ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

可変機は不遇

かへんきはふぐう

ガンダムシリーズにおける可変機構を持ったガンダムは総じて不遇な扱いを受けやすい、というレッテル貼りの事である。
目次 [非表示]

概要

ガンダムにおける、MA形態(主に航空形態)への可変機構を持つガンダムの散々な扱いの事である。


本来可変機はギミックを多く含んでいる為、ガンプラアクションフィギュアとして見ればプレイバリューが高い。

しかし、その一方で劇中での活躍においてはロクな活躍を与えてもらえないまま大破破棄される事が何故か多い。


主な原因としてはパイロットに恵まれない事が挙げられる。

一概にパイロットが弱いからという訳では無く、パイロットの性格が大きく影響している事がほとんどである。

メカニック面でも「複雑なため量産化に向かない」「ピーキーで操縦が難しい」という設定が他の主役機やワンオフ機に比べて顕著という点が挙げられる。


この様に不遇な扱いを受けている事から機体そのものの商品としてのプレイバリューは高いにもかかわらずメカとしては人気が獲得出来ない事・変形ギミックの再現やプロポーションとの両立が難しい機体も多く、商品化にはなかなか恵まれない。


そんな中でも作中で最も活躍が著しかったガンダムAGE-2は数少ないジンクスを打ち破った希有な例だと言える。

やはり、主人公機は伊達ではない。

また、21世紀に入ってからはムラサメの登場を筆頭に可変機が量産化される作品が増え、量産機ファンの人気を集めている上に、印象的な活躍もしばしば見せる様に為っている。


商品化の面でも、バンダイガンプラの関節を統一化する事で組み換えの効率化やコスト削減を意識した「オールガンダムプロジェクト」を立ち上げ、変形ギミック自体も初期ほど複雑なものは登場しなく為りつつある為、この問題はやや改善されつつある。


具体例(の一部)

元祖可変ガンダムであるΖガンダムは『機動戦士Ζガンダム』の後期主役機ではあるが、続編の『機動戦士ガンダムΖΖ』ではメインパイロットのカミーユ・ビダンを精神崩壊で失われてジュドー・アーシタに金目当てで盗まれそうに為ったのが全ての始まりだったり、頭を破壊された際はザクの頭部を応急的に付けられて同士討ちされそうに為ったりと不遇な扱いをされ始め、ΖΖガンダムに主役機の座を譲る事になった。

厳密には可変ガンダムと言いにくい所はあるが、Zガンダムの量産化を目指して開発されたリ・ガズィは、可変機構がオミットされて戦闘機形態からMS形態へと変形すると同時に二度と変形出来ないバック・ウェポン・システム (BWS)というオプションパーツが用意される半可変試作MSだとされ、『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』の序盤での一度目の出撃は主役のアムロ・レイが搭乗するもののシャア・アズナブルサザビーの前では歯が立たず、二度目の出撃はケーラ・スゥが搭乗するもののギュネイ・ガスヤクト・ドーガに苦戦を強いられて右腕をビームサーベルごと破損される程の中破に追い込まれた。

また、『機動戦士ガンダムUC』に登場する可変機デルタプラスも、OVA版ではガルダ級での戦いにて半ば錯乱したプルトゥエルブに捕捉され、「お前もガンダムか!」の叫びと共にバンシィのアームド・アーマーVNで右半身を原形を留めない程に引き裂かれてしまった。なお、小説版ではダカールでの戦いにてバンシィのビームマグナムを受けて右手首を破壊されただけで済み、その後の消息が語られること無く物語からフェードアウトして行った。


尤もこれらのケースは新型への乗り換えイベントがある関係上仕方がない部分はあるし、『ΖΖ』の場合は序盤がコミカルな内容だった事も在る。

またΖガンダムはΖΖ登場後もジュドーが度々搭乗しており、地球降下作戦時には誤って大気圏に突入してしまったエルピー・プルキュベレイMk-Ⅱを助け、地上では「ΖΖより小回りが利く」という理由で使う事も在った為、全く不遇という訳では無かった。

Zザク逆襲のシャア


関連タグ

リアルロボット 可変機 ワンオフ機 ジンクス 量産機 Ζ計画

関連記事

親記事

可変機 かへんき

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 29674

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました