を命じられている。
ウィリアムの腕を買い、日本に不慣れな彼の案内人役となるが、別の思惑もあるようだ。

お勝 CV:武井咲
半蔵配下のくノ一。守護霊は玉兎
若くして戦闘、諜報に有能で、特に忍術は師の半蔵に匹敵すると評される。
諸国をめぐり、妖怪の噂について諜報の任務に当たっている

徳川家康 CV:市村正親
天下人の座を狙う戦国大名。守護霊は成釜狸。
石田三成を率いる勢力と天下を二分している。
太平の世を実現するためなら非常の戦も厭わない。

エドワード・ケリー CV: 木下浩之/ニコラス・ボウルトン
イングランドの錬金術師。守護霊はウロボロス
ジョン・ディーの命を受け、アムリタを集める。
なお、エドワード・ケリーという人物は16世紀に実在しており、霊媒師,錬金術師としてイギリスやヨーロッパで活動していたと言われている。

その他の人物(後半ネタバレ注意)

立花宗茂 CV:花輪英司
立花誾千代 CV:伊藤静
黒田官兵衛 CV:多田野曜平
黒田長政 CV: 土田大
鳥居元忠 CV:秋元羊介
本多忠勝 CV:玄田哲章
井伊直政 CV:福山潤
石田三成 CV:櫻井孝宏
島左近 CV:藤原啓治
大谷吉継 CV:堀内賢雄
雑賀孫市 CV:加瀬康之
天海 CV:菅生隆之
 CV:清水理沙
小早川秀秋 CV:宮田幸季
吉川広家 CV:中原茂

松永久秀 CV:千葉繁
ヤスケ CV:リッチー・キャンベル
濃姫 CV:田中理恵
織田信長 CV:シブサワコウ

ジョン・ディー CV:timothy watson

千子トメ CV:木下紗華
千子村正 CV:多田野曜平
仙石秀久 CV:間宮康弘
たま CV:中司ゆう花
丸目長恵 CV:斎藤志郎
柳生石舟斎 CV:金尾哲夫
宝蔵院胤栄 CV:佐々木睦
足利義輝 CV:星野貴紀
司箭院興仙 CV:岩崎ひろし
坂田金時 CV:かぬか光明
新免武蔵 CV:木島隆一

外部リンク

関連タグ

コーエーテクモ 仁王
和風 妖怪 死にゲー

pixivに投稿された作品 pixivで「仁王(ゲーム)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 118018

コメント