ピクシブ百科事典

私たちが決めたこと

わたしたちがきめたこと

テレビアニメ「ラブライブ!2ndSeason」第11話のサブタイトル
目次[非表示]


最速放映日:2014年6月15日

あらすじ

雪穂亜里沙が無事に音ノ木坂学院に合格したことで、
μ’sの今後について話し合うことになった9人。
誰かがいなくなっても名前を変えずに続けるのがアイドルだというにこと、
この9人じゃないとμ’sと言えないという花陽
結論を出せずにいるμ’sの面々だったが、残るメンバーが決めるべきだという絵里
言葉を受け、6人で答えを出すことに。
それぞれにμ’sのこれからを考え、眠れぬ夜を過ごすメンバーたちだったが――。(テレビアニメ公式HPより引用)

小ネタ



  • 終盤の夕焼けをバックに全員が泣き崩れるシーンは本編屈指の涙腺崩壊シーン。また、ここでけいおん!!の20話「またまた学園祭!」のクライマックスを思い出す視聴者も多かった。ちなみに脚本を担当した花田十輝はけいおん!!にも参加しているがこの話ではない。

  • この話の演出・絵コンテを担当した酒井和男は、後に続編の監督に昇進。

  • EDで「どんなときもずっと」が使われたのはこの話が最後。最後に白い羽根を拾ったメンバーは絵里。

  • 上述した国府津海岸と根府川駅がラブライブの聖地に追加されたことにより、当時のラブライバーは本来の舞台の都心から遥か離れた郊外への聖地巡礼を試されることとなった。
    • しかし、放送翌年の上野東京ラインの開業や続編聖地同じ路線上にある上に割と近いおかげで帰路ついでに寄れるようになったため現在は難易度は大幅に下がっている。

  • 続編でも一期12話Aqours9人が東京からの帰りに根府川駅に下車し国府津海岸を訪ねている。そしてμ’sの意思を継ぐかのように主人公の千歌が白い羽根を手に取り、μ’sに憧れるあまり真似ばかりしていた自分への決別を決めている。

  • 奇しくもNHKの再放送でこの話が初めて放送された同じ日に続編一期の2話が最速放送されている。

関連タグ

ラブライブ! 解散 涙腺崩壊

聖地巡礼 秋葉原駅 上野駅 浅草駅 品川駅 根府川駅 国府津駅

はばたきのとき

pixivに投稿された作品 pixivで「私たちが決めたこと」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1502

コメント